Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in - 2 釣果          2011年

記載の釣果は、情報提供者の釣果です
2010年 2012年 2013年 各、ページへ 2014年 2015年 2016年 2017年
※ 釣り情報をご提供ください。 匿名希望者は、別名(イニシャル・ニックネームなど)でも構いませんのでご連絡ください。

メールに写真を添付して情報をいただければ、幸いです。( jo6ayc@helen.ocn.ne.jp )
>゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡
makoto_49cm
2011年1月19日初釣りでの釣果です。
お気に入りの集魚剤 ダイワ製品  
D-aminoX-001 D-aminoX-002 D-aminoX-R
お気に入りの集魚剤 マルキュー製品  
Q-amipwgure Q-V9 Q-V10
Q-iwasi entou_hukase
若グレ会新春初釣大会
2012年
2013年
2014年
2015年1/4
 
 
 
島・磯・詳細ページ集
米屋氏のページ
日付・名前 場所・瀬名 釣果 状況
2011年 2011年 2011年 2011年
12.31

園田
(修)

ほか
宮崎県・土々呂

麦バエ

千広丸:

上杉船長

0982-37-5054

AM7:00から瀬着け
クロ
:45~40cm
:15枚
うきうきクラブの園田修一会長ほかが、宮崎県延岡市土々呂沖の麦バエへ釣行された状況をお寄せいただきました。

棚は、3ヒロでまたもやデカバンのバラシが6回あったとのこと。

今回50クラスは、上がらなかったようですが依然好調のようですね。
12.31

森賀
天草市下田

下田の瀬は良く判らないけど無名瀬だと思います。
クロ
:51.5cm
:1枚

尾長
:40~35cm
:6枚

Team磯太郎の森賀氏が、下田へ釣行し状況をお寄せいただきました。

天草下田に釣納め行き、オナガ40~35を6枚とクロ51、5センチを釣りました。

自己記録の51cmから記録を0.5cm更新されました。

年内に記録更新ができるとわ羨ましい結果です。

12.30

合志☆

X氏
宮崎県門川町沖

イクイバエ

瀬着けは、午前6時半から
クロ
:52~48cm
:5枚

:45~42cm
:4枚
我が家の隣の合志氏から門川釣行の情報をいただきました。

今朝( 31日 )自宅玄関先で、バッカンを洗っていたらお隣のご主人が現れ、釣れたな?何所行ったんな?とお声掛けをいただいた。

昨日は瀬々にと告げると、私達は昨日門川へ行って来て大漁だったと情報を貰いました。

とにかく人が多く、竿を振るのに困るほどの密集状態だったが良く釣れたとのこと。

沖には、湧きグレが現れたそうです。

イクイバエは、12月9日 Tackle Berry 熊本店の岩田社長達が大物を上げられた瀬です。

12.30

村上

北野

紫藤
下甑島

瀬々野浦・東磯

昼釣り

永福丸:山下船長

090-7456-3338

料金:10,000円
クロ
:40~38cm
:2枚
Team磯太郎のメンバー達ちと瀬々野浦へ釣行しました。

残念ながら西は大時化で、東磯での釣りになりました。

瀬の名前は、船長から教わったのですが忘れちゃいました。すみません。

詳細ページをご覧ください。

12.29

米屋☆

他4人
天草市・高浜町

バクチの裏

昼釣り

秀漁丸:えうら船長

0969-42-0894

4,000円
クロ
:46~41cm
:2枚

尾長
:35~30cm
:3枚

ブダイ
サンノジ
(ニザダイ)

写真紹介
釣り友の5人が、高浜へ釣行し時の情報をお寄せいただきました。

船長に電話したら、水温が下がり食いが渋いので来ない方が良いと言われたが、強風の中午前10時頃3人・2人に分れて瀬上りしたとのこと。( 1組は、何所に上がったか不明 )

昼頃、とんでもない当りが来たが直に高切れ!2時頃までに尾長を3枚ゲットした。

その後、クロ46cmと41cmを追加した後、ブダイとサンノジを上げたところで、午後4時回収になり2011年の釣り納めとなったとのこと。

残りの4人の釣果は、35cm前後の尾長を各3枚だったとのこと。

12.26

岩田

X氏
宮崎県門川町沖

枇榔島1・2番

清栄丸

TEL:0982-63-1035
クロ
:40cm
:2枚
Tackle Berry 熊本店の岩田社長から門川の釣行情報をお寄せいただきました。

門川の枇榔島の1、2番に2人で上がり2人で12枚。

型はクロ50~45センチを8枚。以下を4枚だったそうです。

棚は竿1本半ハリス2.25号です。

12.24

森賀
宮崎県・北浦

無名瀬
クロ
:35~30cm
:15枚
Team磯太郎の森賀氏が、宮崎県北浦へ釣行し状況をお寄せいただきました。

午前9時発の弁当便に乗り、無名瀬へ上がりました。
大型の当りは、ありませんでしたがこちらも好調です。

12.23

森賀
宮崎県・島の浦

潮吹き
クロ
:48~35cm
:8枚
Team磯太郎の森賀氏が、宮崎県島の浦へ釣行し状況をお寄せいただきました。

島の浦も好調です。

今夜は延岡の友人宅に泊まり明日北浦を攻めます。

12.18

渡邉
中甑

瀬渡し船

芳誠丸

座礁事故
  Team磯太郎、並びご来場の皆さまへ

中甑の瀬渡し船『 芳誠丸 』が、座礁事故を起こし、エバーブルー連中が、危うく命を落とし欠けたとの情報が飛び込んできました。

念願瀬へ瀬付け中に、横波を受け船が座礁した。

側面に大穴が空き、海水が浸水。

船長から全員退船、海へ飛び込め・念願瀬へ泳げと指示が出されたそうだが、誰も海へは飛び込まなかったとのこと。

上甑島・里港の蝶栄丸が救助に駆けつけ、全員無事救助されたとのこと。

芳誠丸が行く付近の海は、激流で知られる海域です。

飛び込まなかったのは、幸判断だったのかもしれません。

芳誠丸は、数ヶ月前にも霧の中、レーダーがなく瀬付けの際、岩に衝突しています。

その時もエバーブルーの連中が、乗っていました。

※レーダーも無い様な船には、乗船しない様お願いします。

※荒天時の無理な釣行は、避けてください。

エバーブルーとは我がTeam磯太郎の兄弟クラブです。会長は、宮村真二氏です。

12.18

村上

辻☆

園田(修)

庄司

宮崎県・土々呂

麦バエ

千広丸:

上杉船長

0982-37-5054

2隻体制
クロ
:49.5~40cm
:2枚

ほか
うきうきクラブの園田修一会長に同行し、宮崎県延岡市土々呂沖麦バエへ釣行しました。

今回ご一緒させて頂いた、うきうきクラブとは我がTeam磯太郎の兄弟クラブです。

当初、お隣の門川を攻める予定でしたが、土々呂の方が良型が上がっているとのことで、急遽変更することになりました。

詳細ページをご覧ください。

数日前から風邪を引き、無理して行ったら拗らせてしまい23日まで、ダウンしました。

12.16

紫藤
大分県鶴見

大島: 無名の壁

梶寄港

千加丸:土師船長

090-1084-5877
クロ
:47~40cm
:4枚

:39~36cm
:6枚

:34~33cm
:5枚

:32~20cm
:5枚

Team磯太郎の紫藤氏が、大分県鶴見へ釣行し状況をお寄せいただきました。

12月1日に引き続き爆釣でした。

詳細ページをご覧ください。
12.11

米屋☆

T氏
高浜

下ウ瀬

昼釣り

秀漁丸:えうら船長

0969-42-0894

4,000円

真鯛
:83cm
:1枚

クロ
:47~30cm
:5枚

アカハタ
:40cm
:1本
釣り友の二人が、高浜へ釣行しビッグサイズの真鯛をゲットしたと、情報をお寄せいただきました。

この日の西海岸は、大時化で私なら釣行を断念するのですが、釣り友達は悪条件を味方に着け、見事な釣果を上げてきたそうです。

詳細ページをご覧ください。
12.10

北野☆

村上

大分県鶴見

大島: 琵琶の首の
    地磯

梶寄港

千加丸:土師船長

090-1084-5877

5,000円
クロ
:35cm
:1枚

イサキ
:30~20cm
:10本
Team磯太郎の北野氏と二人で、鶴見大島へ釣行しました。

午前3時の便で、大島・琵琶の首の地磯へ瀬上りしました。( 北西風に対し風裏にあたるポイントです )

明け方まで、夜釣りの予定でしたが足場が狭く・足場が悪い夜釣りどころではありませんでした。

明るくなるのを待ち、釣りを始め17時まで釣りましたが、大した釣果はでませんでした。

私と北野氏は、朝・夕で各1回の大型のバラシがありました。


詳細ページをご覧ください。

12.9~10

紫藤

X氏
大分・鶴御崎一体

鶴見・米水津

漁港・防波堤
アオリイカ

:900gと600g
:2匹

:750~350g
:3匹

:300g:1匹





写真紹介
Team磯太郎の紫藤氏とその友人の二人が、大分県鶴見・米水津へ釣行し状況をお寄せいただきました。

今週末は、大潮で満月とあって磯釣りよりイカ釣りと判断し、鶴御崎一体( 鶴見・米水津 )の各漁港・防波堤を攻めることにしました。

午前1時頃港へ着き、餌にするアジを狙いましたが全く釣れませんでした。( 生きアジが必要 )

仕方なく、米水津にあるアジ売り場へアジを買いに行きました。( 午前5時開店 )

鶴見の丹賀港手前の地磯で、朝マズメから2時間程で、750~350gのアオリイカをゲットしました。

その後、昼過ぎまで車内で仮眠を取り、午後3時頃から8時過ぎまで、粘りましたが300g程しか釣れませんでした。

今度は米水津の色宮港へ移動し、今回の釣行で最大の900gと600gをゲットし午後11時頃、寒さと眠さに耐えきれず納竿しました。

水温が急に下がったのか、餌のアジも居ない?棚も何時もは、2ヒロ程なのに3~4ヒロ落とさないとヒットしませんでした。

12.9~10

井島



大分・鶴見崎・大島

タチバナ

有明浦港

速見丸

TEL:0972-33-0266

携帯:090-3011-9311

渡船料:5,500円
クロ
:35~30cm
:3枚

バリ
:40~35cm
:5枚
Team磯太郎OBの井島氏とそのお兄さんの二人が、鶴見へ夜釣りと昼釣りに釣行し状況をお寄せいただきました。

9日午後2時にタチバナへ瀬上りしたが、南風が強く思う釣りができなかったが、潮の流れが良く足元でクロの当りが、あった。

大物の当りが多く、釣り上られたのは小型のみだったそうです。

夜釣りに入ってからも強風が続き、釣りを行うことができず夜明けを迎えたとのこと。

朝マズメからクロ?のバラシが続き、終わってみたら左記の釣果で幕を下ろしたとのこと。

12.9

岩田

X氏
宮崎県門川町沖

イクイバエ

清栄丸

TEL:0982-63-1035
クロ
:45~40cm
:10枚
Tackle Berry 熊本店の岩田社長から門川の釣行情報をお寄せいただきました。

ようやく休みが取れ友人と2人で釣行されたとのこと。

平日だったせいか、お客が少なく何所でも上がれる感があったが、風が強く上がれる瀬が限られていたようです。

しかし、昼過ぎまで立って居るのも辛い程の強風が吹き釣りにはならなかったそうだが、午後3時を回った頃から沖へ良い流れが走り始めたので、仕掛けを投入したところ、次々に大物がヒットしてきたとのこと。

清栄丸釣果ブログに、岩田社長の釣果が掲載されています。12/9の上から3段目の写真だそうです。

宮崎県東臼杵郡門川町門川尾末9102-24
12.3 Team磯太郎

1.伊藤氏

2.辻  氏

3.北野氏

4.森賀氏

5.紫藤氏

6.西山氏

7.木本氏

8.村上誠
忘年会 十徳や・新市街店にて、8名参加。

今年一年の釣りを振り返り、釣り談議で賑わいました。

今年も残すところあと3週間、まだまだ釣行の機会があります、頑張って釣りますよ!

さて、12/4牛深で行われる予定だった、釣研FG熊本支部クロ釣大会には、11/26の早朝発生した石鯛丸さんの座礁事故の影響で中止となりました。

詳しい状況は不明ですが、RKKのニュースによると26日午前6時前、天草市牛深町の下須島沖を航行中、二子島のカブリ瀬に乗上げた( 座礁 )?とのことです。

私が生まれて初めて磯釣りに行き、上船した船が土手船長が操船される石鯛丸( 初代 )でした。

石鯛丸さんの渡船業復帰が、できるのかが心配です。( 約26年間利用してきた、渡船です )

12.1

紫藤

大分県鶴見

大島: 小島

梶寄港

千加丸:土師船長

090-1084-5877
クロ
:30~34cm
:15枚

:35~39cm
:19枚

:40~42cm
:4枚

イサキ
:34~38cm
:8本

サバ
:41cm
:1本

写真紹介
Team磯太郎の紫藤氏が、大分県鶴見へ釣行し状況をお寄せいただきました。

昨日鶴見に行ってきました。
3時の便で風裏を探して、ダンバナ手前の湾の奥の小島と言う所に瀬あがりして、夜釣りで、イサキとサバをゲットしました。

正体不明の魚に、夜明け前に5号ハリスを切られて夜釣り終了でした。

夜が明けたので、昼釣りの仕掛けに変更しました。
立っているのも辛いぐらい、風が強くなってきたので道糸を1.5号の沈め釣りに変更し撒き餌に『 ぶっ飛び 』を追加して固めに練り上げ、釣り始めました。

右沖のシズミ瀬の先でクロが釣れ始め、それから3時の回収までずつと入れ食いが続きました。

右側の長バエのハナレの人も、左側の地磯の人も、竿はあまり曲がっていませんでした。

隣の人の撒き餌は、自分の所に集まってきていたのだと思います。

写真は、54リットルのイグローのクーラーが、満杯で氷の入るスペースが無かったので、船長に7枚ほど差し上げた後の写真です。

11.27

北野

A氏

天草市・大江 クロ
:25~35cm
:7枚
Team磯太郎の北野氏と友人のA氏の二人で、天草市・大江へ釣行し状況をお寄せいただきました。

瀬上り後のマズメ、立て続けに飛ばされた。

日中、それと云った当りも無くマズメの時間を迎えた途端、沖の沈み周りで向こう合わせでクロが当ってきたとのこと。

同行のA氏もほぼ同数のクロをゲットされたとのこと。

A氏はまだ若い釣り人ですが、私も何度か下甑で同行させていただき、上手いな~と思う逸材です。

北野氏からお土産にクロを6枚いただきました。
( 写真は7枚写っていますが、左下は鶴見のクロです )

11.27

村上

伊藤
大分・鶴見崎・大島

タチバナ

有明浦港

速見丸

TEL:0972-33-0266

携帯:090-3011-9311

渡船料:5,500円



大会参加費用

:3,000円 ( 前納 )
クロ
:25~34.5cm
:3枚


バリ
:40cm:1枚
Team磯太郎の伊藤氏と2人で、釣研FGクロ釣り選手権大会in大分に、参戦しました。

私達は、26日23時に一番で受付を済ませ、速見丸で鶴見大島の【たちばな】へ瀬上がりしました。

先客の夜釣の人がいた為、午前0時から8時頃まで釣りが出来ず、3時間半ほどしか釣りが出来ませんでした。

私と伊藤さんの成績は、伴に34.5cmでした。

優勝者の成績は、詳細ページで、ご確認下さい。

優勝、48センチ ~ 10位、45、5センチ。

参加人員、120名中40センチ以上を上げた人は、何と40名でした。

その釣果の殆どが、鶴見大島一帯でした。

※ がまかつの大会で、26~27日米水津が貸切になっていたのと、大会以外の一般客が大変多く大島だけでも凄い賑わいでした。

※ 朝から回収までの時間に、夕方までの釣り客と夜釣り客を2組後に降ろしていかれた。

例年のことだが、気温・水温が下がるとさらに状況が悪化して、場所によっては二日後・三日後の釣り客が後に上がるようになります。

11.26~27

森賀

紫藤

大分・米水津 クロ
:32~37cm
:7枚







クロ
:29・39cm
:2枚
Team磯太郎の森賀氏と紫藤氏の2人が、大分・米水津を2日間貸切で行われた『 がまかつ 』の釣り大会に参戦されその状況をお寄せいただきました。

森賀氏より : ガマカツの大会で、地の黒島の無名瀬に上がり32~37までクロを7匹でした。
釣れる時間と釣れない時間があり厳しい釣でした。

結果は沖黒島の西のハナの人が優勝です。

紫藤氏より : ガマの大会は、相変わらずクジ運がわるく、地横島の真ん中ぐらいの地磯に瀬上がりしました。

クロ39と29センチ2枚だけしか釣る事ができず、10枚の総重量なのでぜんぜん駄目でした。

11.23

村上

本田

松永

X氏
上甑島・ 里

昼釣り

蝶栄丸:石原船長

090-3884-3832

10,000円
マツカサ
:18cm:1枚





本田様

尾長
:50クラス

1枚・他
山本釣具センヤー本田様主催の釣りツアーに参加しました。

午前3時串木野港を出港し、一路里を目指したが強風と風向きのお陰で、海は大時化でした。

何とか風裏に上がるも一時間程で回収。

次に上がった瀬でも予定より一時間程早く回収、帰港することになってしまいました。

今年の上甑は、荒天続きで付いてない!

本田様及び同行者の釣果は、詳細ページをご覧ください。
11.20

村上

北野
上天草市

御所浦町

嵐口北角

ノザバ一番

昼釣り

だいわ観光

宮川船長

090-8289-4719

3,000円

クロ
:28~31cm
:4枚

:24~27cm
:10枚

:24cm以下
:12枚

バリ
:25~30cm
18枚

Team磯太郎の北野氏と2人で、御所浦へ釣行しました。

当初の予定では、天草市高浜町へ釣行を予定していましたが、大時化で急遽御所へ変更しました。

午前4時、池ノ浦港に到着し一番船で嵐口の堤防を望む地磯へ上り暗闇の中、電気浮き仕掛けでこの日最大の口太グレごゲットしました。

夜明け後、風向きが変わりノサバ崎の一番に上がれると船長から電話があり、背替りを決断し移動。

ノサバ一番に瀬上がり後、何度か吹き飛ばされそうな突風に耐えながらひたすら休まず、釣りを続けました。

何故が口太グレの活性が低いのか?なかなか釣果がでませんでした。

釣果が出始めたのは、午前9時頃下げから上げ潮に変わったとたん、口太グレとバリが交互に上り釣果がのびて行きました。

詳細ページは、後日作成します。


11.17



石原

大分県・鶴御崎

①ダンの窓
②突端の離れ
③ビシャゴの離れ

梶寄港

みや丸:宮本船長

090-2390-7028

5,000円
クロ

:30~38cm

:入れ食い



写真紹介
Team磯太郎の辻氏と磯太郎OBの石原氏の二人で、大分県鶴見へ釣行し状況をお寄せいただきました。

1回戦、大島・ダンの窓( 上げ潮 )へAM10時まで居たが、両名ともボーズでした。

※漁師の網が二重に入っていたとのこと。

2回戦、鶴御崎( 鶴見崎 )突端の離れ( 上げ潮 )で両名口太グレ各1枚。PM1時まで。

3回戦、ビシャゴの離れ( 下げ潮 )瀬の左側は、本流が流れ右側は、カガミが現れ面白い潮が流れていたそうで、その面白い流れの中から30~38cmの口太グレが1投目から入れ食いで、あがったそうです。

棚は、2ヒロ固定でラインを張っているとググット竿に乗るとのこと。

鈎は、グレ鈎の4・3号を呑み込んでいる。尾長鈎の5号に替えたら当らなくなったそうです。

35cm以下は、全てリリースし35~38cmを両名各10枚以上持ち帰ったとのこと。

11.14

村上
熊本市

上江津湖
今回は、釣りではありません。





アユの写真Ⅲ
今日も、上江津湖とその上流域で沢山のアユを目撃し、写真を撮りました。

10日前は、婚姻色のアユが産卵の真っ最中でしたが、今回は群れているだけで産卵行動は、全く確認できませんでした。

アユのサイズが、10日前より一回り大きくなっていました。( 最大で、25cmほど )

地元の方の話では上流で、30cm級のアユを見かけたとのこと。

偵察に行きましたが、20cmほどのしか確認できませんでした。

アユって産卵終わっても、暫くは死なないのだろうか?

投げ網を打ったら何百匹獲れるだろうか?と思いながら写真撮ってきました。

以前、40~50cmのボラの大群を確認しました。

その他、ブルーギル・テラピア・ブラックバスと云った外来魚が多数見受けられました。

11.13

紫藤
天草市

牛深町

出の串港の先の地磯
アオリイカ

:30cm:2杯





写真紹介
Team磯太郎の紫藤氏から牛深のイカ釣り情報をお寄せいただきました。

今回は、出の串港の先の地磯を攻めてきました。

全体的に遠浅で、フタヒロでは根がかりが連発して、苦労しました。

それでも、イカの絶対数は多くバラし 連発で、写真のサイズが2杯とれただけです。

タモ入れ寸前のバラしが、7回ありました。

これから一潮ごとに、サイズがアップしてきますので、楽しみです。

11.12

森賀
大分・米水津 クロ
:48cm:1枚

:40cmオーバー
:3枚

:36cm迄
:20枚
Team磯太郎の森賀氏から米水津の情報をお寄せいただきました。

48センチ頭に、40オーバー三枚あとは36センチアベレージに20枚です。

40オーバーだけ持ち帰り後はリリースしました。

場所ムラは有りますが、良い場所は入れ食いでした。

11.9

本田
上甑島・ 里

昼釣り

蝶栄丸:石原船長

090-3884-3832
  山本釣具センヤーの本田様から釣り情報をお寄せいただきました。

今回は先週のリベンジに行ったが、尾長の気配が全く無かった上に、底物の活性が高く底物に遊ばれたとのこと。

地磯周りでは、口太グレの40センチ前後がまあまあ釣れていたそうです。

11.6

園田
天草市

高浜町

丸瀬  ( A )下潮

北の瀬( B )上潮
クロ( A )

:43cm:1枚

クロ( B )

:50cm:1枚

:40cmUP
:3枚

尾長( B )
:30cmUP
:数枚
efc大和会の園田会長から釣り情報をお寄せいただきました。( 八代のクラブです )

高浜へ釣行し下げ狙いで、丸瀬上礁してすぐに口太グレ43cmをゲット。

ところが上げ潮に変わった為、北の瀬へ瀬変わりして船着き場で口太グレ50cmをゲット。

40cmオーバーの3枚は、超遠投で上げ潮に乗せて。

その後は、尾長の30オーバー数枚追加した。

九衞門では仲間の方が、40cmオーバーのサバが入れ食いだったそうです。

園田会長からのワンポイントアドバイス

船着きを釣る場合は、船着きの右側からの流れの潮ヨレでアタル。(上げ潮に限る)

小鈑金の間から、潮が流れてくるよ。

先端は、両潮釣れる。

上げ潮は、ヒジクロ瀬の手前に潮目ができるので、超遠投して流す。

下げ潮は、ヒジクロ瀬とカワタ瀬の間を潮が通すので、手前の張り根付近から流す。

沈み瀬に、道糸を取られないように、先の沈み瀬まで流すこと。

11.4

西山
天草市

高浜町

照丸:

090-4356-0256
クロ
:25~35cm
:入れ食い

尾長グレ
:27~30cm
:10枚

バリ
:40cm:数枚

Team磯太郎の西山氏から高浜の情報をお寄せいただきました。

瀬は、高浜港から南下し、下ウ瀬の裏の三角の裏にある、尖った三角おにぎりのような形の瀬。

船は、照丸さん
( 3回も見回りに、来てくださったそうです )

三角には、初丸さんがお客を乗せたようですが竿は曲がっていなかった模様。

平瀬に秀漁丸が乗せたお客は、口太の47~8センチを上げていたそうです。

詳しい内容は、熊日の釣りタイムの記事をご覧ください。

11.4

村上
熊本市

上江津湖
今回は、釣りではありません。





アユの写真Ⅱ
今日、上江津湖とその上流域で沢山のアユを目撃し、写真を撮りました。

9月8日のアユは、鮮やかな若竹色に黄色のはもんがありましたが、今日のアユは婚姻色で黒っぽい魚体に黄色のはもんに変わっていました。

体育館裏手の上流域では、まだ産卵行動は見られませんでしたが、水上公園付近では産卵の真っ最中でした。

可哀想なことに、アユが産卵した後に沢山のハエ( 5cm程の )が群がり卵を食いあさっていました。

産卵中のアユのサイズは、15~20cmと、白川や緑川のものより遙かに小さいです。

網を入れたら何百匹獲れるだろうか?と思いながら写真撮ってきました。

11.4

天草市

牛深町

沖の瀬 ・ ワンド

初丸:船津船長

090-3606-4145
クロ2枚

バリ

ブダイ

アカハタ

ガラカブ

Team磯太郎の辻氏から牛深の情報をお寄せいただきました。

各魚種のサイズは不明ですが、5目釣りを達成されたそうです。

辻氏の今日の感想では、沖の瀬一帯はまったくダメだったそうです。

11.4

村上
熊本市
  
塩屋港周辺
尻焼け烏賊

( シリヤケ )

甲長:8~13cm

: 50パイ

写真紹介
お隣さんから尻焼け烏賊、貰いました。

約2時間で、50パイ入れ食いだそうです。

釣り方は( 私の過去の経験です。)

ガス灯を焚( たき )市販のイカ掛け針に、キビナゴを付属のステンレス線で巻き固定します。

電気浮きを付けて仕掛けを海中に投げ込みます。 棚は、矢引~2ヒロ程。

当りは、魚のように引き込むと云うより、浮きが横へ流れたり、倒れ( 食い上げ )たりします。

当りがあったら仕掛けを緩めない無い様に、引き寄せイカを浮かせる前に、タモ網ですくい取ります。( ぶり上げより確実です。)

11.2

本田
上甑島・ 里

昼釣り

蝶栄丸:石原船長

090-3884-3832
  山本釣具センヤーの本田様から釣り情報をお寄せいただきました。

尾長の60クラスの猛攻に逢い、バラシの連続だったとのこと。

来週リベンジに行くとのこと。

10.30
村上
天草市 ・ 高浜町   悪天候で中止になりました。
10.22

森賀
天草市

牛深町

小ガン瀬

クロ
:38cm:10枚

バリ多数
Team磯太郎の森賀氏より、釣り情報をいただきました。

今期の牛深は好調です。

クロのキープサイズは38cm前後を10枚、以下は全てリリースしました。

主な餌取は、バリと木葉(こっぱ)グロです。

ハリスは、1.5~2号を使い分けしました。

大型のバラシが多数あり、太刀打ちできませんでした。

今後水温が下がれば更なる、大物勝負が期待できると思います。

10.18~19

井島
大分県米水津

小浦港

戎丸:松下船長
( えびす )

090-8396-6584

6,000円

待合所・宿泊所あり
サバ
:40~35cm
:14本

イサキ
:20cm:10本

クロ
:33~18cm:6枚

ウマズラ
:35cm:1枚
Team磯太郎OBの井島氏より大分県米水津沖の夜釣りの釣果報告をお寄せいただきました。

何時もの如く、一人で釣行。 18日15時瀬上がり~19日、11時迄。

釣り方:サバ以外は、タまずめと朝まずめ~納竿迄、フカセ釣ハリス2号、棚は1.5ヒロ・イサキの棚は竿1本。

サバは、夜、5号竿でカゴ仕掛け、ハリス3号、棚は竿2本、餌は沖アミボイル。

サバは、23時~5時迄、当たりが続いたとのこと。

米水津一帯のクロは、形は小さいものの、ほとんどの瀬で上がっていた、とのこと。

餌取りは、ハコフグ他。

10.16

村上☆

大分県鶴御崎

小バナ

梶寄港

みや丸:宮本船長

090-2390-7028

5,000円
クロ
:35~18cm
:27枚

イサキ
:30cm:2本



辻氏
:クロ
:40~24cm
:4枚

イサキ
:38cm:1本

赤ブダイ
:40cm:1本
Team磯太郎の辻氏と二人で、大分県鶴見崎・突端の梶寄港から『 みや丸 』で、『 小ハナ 』へ釣行しました。

当初牛深の予定でしたが風向きが悪く、比較的安全な鶴見へ変更しました。

『 小バナ 』は、鶴御崎( 鶴見崎 )突端部の少し西側にあり、沖を見て左手に『 突端の西 』右手に、 『 長ウド 』に挟まれた地磯です。( 当番瀬 )

本命潮は下げ潮らしい?が、瀬上がりした午前5時半頃は、干潮で沖には上げ潮が左側へと流れていました。

この日は、南西の風が強くウネリも強く一番下の釣り座は一日中波を被っていました。

辻氏は主に全誘導( 沈め釣 )で、私は主に2ヒロ固定仕掛けでクロ(口太グレ)をメインターゲットに釣りを始めました。

詳しくは、詳細ページへ まだ工事中です。

10.8

紫藤

X氏
大分県鶴見

大島: 観音鼻

梶寄港

千加丸:土師船長

090-1084-5877

クロ
:30~37cm
:3枚

イサキ
:37cm
:5枚 

イズスミ
:60cm
:2枚

サンバソウ
:2枚

バリ   
:2枚

赤ブダイ
:2枚
Team磯太郎の紫藤君から釣り情報をお寄せいただきました。

鶴見大島が、急に釣れだしたと言う情報で、渡船はどこも駐車場が、満杯に近い状況だったとのこと。

船は、鶴見崎突端の梶寄港の千加丸で、渡船代は5000円。

朝3時の便で、友人と2人で空いていた、観音鼻に瀬あがりし、朝まずめまでカゴ釣りで、イサキの37cmを5枚。

昼釣りは、餌取りのアジ子、金魚、手のひら強のコッパグロが入れ食いです。

クロ(口太グレ)、24~28cm迄の30枚以上は、クーラーに収まらない為、全てリリースしました。

カゴ釣には、遠投竿の3号を使用。

大分県鶴見も秋磯、突入したようですね!皆さまも頑張ってください。

10.2



X氏
天草市

牛深町・沖の平瀬

初丸: 船津船長

090-3606-4145
クロ
:手の平~30cm
:25枚
Team磯太郎の辻氏から秋の初磯、情報をお寄せいただきました。

釣果はお2人で、最大30cmまでのクロを25枚持ち帰ったとのこと。

驚くような当たりなかったそうです。

餌取りは、無数のイズスミとバリだったそうです。

9.25~26

井島
上天草市

龍ヶ岳町

樋島・ ヌルギ崎

一泊釣り

昭丸:中川船長

090-3357-8936
木葉グロ
:15~28cm
:120枚

チヌ(メイタ)
:25~38cm
:3枚

アジコ:12~15cm:5匹
何時もの如く、一人で昼12時ヌルギ崎へ渡り明日の昼12時までの釣行に出掛けたと、釣り友の井島氏から連絡をいただきました。

この二日間全く潮が流れず、餌取(5cmの木葉グロ)が一面にいて大変苦戦したが、左記の釣果に恵まれたとのことです。

例年であれば、夜釣りで30cmオーバーのアジが沢山釣れるのですが、今年は夏場も全く釣れませんでした。

昭丸:中川船長の情報で、宮の下は大アジが釣れていたとのこと。

9.8

村上
上江津湖

と、その上流域

(旧市立体育館、今は図書館になっています)

さらに、上流には水前寺公園などがあります。

その他、上江津湖には無数の湧き水から流れ込む小川があります。
今回は、釣りではありません。

アユの写真Ⅰ
今日、上江津湖とその上流域で沢山のアユを目撃し、写真を撮りました。

さかな獲りが大好きな私は、刺し網を入れたり投網を打ったら沢山獲れそうだと、考えながら見て廻りました。

白川などの河川と違い、餌の藻が少ないのか9月現在でも体長15cmほどしかありません。
(白川のは30cmはある)

アユは、縄張りを持ち単独行動のさかなですが江津湖のアユは、数匹から数十匹の群れで泳いでいました。

産卵期が近いから?未だ体色は、若竹色でエラぶたの後には鮮やかな黄色の斑点が見てとれました。

9.8

村上
高浜・

鯛福丸・清水船長

引退のお知らせ
今回は、釣りではありません。 Team磯太郎の北野氏から高浜の鯛福丸さんの情報が、最近、ネットや雑誌に載って無い?と連絡がきました。

確かに私が鯛福丸を見たのは今年の2月が最後でした。(2月以降、高浜へ行ってない)

清水船長宅へ電話を入れ内容を確認しました。

清水さんは、70才になったのを着に引退を決意しお兄さんの息子【甥】に、瀬渡し業を譲られたそうです。

甥子さんの船は、初丸と言います。

鯛福丸同様に、Team磯太郎はごひいきにして行きたいと思います。

携帯電話の番号も、そのまま引き継がれています。

読者の皆様も、応援宜しくお願いします。

8.23~24

村上☆

本田
松本
塚本
X氏
上甑島・ 松島

夜釣り

蝶栄丸:石原船長

090-3884-3832
アカハタ

35cm:1匹

30cm:1匹
山本釣具センターの本田氏主催のツアーに参加しました。

参加者は、私と本田氏を含む5人でした。

今回は、凄まじい雷雨に見舞われ大変でした。

詳しくは、詳細ページ

8.13~14

村上☆

北野
上甑島・ 松島

夜釣り

蝶栄丸:石原船長

090-3884-3832
シブ鯛・黒点
45cm:2匹

イズスミ
35~45cm:7匹

マツカサ
15~23cm:16匹

アカハタ
35cm:1匹

Team磯太郎の北野氏と2人で、今年初の沖磯への
夜釣りに出掛けました。

本日の釣果は、左記の通りです。

残念ながら期待した、シブ鯛・白点やタバメの姿を見る事はできませんでした。

詳しくは、詳細ページ

7.24~25

井島
上天草市

龍ヶ岳町

樋島・ 黒島

一泊釣り

昭丸:中川船長

090-3357-8936
アジ
20~25cm:26匹

クロ
25cm:1匹
樋島周辺の磯で、中アジが釣れ出しました。
夕暮れと共に釣れ始め、明け方近くまで当りが途絶えることはありませんでした。
タモ入れを行えば、倍以上はキープできたと思います。

2週間前、ヌルギ崎に夜釣りに出掛けた時は、全くアジの姿がありませんでした。

この時は、クロ15~26cmを20匹キープしました。

※異常気象?アジの成長が悪い?
  例年であれば、2~3月に釣れるサイズです。

7.23~24

村上

森賀
天草市

牛深町の堤防
ワタリガニ
甲羅幅10cm:2匹

サバ子
15cm:20匹

アジ子
7~8cm:50匹

クロ
10~26cm:20匹
噂で、煽烏賊( アオリイカ )とスジアラが、中・大アジを餌に狙える堤防があるとのことで、牛深へ出掛けました。

場所は、相棒の『 秘密の場所 』で公表できません。

23日15時に富合出発し、途中ちょっと早いが夕食を食べ18時頃、目的の堤防へ到着しました。

早速、車から道具を降ろしバタバタで夜戦準備を済ませ、戦闘開始。

しかし???餌の中・大アジが全く居ない!
上がって来るのは、アジ子とサバ子ばかり???

相棒は、朝マズメに掛けると寝てしまい、私はライトとタモ網片手に堤防周りを見て回ると、思った通りワタリガニが、何匹も堤防に貼り着いていました。

カキ殻に苦戦しながら何とか、2匹をGETしました。

暫くすると、ヘッドライトとホコ( ヤス )を持った老人が現れ、ここにはワタリガニの他に『 伊勢海老 』も浅場へ登って来るとのこと。

私は伊勢海老は見ませんでしたが、メーター級の黒アナゴや体長15cm程の海老は、多数目撃しました。

他にも中型の、岩ダコも見掛けましたが獲れませんでした。

夜の堤防は、面白い!夜明けに相棒が起きて来て、サバ子を餌に体長50cm程の煽烏賊を1匹GETしたところで、夜戦が終了しました。

※異常気象?とにかく、子魚のサイズが小さい!

7.10

村上
上天草市

岩屋

地磯・堤防
タコ

ボーズ
昨夜のアジ釣りの帰りに、姫戸~阿村までの海岸線及び、上天草市岩屋の地磯と堤防沿いで、タコ掛けに挑戦しました。

大雨の後で、海の濁りが酷く?塩分濃度が薄いのか?全く反応がありませんでした。

7.9~10

☆北野

村上
龍ヶ岳町
坊主島
岸壁
夜釣り
アジ
28cm:1匹
大アジを求めて、樋島手前の坊主島へ夜釣りに出掛けました。

詳しくは、詳細ページ

6.5

村上

井島
下甑島

由良島

超Aウラ

昼釣り

ハーバーワン:
川崎船長

090-1925-7779
口太グレ
38cm:1枚

第7回ハーバーワン杯(釣り大会)に参加しました。

由良島・超Aウラへ上り、納竿まで頑張りましたが数回の大物のバラシがあり、私はクロ1枚で大会を終えました。

相棒の井島氏は、クロ5枚・他をゲット!こちらも多数のバラシあり。

表彰式後のジャンケン大会で、井島氏が見事!日帰り無料卷をゲットされ、それを私が 3,000円で購入しました。
( 船長了解済み )

5.8

園田
牛深

桑島: ウ瀬
口太グレ
41cm頭に数匹

残りは30cm級ばかり
牛深は全体的に釣れだした、型は小型が多い。

但し、潮が動くところに限るけど!

流れないと餌取だらけ!

5.5

井島
樋島

黒島

一泊釣り

昭丸:中川船長

090-3357-8936

口太グレ

手平:入れ食

20cm:3枚

30cm:2枚
樋島の裏側にある、黒島で、クロ20~30センチが、浅棚で上がっているそうです。

チヌらしき?大物のバラシも2回あったそうです。

また、竹島横の筏では、チヌ54センチを頭に、11枚の釣果があった釣人もいたそうです。

しかし、まだ腹ボテではない?遅れているようです。

5.3

☆村上

北野

A氏
下甑島

瀬々野浦・煙瀬

昼釣り

永福丸:山下船長

090-7456-3338
口太グレ

詳細頁へ
Team磯太郎の北野氏とその友人のA氏の3人で、瀬々野浦の煙瀬へ釣行しました。

詳しい内容に付きましては、詳細頁(ページ)をご覧ください。

後日、熊日・釣りタイムNo,???(?/?)に写真が紹介されると思います。


4.20

☆園田

森賀
長島

葛輪港の堤防

夜釣り
アジ:35cm 爆釣り情報!

鹿児島県阿久根市の長島の一番奥に位置する葛輪港の堤防で、巨アジが釣れているとのこと。

午後2時には、場所取りに行かないと釣るスペースが無いそうです。

巻き餌は、赤アミにパン粉を混ぜ・付け餌は、オキアミの生だそうです。

4.17

北野
御所浦

昼釣り
だいわ観光
宮川船長
090-8289-4719

チヌ
:48.5cm
ほか
今回も巨チヌを目刺して、釣行みごと大物をゲット!されました。

熊日・釣りタイムNo,332(4/28)に写真が紹介されています。
4.9

米屋
下田・地磯

通詞島橋下の堤防
アオリイカ:2匹

メバル
:20~24cm
:15匹

水イカでーす
下田リハビリ下地磯で釣れました。

夜釣りで通詞島橋下で、メバリングをしました。
4.3

北野
御所浦
横島
昼釣り
だいわ観光
宮川船長
090-8289-4719

メイタ
:30cm:1枚
巨チヌを目刺して、釣行したが?まだ早いのか?大物の当りは無かったとのこと。

周辺の磯では、25~30cmクラスのアジが揚がっているそうです。
4.2

米屋
浜田港

堤防
チヌ
:3枚
チヌでーす
浜田港堤防根元外向きで、釣れました夕方3時から3時間で釣れました。

3.19

牛深

片島マタクラ瀬・元瀬のカブリ

初丸:船津船長

090-3606-4145
ウツボ

へ鯛

バリ(アイゴ)

ブダイ

イズスミ
の5目釣りを達成
午前中のマタクラでは、大型のバラシ(鈎が伸びた)以降当りが出なかった。

午後から瀬替りし、最終まで粘ったがクロの当りは無かったそうです。

今度は、出港できて良かったですね。

3.17

T氏
牛深
初丸:船津船長

090-3606-4145
船が出港できなかった 津波警報が出ている真っ最中に、牛深へ出掛けたが!
海上保安庁から出港停止命令を貰ったと、報告してきた内の部員が、居ました。

3.11

村上
東日本大震災発生 Team磯太郎部員に通達 地震による津波の恐れがある為、沈静化するまで釣行禁止の携帯メールを発信しました。

2.27

☆森賀

村上
高浜

大ヶ瀬 十兵

昼釣り

秀漁丸
真鯛
:30cm:2枚

タバメ
:45cm:1枚

岩海苔
:乾燥重量で
1kg程収穫した。
森賀氏は、戸渡り側の水道に陣どり(足場が非常に悪い)北の瀬脇をかすめる潮を探り、沈め釣りで表層から竿3本を流し見事、釣果をものにした。

私は、中央部の平らな部分から北の瀬の右へ流れる潮を探ったが、ガラカブの当りも無く?当り一面に生えた岩海苔つみに没頭した。

納竿間際、ポイントを空けてもらい深棚を流してみると、足元でいきなり!巨大漁が当り、竿をノされて高切してしまった。

その後も同様の当りがあったが、今日のタックルで太刀打ちできるサイズでない事は、歴然である!

結局?クロは、全く当らず?寒グレシーズンの終わりを悟った。

この日で、年明けからの連戦記録がストップした。

2.22

井島
樋の島・ ヌルギ﨑

昼・夜釣り

昭丸:中川船長

090-3357-8936
メイタ
:25~35cm
各1枚

ほか多数
この日は、チヌとアジの2本立てで釣行したが、アジは一匹も当らなかった。

チヌはメイタ以外は、居ない?が、カラカブは15~20cmを25匹程とメバルが2匹だったそうです。

クロの気配は、無かったとのこと。

2.19

☆村上

紫籐
場所は秘密です。 ワカメ
:40~60cm
:1人/90kg
年一回、恒例のワカメ刈りに出掛けた。

今年は、寒過ぎた?のか成長が悪く最長での60cm程で例年の半分程しか無かった?

2.8

☆村上

井島兄弟
鶴見
長ウド(当番瀬)
昼釣り

千加丸:土師船長

090-1084-5877

口太
:32~42cm
:11枚
辻氏のご厚意で、当番瀬を譲って頂いた。初めての瀬で苦戦したが何とかボーズは避けれれた。

井島氏4枚・兄貴さん2枚。

瀬の上は、まるで塵捨て場の中に居る様な状態だった。

2.6

☆園田
中甑島・鹿島周辺
昼釣り
ハーバーワン:
川崎船長
090-1925-7779

口太
:40cm前後
:1人20枚
以上
釣れているので、川崎船長から呼ばれたとの事。

八代・大和会、会長の園田文夫氏より。
2.6

☆北野

紫藤
牛深

中ノ瀬の中・三角瀬

昼釣り

初丸:船津船長

090-3606-4145

ガラカブ入れ食い

口太:姿も見えなかった
ルール無視のパートナーが、初丸の当番瀬に客を上げていた為、思う所に下りれなかったとの事。

生命反応無し?
2.5

☆村上

西山

森賀

伊藤



牛深
馬の子根
昼釣り

初丸:船津船長

090-3606-4145
口太
:35~40cm
:2枚

:18~25cm
:26枚

下記の3名は、片島・長バエで

森賀氏、口太51cm頭に11枚

辻氏、  口太40cmクラス6枚

伊藤氏、口太40cmクラス3枚

西山氏は、馬の子根のカブリで口太40クラス1枚

(熊日新聞・釣りタイムの取材)

1.30

森賀
鶴見

昼釣り
口太
:35~47cm
:6枚

尾長
:45cm:1枚

とても寒かったとのこと。
1.26

☆村上

本田

他11人
上甑島・里

灯台下の離れ

昼釣り

蝶栄丸:石原船長

090-3884-3832

口太
:28~35cm
:9枚
大時化、強風だった。本田氏他数名はクーラー満タン。

最高は35~40cmを50枚釣り上げた人もいた。

反面ボーズの人が、1人いた?尾長は出なかった。

1.19

☆村上

牛深

馬の子根のカブリ

昼釣り

初丸:船津船長

090-3606-4145

口太
:49~40cm
:7枚

尾長
:26~36cm
:5枚

午後3時に、辻氏は沖の平瀬へ瀬替りし口太40クラスを3枚。

私は、3時半頃魚拓サイズの49cm・1.83Kgを仕留めました。



詳細ページへ(工事中)
1.18~19

井島
樋の島

ヌルギ﨑

夜釣り

昭丸:中川船長

090-3357-8936

口太
:20cm:2枚

メバル
:15~20cm
:12匹

ガラカブ
:13cm:6匹
12時~12時の24時間釣り。

アジが姿を消した?全く当りなし。
1.9

森賀
大分・鶴見

昼釣り
口太
:35~48cm
:35Lのクーラー満タン
熊本が大時化でも、風裏の大分は釣行可能です。

遠いのと雪が問題です。

1.9

☆辻

渡邉

石原親子
牛深
沖の平瀬
昼釣り

初丸:船津船長
090-3606-4145

口太
:40~45cm
:5枚
大時化だった。

石原、渡邉氏ともに同クラスを5枚、石原氏の息子も1枚。

14時強制回収となった。
1.9

井島
樋の島
ヌルギ﨑
夜釣り

昭丸:中川船長
090-3357-8936
口太
:手平:50枚

アジ
:20~25cm
:25匹
12時~12時の24時間釣り。

日中の子クロは入れ食い。

日没後は、アジが夜明け前まで。

当りは渋く、棚2ヒロ。

2011年1月1日

新年明けましておめでとうございます。

2010年↑ 2010年↑ 2010年↑ 2010年↑
modorusiro tugihesiro

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。