Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果・写真


2012年3月31日~4月1日・浜田港・蔵々港釣行記
 
この日は、Team磯太郎の北野氏の弟子のA氏が企画した、鷹島釣行が大時化で中止になったため、急遽堤防へのチヌ釣りに北野氏と2人で出掛けました。

浜田港に挑戦するにあたり、釣り友の米屋氏にポイントや釣り方などを事前に、教えていただきました。何せ私は、堤防にはクロ・アジ・メバル・ガラカブ・ヒラメ・カレイ以外、釣りに行かないためチヌの釣り方、習性などさっぱり判りませんので。

池ノ浦港に於ける満潮時刻 AM 3:34 ・ 干潮時刻 AM 9:47 ・ 日出AM 6:06 ・ 晴れ

このとき私達は、前日の午後8時にポイント富合店で待ち合わせ10時半には、浜田港で釣りを始めました。目的は、夜釣りでアジやメバルが釣れないかと思い。しかし、その考えは甘かった。

餌釣り・アジング・メバリングと色々試してみましたが、当ってくるのは小型のガラカブとメバルばかりでした。( アジの気配全く無しです ・ 何組ものルアーマン達も訪れていましたがNoフィッシュでした )
我々が釣れないのに、釣れるはずがありません。

夜明け前からチヌ釣りを始めましたが、右にも左にも全く流れず?ただ最干潮に向け水位が下がるばかりでした。海水は澄みわたり海底が、薄っすらと見えていました。( 竿2本以上あるのに )

おまけに目の前には、藻がはびこり仕掛けを回収するたびに、藻を釣りあげました。

午前10時、業を煮やして場所変えを決断しました。帰宅ルートを戻る形で!
途中、樋ノ島を廻りましたが何所の堤防も人だらけで、釣る気になりませんでした。( 北野氏も同じ )

そこで、北野氏が蔵々港へ行ったことが無いと言われたので、上天草市・大矢野町・維和島の蔵々港を目指しました。( 私も15年ぶり?位、行ってませんでした )

蔵々ノ瀬戸に於ける満潮時刻 AM 4:38 ・ PM16:30 ・ 干潮時刻 AM 10:53 ・ 日出AM 6:06

久々に行った維和島は、昔のまま?道は狭く!信号機が殆ど無いところですが、蔵々港は少しだけ近代化の波がきていました。巨大な浮き桟橋が設置されていた。お陰手、港が狭くなっていた。

何所の堤防も同じだが、1番のポイントには必ず先客がいて2番も3番も空きはありませんでした。
( あとから来るやつが、悪いのだが )

仕方なく先客達が帰るまで、脇で釣りを行ったが釣れたのは何故か、ケムシとマナコみたいな変な生き物ばかりでした。

本命ポイントは、何故かガラカブが入れ食いでした。先客が帰り次の人がその場に入るとまた、ガラカブが入れ食いしていた。

夕方が近ずき肌寒きなったころ、ようやく先客達は帰って行きました。それから本命ポイントに北野氏と2人並んで、日暮れまで釣りましたがNoヒットでした。

やっぱり!堤防釣りは、私には向いて無いと判断しました。
           
kitano_51.5cm_no1kitano_51.5cm_no2
検寸中記録用紙
kitano_51.5cm_no3
山本釣具センター本店にて、検寸を行ってもらいました。
kitano_51.5cm_no4
外海のクロと比べると、幾分か白く見えるのは内海居着きの性なのだろうか?
kitano_51.5cm_no5
私の腕は細くはありませんが、肘幅と互角の魚体幅です。
kitano_51.5cm_no6
お腹を割ってみたところ、メス♀でした。

卵の大きさは、私の拳の約2倍ほどありました。
北野氏のクロの魚拓は、1枚目を自宅に。

2枚目をだいわ観光の待合室に。

コピーが、山本釣具センターの本店に飾られることになっています。
その他、この日は大型の尾長2枚も持ち込まれていました。

中甑島・鹿島・円崎・灯台下で尾長64cm ・ 下甑島・手打ち・カミムラ瀬で尾長58cm
 
daiwakankou-002
daiwakankou-002
上の写真は今回お世話になった、(有)だいわ観光 『 あかつき丸 』さんです。

〒866-0201

熊本県上天草市龍ヶ岳大道

TEL 0969-63-0333 ・ FAX 0969-63-0358 ・ 携帯電話 090-8289-4719

海上タクシー『 あかつき丸 』 ホームページ

船長は、宮川 淳 さんです。

出航地は、池の浦港です。

料金は、3,000円でした。

駐車場内のお店には、付け餌( 沖アミ・虫餌など ) ・ 撒き餌 ・ 氷 ・ 小物なども販売されています。
だいわ観光さんとのお付き合いは、Team磯太郎の結成時期より遙か昔。

亡くなられた、先代の親父さんの頃からお世話になっています。

私が、磯釣りを始めて数年後からですから約25年になるかな。

行く先々の各港で、常連の船を個人で持つのは大変ですが、倶楽部結成後は各メンバーの常連船を味方に着け釣りを楽しんでいます。
 
Team磯太郎:村上誠 

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。