Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果 ・ 釣り友

 米屋氏の釣行記 2011年-2012年 
 
Team磯太郎の村上です。

この度、我が20年来の釣り友である『 米屋氏 』のページを追加設定いたしました。

米屋氏の本名は、彼からのたっての願いで公表できかねますので、ご了承ください。

彼は、当ホームページに率先して電話やメール(情報・写真)で、釣果情報を知らせてくれます。

写真付の情報は、文章を読まなくても直接脳裏に焼きつきますし、情報の信憑性がより高くなります。

※ 釣り友(達)とは、米屋氏と行動を共にする釣り仲間の方々を示します。

貴重な情報をお寄せいただき、ありがとうございます。

※ 読者の皆様で、ご自分の情報も載せて欲しいと思われる方が、ございましたらご連絡をお願いいたします。

PC mail : jo6ayc@helen.ocn.ne.jp 宛て、情報をお寄せください。

但し、謝礼等は御座いませんのでご了承ください。

※ お名前、非公開ご希望の方はニックネームでも、お知らせください。
>゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡
2016年
Kuro_FB-001
月日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
 
 
Kuro_FB-002
月日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
 
 
Kuro_FB-001
4月2日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
13時50分メールが届き、「こがせ来とる」と書いてありました。(電話で、聞いて気付きました)
マコっちゃん~今日は悲惨だった~!と、何時もの口調で連絡をいただきました。
(甲高な声:釣れたな!)

ジャンケンに負け、小ヶ瀬の本命ポイントには上がれませんでしたが、面白かったですよ。

イサキ狙いで行ったつばってん!1枚のみでした。

あとは、ヘダイは入れ食い!あと、マコっちゃんに負けん位の巨大青ブ~が釣れたバイ!

ヘダイと、青ブ~は証拠写真撮って全てリリースしました。
 
2016.4.2_Hukei-001
小ヶ瀬北側最大の十兵衛です。 ポイントは、左端の突端部です。
2016.4.2_Hukei-002
小ヶ瀬(中の瀬)の沖向き一帯を「ソデ」と言い、なかなか人気のポイントです。
2016.4.2_Hukei-003
こちらは、1月2日Team磯太郎の北野氏と私が上った、小ヶ瀬の本瀬の本命ポイントです。

米屋氏はジャンケンに負け今回は、「中」に上がられたそうです。
2016.4.2_Hukei-004
ここが、小ヶ瀬の本瀬の「中」になります。 足場が狭く、釣りにくいところではありますがたまに、伊勢海老が釣れるので私的には好きなポイントです。
2016.4.2_Hukei-008
今回米屋氏がトライされた、ポイントを英光丸から見た風景です。
Kogase_no_motose-00K
小ヶ瀬は、大小6つの岩礁体で構成されています。

北から「北のカブリ」・「(十兵衛)と(平瀬)」・「中瀬」・「本瀬」・「南のカブリ」その周りには、多くの沈み瀬や海溝があり西海岸では、人気の好漁場となっています。
2016.4.2_Tyouka-001
今回の釣果

40cmのイサキ1枚。(キープしてお持ち帰り)
2016.4.2_Tyouka-002
青ブダイ(通称:アオブ~)以前は、シャブシャブでいただいていましたが、近年食中毒で死亡者が出たとのことで、「食べると危険な魚種の一つとなってしまいました」。(>_<)。

写真から推定すると、50cm位ジャン~!?
2016.4.2_Tyouka-003
※ ヘダイは、棚を浅く釣ろうが?深く釣ろうが?まったくお構なしに、当ってきたとのこと。

何匹釣ったか?覚えとるやと聞いたら少なくても8枚以上、10枚位じゃなかったかな~とのこと。

サイズは全て、43・44cmを最低線に最大は、50UPだったとのこと。

付け餌は、オキアミ生・ボイル・マルQのスーパーハードを持参したが、オキアミ生がダントツに良かったとのこと。
◇ その他の釣り人(小ヶ瀬)

お隣の本瀬の方は、正体不明のバラシが数回!他はやはり、ヘダイが入れ食いでした。

南のカブリのお2人は、イサキを3枚。あとはやはり、ヘダイが入れ食いだったとのこと。
◇ その他の釣り人(地磯)

ビシャゴのハナレに上がられた方だけが、30cmほどのクロを釣られていました。

その他の磯(瀬)では、全てチヌだらけで1人当り数枚の釣果が出ていました。
※ 荒川船長によると、昨年のクロは5月の連休辺りから喰い始めたので、今年もあまり変わらないだろうとのこと。
Kuro_FB-002
3月20日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
 
2016.3.20-001
 
2016.3.20-002
 
2016.3.20-003
 
2016.3.20-004
 
2016.320-005
 
2016.3.20-006
 
 
2016.3.20-007
 
2016.3.20-008
 
2016.3.20-009
 
2016.3.20-010
 
2016.3.20-011
 
2016.3.20-012
 
2016.3.20-013
 
釣果は

クロ : 40cmUP ~ 35cm : 3枚 ・ チヌ : 45cm と 39cm : 各 1枚・ カワハギ 1・ バリ 1・ サンノジ 2
◇ 奥村氏の釣果(ハジキ瀬):45cm前後のチヌ4枚と、手の平クラスのクロ17枚。
◇ 吊屋氏の釣果(内黒瀬) :45cmのクロ1枚と、50cm前後のチヌ2枚と、アオリイカ。
◇ その他の釣り人

大ヶ瀬一帯・小ヶ瀬一帯・各地磯一帯共に、クロ釣りは全滅でした!

クロを釣ったのは、僕と!吊屋氏のみでした。

※ 黒瀬A・B周りは依然大人気で、「英光丸」のお客さんと「あさひ丸」のお客さんが、船上でジャンケンを行い荒川さんのお客さんが負けたので、1人しか降りられなかったそうです。
でもクロは、釣れてない!
◇ 船長がもう時期、尾長が入って来るけん!また、来てな~ぁ~と言われていました。
Kuro_FB-001
3月13日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコっちゃん~釣れたね~(※1)?と、何時もの口調で連絡をいただきました。
(甲高な声:釣れたな!)

今回は、天草市・大江町のビシャゴのカブリに瀬上りました。

渡船 :英光丸 :荒川 船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円

イヤー今日は、最高に良かったですよ。

※1 私とヒロさんは、2人で「ウキウキ釣りクラブ」の例会に参加しました。
bisyago_no_kaburi_2016.3.13_hedai
 
bisyago_no_kaburi_2016.3.13_izusumi
 
bisyago_no_kaburi_2016.3.13_sanozi
 
bisyago_no_kaburi_2016.3.13_tinu
 
bisyago_no_kaburi_2016.3.13_watariguro
 
釣果

クロは、45cmを筆頭に40UPを3枚 ・ 40~35cmを5枚 ・ 以下 7枚をキープ。

その他、サンノジ ・ バリ ・ ヘダイ ・ イズスミの 40UPと、チヌ1枚の爆釣でした。

しかし、午前10時頃から午後2時頃まで、フグの猛攻に合い心が折れそうになりました。
◇ 吊屋氏は

小ヶ瀬の「平瀬」と、「本瀬(瀬替り)」へ釣行され2キロUPの「ヘダイ6枚」を筆頭に、「カンダイ1枚」・「キジハタ 45cm1枚」・「コロダイ」などを爆釣されたとのこと。

※ 「平瀬」と「本瀬(瀬替り)」の状況は、ほとんど変わらなかったとのこと。
◇ その他の釣り人

今回は何故か?「内黒瀬」から「黒瀬一帯」への釣行希望者が、多かったが残念ながら皆さんボーズだったとのこと。

※ クロが、産卵期(ノッ込み)に突入したため、釣れなくなったと推測されます。
Kuro_FB-001
2月28日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
今日は、何所か?の釣り大会が行われていたので、一般客は午前10時からの瀬上りでした。

(大会の釣果は、不明)あさひ丸さんも借り出されていました。

午前中は、大江港を出て直ぐの「ヒキウス瀬」に上りましたが?生命反応がありませんでした。
utigurese_2016.2.28-001
次に、吊屋氏と2人で内黒瀬へ瀬替りしましたが、午前中は「熊日釣りタイム」の取材が行われていたとのこと。

釣果は不明ですが、「熊日釣りタイム 3/24発売のNo,450・2016 Vol. 19-6」の3ページに、記事が紹介されていましたので、ご確認ください。
utigurose_2016.2.28-002
 
utigurose_2016.2.28_madai
 
utigurose_2016.2.28_tinu
釣果は、マダイ : 51cm : 1枚 ・ チヌ : 50cm~ : 2枚 ・ ほか
◇ その他の釣り人(大会参加者以外の方々)

大ヶ瀬の「九衛門」で、50cmUPが2枚。 「サルワタリ」で、50cmUPが1枚。

小ヶ瀬の「袖」で、55.?cmが1枚。 「本瀬の中」で、54cmが1枚。
Kuro_FB-002
1月31日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
今日の黒瀬Bは、夕まずめまでフグ地獄でしたが時間が経つに連れ、クロの当りが出始めました。
kurose_B_2016.1.31-001 kurose_B_2016.1.31-002
Kurose_Itai-002
kurose_B_2016.1.31-003 kurose_B_2016.1.31-004
渡船 :英光丸 :荒川 船長が回収にやってきました。
kurose_B_2016.1.31-005
最大は、尾長んお40cmを筆頭に30cmまでを4枚。

以下は、手の平までを5枚(鈎を飲んだ2枚をキープ)
◇ その他の釣り人

◇ 吊屋氏さんの釣果

ハジキに上り、午後3時頃までフグに弄ばれたが30分の休憩後、まず、遠投でクロ48cmを上げた。

その後は、足元のサラシの中を道糸4号・ハリス4号・鈎8号で、クロとチヌが入れ食いになったとのこと。(クーラー満タン)
◇ 高瀬のハナレで地元の方(高浜の人)が、47cm~30cmまでを14枚。
   (内、40cmUPの尾長3枚含むの爆釣)

◇ 内黒瀬に上がられた常連さん2人は、15時には帰って行かれた。
   (恐らく両者、クーラー満タンと推測)

◇ 他のお客さん達もボーズはなかったようでした。

◇ 朝一番で、フィッシングJJの大会かなにかで?マイクロバス2台が来ていました。

   一般客は2便から出船した上、大会組みは回収が早く釣果は不明です。
Kuro_FB-001
1月24日
釣り友の米屋氏より、大雪情報を頂きました。
2016.1.24_ooyuki-001 2016.1.24_ooyuki-002
この風変わりな『雪だるま』は、アナと雪の女王のオラフだそうです。内の娘と、息子が作りました。
こんにちは、村上です。

この日、我が家がある熊本市中央区でも厚さ 5cmのレンガが、隠れるほどの雪が積もりました。
Kuro_FB-001
1月11日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコッちゃん!今日!やっぱ行ってきたばいと、功高の声で電話をもらいました。
(釣れたな!と、予感しました)

ドケ乗ったっや~?と伺うと、1.サルワタリ ・ 2.地の平 ・ 3.地の平のカブリに、乗ったばい!と

2回も瀬替わりを行ったそうです。
Bisyabo_no_Kaburi_B-A00
最初は、サルワタリに降りたばってん!

木っ端グロとフグの猛攻に会い、10時前に荒川船長から様子伺いの電話があり、瀬替わりを決断したとのこと。
 
荒川さんが、大ヶ瀬に船を向けたのでヤッタ!と、思っていたら1人回収して港の方へ走りだした?

結局、10時半頃「地の平瀬」に降ろされました。

「地の平瀬」の周りには、木端グロがウジャウジャ居ましたが仕掛けを入れると、立て続けに 38cm~37cm のクロを5枚ゲットしました。

時間が過ぎる毎に、型が良くなるかと思いきや?38cmを越えるサイズはきませんでした。(>_<)。
 
最後は、15時半を廻った頃に「地の平瀬のカブリ」に、瀬替わりしました。

こちらも「地の平瀬」の周り同様、木端グロがウジャウジャ居ましたが、やはり入れると 38cm~37cm のクロが顔を見せてくれました。

その後、ちょうど16時を廻った頃から 47cm クラスを立て続けに3枚釣上げたのですが、ドジ踏んで1枚活しバッカンに入れよったら手が滑り、海中へ飛び込んで行きました。(>_<)。
zinohirase_no_hanare_2016.1.11-004 「地の平瀬のカブリ」は、大潮の日の最干潮の前後2~3時間しか乗れないところです。

また、午前中は波化があったので乗れませんでした。

今回の仕掛けは、道糸2号・ハリスも2号・鈎は5号でした。

棚は、2ヒロから始めて最終的には1ヒロで、良型のクロがガンガン食い上げてきました。

餌取りはと云うと、木端グロのほか25cmUPのカワハギが2枚、バリが4枚でした。


◇その他の釣り人(荒川船長より)

黒瀬周辺は、尾長(最大43cm)が沢山釣れていたとのこと。

沖磯も今回は、ボーズの人は居なかったそうです。

※ 地磯側のクロは、全体的に痩せていたそうです。

渡りグロが、入ったばかりでこれから栄養を付け産卵準備に入ってゆくものと、推測します。

何月頃が、ノッコミ?だろうか?
 
 
zinohirase_no_hanare_2016.1.11-005
こいつは、46.5cmでしたが重量は測っていません!
zinohirase_no_hanare_2016.1.11-006
こっちが今日一番の47.5cmでしたが、重量は 1.4kg と痩せていました。
釣果は、クロ :47.5cm~ :20枚 カワハギ :27cm:2枚

スミマセン、あまりにもキツカッタのでクーラーの蓋を開いた写真を撮りそこないました。m(..)m
Kuro_FB-002
1月3日
釣り友の米屋氏より、釣り情報をいただきました。
英光丸で「ビシャゴのカブリ」に行ってきました。

今日は、朝からチョコットは良かったばってん! その後は、大時化になったばってん!
おもしろかったと連絡をもらいました。

道糸2号・ハリス2号・鈎5~6号・オキアミ生・棚は、1.5~2ヒロでそれ以上深く入れたら全く当りは、ありませんでした。

沖に浮きグレを発見したので、超遠投して待っていたらド~ンと!当りが来て、今日一番の42cmをゲットしました。
Bisyabo_no_Kaburi_B-A00
ビシャゴ一帯の全景画像
Bisyago_no_Kaburi_B03
衛星写真の画像を元に上の画像を作成しました。 が、実際と異なる部分も多々あると思いますが、ご了承ください。
Bisyago_no_Kaburi_B01
衛星画像では、見え辛い沈み瀬などを画像解析で浮き上がらせて、隠れた沈みを探してゆきます。

ピンク色に見える部分が、海上に顔をだした瀬(磯)になります。

オレンジ色の濃い部分が深い沈み瀬だと推測されます。
bisyago_no_kaburi_2016.1.3-001 bisyago_no_kaburi_2016.1.3-002
沖合に見えるのは、小ヶ瀬です。 左上の瀬は、ビシャゴのハナレです。
(補足画像) 
◇その他の釣り人

地磯は、大江港付近の内黒瀬・平瀬・クロバエ・ハジキは大人気で、空いてる瀬はありませんでした。

今日の小ヶ瀬は、青物の大フィーバーで上物仕掛けで、釣る人で3本。

クロの当りは、全くなかったとのこと。

※ 荒川船長の話ではこの時期の沖磯は状況にバラツキがあるとのこと。
bisyago_no_kaburi_2016.1.3-003
釣果は、クロ :43~34cm :15枚 バリ :3枚 上の写真は、大きいヤツだけです。
Kuro_FB-001
2015年
12月29日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコッちゃん!さっきから電話ば、しよるばってん? 何んしよっと? もう家に着くバイ!と、連絡をもらいました。

今日も時化とって、沖には出れず黒瀬の裏の「高瀬」でした。

昨日、弟が言よったばってん! ほんなこつ! 太かつは居らん!

今日の最大サイズは36cmで、残りはすべて35cm~足裏でした。
Takase_itai
(補足画像) 黒瀬周り同様、沈み瀬が多いのでクロ群れが沖から入れば、良い住処になるだろう。
◇その他の釣り人

周りの瀬は、まったく釣れていませんでした。
釣果は、クロ :36~30cm :6枚 クロ :30cm~ :10数枚
Kuro_FB-002
12月27日
釣り友の米屋氏の弟さんより、釣り情報を頂きました。
今日の英光丸さんのお客は約30人で2便に分けて瀬上りしました。

僕は「黒瀬B」に上りました。

午前中は、尾長とクロが交互に釣れましたが午後からは、シマアジが入ってきたのか良形が4枚釣れ嬉しかったです。

あとは、30~足裏ほどの木端が沢山釣れました。
kurose_itai-001
(補足画像) 黒瀬周りには、沈み瀬が多くクロの隠れ家になっています。
◇その他の釣り人

周りの瀬も状況は同様でした。

朝一で、ハジキで大きいクロが上ったと船長から伺いました。
釣果は、クロ :40cm~ :5枚 シマアジ :45cm~ :4枚
Kuro_FB-001
12月20日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコッちゃん!昨日も行ってきたばいと、佐世保の帰りに連絡をもらいました。

ちょっと待て、今!運転中(佐世保の帰り)で、メモでけんけん!後にしてと、伝えましたが?(村上)

メモするほどでは、なかったけんと?低い声。 (了解!釣れんだったと予感しました)

今日は、大ヶ瀬の「長瀬」しか空いていなかったので、「長瀬」に上りましたが、風向きと、潮の流れが反対で苦戦しました。
Oogase_itai-000
(補足画像) 「長瀬」は、大ヶ瀬(この一角の総称)の右下の3つの瀬の真ん中にある細長い瀬です。
T-305-500-001 T-305-500-002
(001) 向こう側に見える瀬は、馬瀬の突端です。 (002) 私の釣り座を後方から見ています。
ウキを水面下に沈めて、風をかわして仕掛けを張り流して行くと、ウキが5cmほど横滑りするので?もしかしたらと思い合わせを入れると、ヒットはするものの右へ走られライン切れ。(>_<)。

その後、何度かウキがジワーット沈む当りがあり、合わせてみたらバリでした。

およそ1時間に1回の割合で、何か?正体不明の巨大魚が当り、右へ走られチモトから30~50cm上が、瀬ズレで切られてしまいました。

あとで、友人の吊屋氏に状況を説明すると、あ~ぁ長瀬の右側に沈み瀬があり、毎回痛い目に会うので右へ走らせないように注意してくださいと言われたとのこと。
Oogasa_nagase-002
(補足画像) 私も何度か、上ったことがありますがウロウロするには、幅が狭く危険です。

今回の釣り座のみが、平なスペースと言えます。 水色の斜線の問題の沈み瀬です。
T-305-500-003 T-305-500-004
(003) 釣り座から大ヶ瀬の本瀬を見ています。 (004) 英光丸さんが、お迎えにやってきました。
道糸2.75号・ハリス2.5号・鈎は5号・棚は、2ヒロ。
渡船 :英光丸 :荒川 船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818

料金:5,000円
◇その他の釣り人

戸渡り1番・2番と、北の瀬が釣れてました。
釣果は、バリ :40cm~ :3枚 全てリリースしました。
Kuro_FB-002
12月13日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコッちゃん!一昨日は、風邪がまだ治らんばってん行ってきたばいと、功高の声で電話をもらいました。(釣れたな!と、予感しました)

朝一で、また、黒瀬Bに上ったばってん?

何所に投げても? 棚を変えても? 仕掛けを変えても? 上ってくるのは?木端グロ(手の平)ばっかで、呆れたばい!

おまけに、竿まで折って!頭にきたけん!写真撮っとば、忘れたばってん良かろ~う。

午前11時の見周りの際、何時もなら船長が「今日は何所も空いとらんけん、移るとこは無かバイ」と云うところですが、すんなり瀬替わりが叶いました。

行った先は、ハジキ瀬でした。
ハジキ瀬は、だいたいこの時期釣れんとばってん!

まぁ良いかと思いながら撒き餌を打ち釣を再開しましたが、5連発でフグが釣れたので、何時もの如く1時間半ほど昼寝をしました。

目を覚まし、昼飯を食べてからぼちぼち釣を始めたのは、午後2時を廻った頃でした。
しかし、こちらも黒瀬Bと相変わらず? 釣れるのは、木端グロ(手の平)ばかりで、心が折れそうになりました。

木端や外の餌取りを交わしながら釣をしていると、荒川船長からの電話で「帰りは、2便で良かろう?」と言われたので、良かよ!そっで!と返事をしました。

※ 帰りの2便だと、午後5時半までは釣りができます。

その電話の後、午後4時半頃足元に打つ撒き餌の下の方に、大型のクロが泳いでいるのを発見したので、沖釣から瀬際狙い切り替えて棚を3ピロに、設定して仕掛けを投入すると1投目に、35cmのクロが上ってきました。(4時40分頃)

ここからほぼ、5分置きに1枚掛ける感じで釣果を伸ばして行きました。(入れ食い状態でした)

仕掛けは、0(ゼロ)号ウキに道糸2.5号、ハリスも2.5号、鈎は、5号で掛けたらタモ網を使わず全て、ブリ上げしました。

※ タモ入れの時間がもったいないし、足元で釣るっけん!タモば、見せようゴッなかたい!
今回、僕が持参した撒き餌は次の通りです。

マルキュー「V9お徳用」に、ムギ1杯とオキアミ1.5角。 付け餌は、オキアミ1/8角です。

オイ! パン粉は、入れんとや?と聞くと(村上)、入れたら撒き餌が余るけん要らんと!返事が帰ってきました。

※ また僕は、一切加工餌は使いません! 生のオキアミが、一番良かと思います。

※ 上記の「撒き餌」と「付け餌」と、自分の朝・昼2食分の食糧と飲み物と渡船代で、合計8,500円あればオツリが来るけんとも言ってました。

今度行く時は、オキアミを2角とボイルを少量持って行こうと、思います。年内に、行けたらばってん!

あっそうそう、ハジキ瀬の船着き場(ポイント)の写真だけは撮影したけん!

あとで、メール入れとくねー。
Haziki_Se_2015.12.13
釣果は、クロ:40UP×2枚~30cmまでを13枚(合計15枚)
あと、周りの状況ばってん!

黒瀬Aに見える範囲でけでも大江向きに2人・羊角湾と沖向きに4人乗っとったばってん!上りよったのは、黒瀬Bと同じく木端ばかりでした。(午後3時の便で帰ったらしい?)

※ 今シーズンの黒瀬周りは、オカシイと思います! 例年なら半月前の釣果位は、釣れるけん?

あと、今は小ヶ瀬周りには太かクロは居らんごたる? 大ヶ瀬周りや高浜寄りの地磯側に移動しとるばってん!水温が下がり温度が安定してくると、また、大江周辺へと群れが下がってくるけん年明けからが、良かと思います。
Kuro_FB-001
12月6日
釣り友の米屋氏の友人の「ニックネーム…クレーン車こと、吊屋氏」より釣り情報をいただきました。
(吊屋氏も大江の渡船:英光丸の常連さんです)

※ 大ヶ瀬一帯のクロの型がUPした分、小ヶ瀬一帯のクロのサイズが落ちれきたとのこと。
九ヱ門(クエモン)瀬に、上がられた2人の釣り客からの情報です。

仕掛けは、4号の道糸・4号のハリス・グレ鈎8号・ウキは2Bに同じく2Bのガン玉を使用して、棚は2ヒロだったとか。

この仕掛けで、釣果の外に10回のバラシがあったとのこと。

ポイントは、潮と潮がぶつかる壁や潮がよれた部分などをダイレクトに攻めて入ったとのこと。
釣果は、クロ:50cmUP:8枚と、以下~ 30cmまでを10枚。(2人で、合計18枚)
北の瀬には、3人の釣り客が上がられたそうです。

高浜向きで釣をされた方がこの日最大の53cmを残りのお2人が、50cmUPを各2枚づつ。
釣果は、クロ:50cmUPを3人で5枚です。
Kuro_FB-002
11月29日
釣り友の米屋氏と、大江港で出会い今日は沖磯へ行くと伺いました。
私達(北野氏と村上)ビシャゴの元瀬を米屋氏に薦められて、そこを希望しました。
米屋氏の釣果は、イサキ:43cm×1匹のみでした。

※ とにかく青物が多くて、掛けては切れ!掛けては切れ!の連続でした。(>_<)。
Kuro_FB-001
11月15日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコッちゃん!今日は、疲れた~と?低い声で電話をもらいましたが。

※ 今回、軍ヶ浦の旭(あさひ)丸さんが、エンジン不調で、出船できないため旭丸さんのお客さんが大江へ流れて来たため、釣り場が無く苦労しました。

※ 最近、ビシャゴ周りが好調で何所も定員いっぱいの様子でした。

荒川船長から乗る所が無かぞ!と言われ仕方なく黒瀬AとBの間に上り、一日中波シブキを浴びながら頑張りました。
Kuro_Se_A_2015.11.15
釣果は、尾長:43cm×2枚と、クロ:40cm~以下が10枚以上です。
Kuro_FB-002
10月12日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコちゃん!また、宮田港に行ってきたばってん釣れんかったと?低い声で、電話をもらいました。

明方、ミズイカ(アオリイカ)を2杯。

クロは、手の平クラスがほぼ、入れ食い状態ですが?太かっは、おらん。(>_<)。

カワハギ手の平が1枚でした。

あ~ 宮田港は、まだ!釣れ~~ん。(>_<)。 昼頃まで、頑張って粘ったばってん、釣れんかった。

そのあと、雨が降り出し!風が出て来たので、帰りました。

周りの人達も、同じような釣果でした。
Miyata_kou_2015.10.12-001
写真Ⅰ
Miyata_kou_2015.10.12-002
写真Ⅱ
釣果は、クロ : 23cm ~ : 多数 ・ アオリイカ : 2杯 ・カワハギ : 1枚でした。
Kuro_FB-001
10月03日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・大江町・ 瀬:コシキ瀬

渡船 :英光丸 :荒川 船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
まこっちゃん!ごめ~ん!
一昨日、釣りに行ったばってん!あまりにも眠くて帰りに宇土マリーナで寝てしまった。

家に帰ってから風呂に入って上がってきたら全ての調理が終わっていたので、魚の写真は無かばってん!タイギャニャ釣れた♪ と、仕事中に電話を掛けてきてくださりました。
(普通の人は、真似しないでくださりね♪)
KOSIKI_SE-101 KOSIKI_SE-102
コシキ瀬のポイントを大ヶ瀬バックに撮影 珍しいオコゼが釣れたので撮影
今回、石モノの釣果は、0です!

餌と撒き餌は、前回と同じモノ(中国虫以外)同じ量を持参しましたが!?とにかく、当たりが多くて午後2時には、全ての餌と撒き餌が無くなってしまいました。(泣)

置き竿でも、手持ちでも、石モノ特有の3段引きはあるもののその後が続きませんでした(泣)
残った時間を利用して、ハタゲームを行いますました♪

竿は、エギングロッドで、リーダーは、4号~5号を使用しました。 ジグヘッドは、5g・10g・15g・20g と試してみましたが、5~15g では軽る過ぎて、底取りができなかった(泣)

最終的には、21g が最高でした♪ ワームは、レッド系のMサイズが一番当たりがありました。
釣り方は、適当にワームを振り込み着水後数回大きくシャクリを行った後、底へ沈める(ホールさせる)と直ぐに、トントン?(何ぬ?)と前当たりがあり、続きの瞬間、根目掛けて突っ走って行きます!!

コチラも瞬時に合わせを入れて竿を立てゴリ巻きで、応戦するも根に逃げ込まれました(泣)

4号リーダーでもなかなか切れることはありませんので、強引に綱引きをすると40弱くは、何とか引き摺り出せますが、今回5号を飛ばす大物も2回ありました(泣)

一番釣れたのが、30弱くで、ほぼ入れ食いでした♪
まこっちゃんに、写真んばと思い思い当たりがアルケン手が放せず釣果写真は無かばってん!釣れたよ♪面白かった~!また、行こうと思います♪
ここで、ワンポイント?アドバイス!
ワームは、最低デモ3袋持参してください(泣)

中国虫は、前回、瞬殺だったので使えないと思います(泣)
条件的には、下げ潮が好かったですね~!

沈み(シモリ)瀬が見えはじめると、沈みの左右に投げ込みば!百発百中で当たってきました♪
まこっちゃんも早よ、写真展ば止めて釣りに行ったが良かばいたと言われました…(>_<)

私の個展(第9回アメリカ海軍艦船写真展)も残すところあと、6日です!これも私の楽しみの一つですからなかなか止められることでは、ございません♪
釣果は、40アップの赤ハタ4匹、ペットボトル級のオコゼ1匹、30弱くの赤ハタは、何匹釣ったか判らん位釣れた♪

5号のリーダーを切った奴の引きは、ものスゴカたけん!!50センチはあったと思います♪
その他の磯の状況は、小ヶ瀬でベテランの方が、尾長の40弱くを10枚と同サイズのイサキを数枚釣られていました♪

最後に、私の隣の瀬に居た人が!あた良かな~ぁ♪ たいギャナ釣られたど~と、羨ましがられていました♪

皆さんも今がラストチャンスと、頑張ってください♪
Kuro_FB-002
9月21日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・大江町・ 瀬:コシキ瀬

渡船 :英光丸 :荒川 船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
マコちゃん!今日は、キチィー!と帰る途中の車内からお電話をいただきました。

今日は、石物に初挑戦しました。

仕掛けは、本を読んで学習しました。村上会長経緯由で、紫藤氏の釣り方等を教わりました。
餌などを Y釣具STのT氏にご相談したところ以下の物を準備すれば、万全と教わりました。

撒き餌、箱入り 1,200円(中身は不明?)
ガンガゼ 6,000円分を河浦釣具で購入。
塩漬けの赤貝1袋と、中国虫100グラムを購入。
等などで、総額2万円ほどが飛んで行きました。
ishigakidai-001
前日近所のグランドで、胴軸リールの投げ練習を行いました。(バックラッシュに泣く)何とか扱える様になりました。あとは、磯に上り実戦あるのみなのです。

英光丸で、コシキ瀬に上り戦闘開始。

当たりは一投毎にあったのですが、なかなか喰い込むところまで至らず?合わせのタイミングが、判らず?苦戦しました。

◇ 赤貝は、使い物にならなかった(泣)

◇ 中国虫も瞬殺(泣)

◇ 撒き餌は、利いてたのでは?と推測します?

◇ ガンガゼの反応が、一番良かったです♪

※ 結論を云うと、ガンガゼ以外は必要ありませんでした(泣)

クロ釣りみたいに、誘ってみたら仕掛けを引っ手繰る感時で、竿に乗ってきました。

◇ この戦法で、石垣鯛を何とか2枚ものにしました♪
kosiki_se-t-001 kosiki_se-t-002
(001)の右奥に見えるのは、小ヶ瀬です。

小ヶ瀬は、「底物」・「上物」・「カゴ釣り」・「ルアー」など、オールマイティな釣りができるA級磯です。
ishigakidai-002
初めて釣った、イシガキダイ(石垣鯛)です。
isigakidai-003
中国虫で釣れた、大きな「本カワハギ}です。
ishigakidai-004
釣果は、石垣鯛 :38cm~ :2枚・アカハタ・カワハギ
今回の竿頭はバクチ瀬で「石鯛と石垣鯛」が、沢山上がっていました。

昨日は、黒瀬のカブリで3キロ半の石鯛が上がったそうです♪

何故か?この時期に、地グロの大物が上がっていました。

最大は、49cmほどが上がっていました♪
尾長は 40cm弱がほとんどです♪

最も釣れていたのが「小ヶ瀬」で、バリ10枚に対してクロ1枚の割合だったとか♪棚は、1ヒロ。

※ 2ヒロ入れると、バリダラケだったそうです。

※  石物は、地磯側で、上物が沖磯でした♪
帰りは、18時に大江を出て有料道路を経由して、宇土松原交差点まで、何と4時間半?もかかってしまい?自宅到着まで合わせて5時間(泣)
(事故か?何か?あっとった?だろか?)
Kuro_FB-001
9月12日~13日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
上天草市・龍ヶ岳町・ 樋島の護岸(堤防)
マコちゃん!昨日は、樋島の瀬戸へ夜釣りに行ってきたばい!と。

この一帯では、マダイは最大3kg・イサキは最大35cm・クロは最大37cmが、「フカセ釣り」や「カゴ釣り」で上がっているそうです。

「フカセ釣り」の場合は、竿2~3本先を棚1本半で流します。

道糸3号・ハリス2号・チヌ鈎2号・餌は中国虫を1匹掛けです。

今回は左記の釣果の他、2回の大物と思われるバラシがありました。(ハリスが、ザラザラ底根が?)
 - - - - - - - -
周りの釣り人の状況は、隣の隣の人が1キロ級のマダイを上げていました。

お隣さんは先週、クロ37cmを筆頭に30UPを8枚上げたそうです。

「カゴ釣り」の方々は、瀬戸の中央部辺りまで遠投して棚は、3本で「イサキ」を狙っているとのことで。

最大35cmまでを数匹釣り上げていました。

各者とも餌は、中国虫の1匹掛けです。

一晩100グラムあれば、十分だそうです。

今回一番竿が曲がっていたのは、中央より少し左側辺りだったとのこと。

上げ下げ関係なく?右流れに武があったとのこと。
釣果は、クロ :32cm :3枚  アジ :28cm :1匹

餌は、中国虫70g・ 撒き餌なし
Kuro_FB-002
9月9日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・倉岳町・ 宮田港(埋立地)・ 堤防
マコちゃん!また、宮田港に行ってきたばってん釣れんかったと?低い声で、電話をもらいました。

朝から暫くは、チヌ(メイタサイズ)が立続けにポンポンポンと当り、そのあと、大きなボラが釣れたので、今日~は良かばいと!思っていたら?

近くで工事用の重機が地響きを挙げ、動き出すと途端に魚の反応が悪くなりました。

それでも木端グロだけは、食欲旺盛でほぼ入れ食いでしたが、持って帰りか迷うほど小さいのばかりでした。(>_<)。

※ 工事現場の看板には、工事期間9月30日までと書かれていたので、もう、今月は行かない方が良いですよと、申していました。

他の釣り人は、大型マダイや投げ釣りでBIGサイズのキスを上げてたそうです。(重機が動く前)
釣果は、メイタ :30cm前後 :4枚  ボラ:2本
Kuro_FB-002
8月11日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
上天草市・龍ヶ岳町・ 樋島・下樋川港
マコちゃん!今回は、嫁と2人でアジゴ釣りに出掛けました。

仕事が終わってから出掛けたので、既に潮が引き最干潮を迎えていて、あまり釣る時間だありませんでしたが、およそ2時間で 150匹をGETしました。

ここにもタコが居るか試してみたくなりやってみたら頭の大きさが、軟球クラスを3匹と小さいのを2匹釣りましたが、おチビはリリースしました。
釣果は、アジゴ :10cm前後 :150匹  マダコ :軟球 :3匹

※ ボールや卵と云った表現は、タコの頭のサイズを示しています。
Kuro_FB-001
8月2日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
上天草市一帯の堤防
マコちゃん!またまた、タコ釣りに行ってきたばい。

今回は、今年最大級の1.8キロを筆頭に7匹をゲットしました。

※ ボールや卵と云った表現は「マダコ」の頭のサイズを示しています。

最初に、宮田港まで足を運び戻りながら大道・隣・樋島・姫戸・鳩の釜港を釣り歩きました。

何故か?樋島と姫戸港にはマダコが?居ませんでした。

おるなら俺に、釣れないはずがないので~?
釣果は、マダコ: メロン:1匹・ ソフトボール:1匹・ 軟球:5匹

※ ボールや卵と云った表現は、タコの頭のサイズを示しています。
Kuro_FB-002
7月24日~25日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
上天草市~天草市一帯の堤防
マコちゃん!今回は台風12号が来る前に「マダコ釣り]に行ってきたばい。

ばってん、暑くて!ギブアックです。

※ ボールや卵と云った表現は「マダコ」の頭のサイズを示しています。

1.通詞島にて、軟球が1匹。

2.富岡港では、ボーズ。

3.鬼池港では、卵が1匹。

4.宮田港では、ソフトボールが3匹・軟球が1匹・卵が1匹。(計5匹)

5.大道港では、軟球が2匹。

6.大道港の隣の樋島より小さい堤防では、ソフトボールが1匹・軟球が1匹・卵が1匹。(計4匹)

7.樋島港、赤桟橋では、軟球が5匹。

8.鳩の釜港では、ソフトボールが1匹。

※ 不知火海の海水の色は「まっ青」でした。

あ~疲れた~ぁ、あ~寝むか~ぁ、ばってん!
また、行きます!
釣果は、マダコ: ソフトボール :5匹・ 軟球:10匹・ 卵:2匹・ 合計:17匹

※ ボールや卵と云った表現は、タコの頭のサイズを示しています。
Kuro_FB-001
7月5日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
上天草市・龍ヶ岳町・樋島:岸壁(堤防)
マコちゃん!また、宮田港に行ってきたばってん雷雨で、午前中で止め帰りに樋島に寄り道して土産ば、釣ってきたけん貰いにおいでと連絡をいただきました。

富合の釣具のポイントで、待ち合わせを行い「チヌ/1枚」と、「クロ/3枚」をいただきました。

周りの釣り人は(朝から来ていた?)足裏サイズをクーラー満タンだったそうです。
釣果は、クロ :30~15cm :10枚・ チヌ :42cm :1枚
Kuro_FB-002
6月6日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・倉岳町・ 宮田港(埋立地)の堤防
マコちゃん!また、宮田港に行ってきたばい。

今日は、強風でたいぎゃな苦戦したばってん!18時過ぎまで粘って、何とか30cmのクロをGETしました。
釣果は、クロ :30cm~ :9枚
Kuro_FB-001
5月23日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・倉岳町・ 宮田港(埋立地)の堤防
マコちゃん!また、宮田港に行ってきたばい。

昨日飲み会で呑み過ぎて、昼頃宮田港に到着すると先客が3人いらっしゃいました。

仕方なく堤防の中程に、陣取り釣を始めると(泣)どんどん潮が引き、干潮を向かえました。

やがて潮が満ち始めると、撒き餌に木っ端グロ(手の平まで)と、豆アジがウジャウジャ(泣)

しかし、その下に大型のクロが見えたので、釣棚を迷わず竿1本半に設定しました。

釣り方は、竿0.8号・道糸1.25号・ハリス1号を1.5ヒロ・クロ鈎4号。

最初は、ハリスを0.8号にしてみたら切られまくって轟沈(泣)。

ハリスを1.2号に上げてみましたが、何度か流してみて、1号でも好いかと1号にしました。
釣果は、クロ :32.5cm~ :5枚  チヌ :45cm :1枚
Kuro_FB-002
4月18日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコっちゃん!宮田港に行ったバッテンまだ、クロはいません!(小さい)です。

チヌ釣りの人ばっかりです。(平均50~40cmを2~3枚)

米屋の釣果は「ベラ2匹と、ガラカブ1匹、エソのデカイヤツ1匹、メバル20㎝位2匹でした。

また、2・3時間しか釣りが出来なかった。
釣果は、メバル・ ほか
Kuro_FB-001
4月12日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・大江・高浜一帯


英光丸 : 荒川船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
マコっちゃん!写真展なんかしとる場合ジャなかバイ!

地磯周りの瀬に、尾長が着きバラシの連続ですが今回は、こん前習るた●●結びで直結からのブチ切れも解消されたバッテン、相手が強か~ぁ!

尾長のほか、クロもまぁまぁのサイズがあがりよるバイ!

早よ!行てきなっせ!

但し、普段のお客の数の2倍は居るけん!平日に行ったがよかかもよ。
釣果:尾長 :43cm :1枚 ほか多数
Kuro_FB-002
3月28日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
マコっちゃん!釣りには行っとらんばってん、後輩ほかからの情報です。

大江・高浜一帯は、尾長がウジャウジャ入ってきているようです。

沖磯は、どこも釣れていない模様。地寄りの磯が高調のようです。

バクチでは、大型尾長の乱舞が見えたそうです。
Kuro_FB-001
3月22日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・大江・瀬:黒瀬A

渡船は、英光丸 : 荒川船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
マコっちゃん!最強の直結むすびの方法教えて~と、電話をいただきました。

何んか?判らんバッテン!?直結部分からブツブツ切られて太かっは、まったく取れんかった!
 
 
 
 
釣果は、尾長 :38~35cm :5枚
Kuro_FB-002
3月8日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・大江瀬:ビシャゴのハナレ

渡船は、英光丸 : 荒川船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
マコっちゃん!大江でクロがまた、釣れ始めたバイ!と連絡をいただきました。

米屋の友人の「吊屋氏」から大江が、上向いていると連絡をもらい行ってきたとのこと。

但し、沖磯は全滅だったそうです。

特に釣れているのが、港近くの「クロバエ」一帯でクーラー満タンの釣り客が殆どだったそうです。

その他「ハジキ」も良かったそうです。
 
 
釣果は、尾長 :41cm~ :1枚・クロ :42cm~ :12枚
Kuro_FB-001
2月1日
釣り友の村上氏と2人で、天草市・大江・瀬:クロ瀬Bへ釣行しました。
渡船は、大江の英光丸 : 荒川船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
昨年10月の堤防釣りに引き続き、釣り友の米屋氏と2人で、大江へ出掛けました。

瀬上り後、撒き餌及び仕掛けを作り夜明けを待ち東の空が、オレンジ色に染まるころ戦闘開始。

クロ瀬側へ流れる下げ潮の中から最初に、魚心を捉えたのは私でした。

朝マズメの薄暗い時間に、この日最大のクロ:38cmと37cmをGETしました。

辺りが明るくなってから納竿までは、小長(尾長の子)が次々と2人の竿を曲げましたが、そのサイズは満足のゆくサイズではございませんでした。
 
釣果は2人で、クロの足裏~16cmまでを30枚ほど。
Kuro_FB-002
1月25日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市 ・ 大江町 ・ 瀬 : タカ瀬のハナレ → 地平のハナレ

崎津湾 : ?潮 満潮 00:00 干潮 00:00 日入 00:00

渡船 : 英光丸 : 荒川 船長 ・ TEL : 0969-42-5933 ・ TEL : 090-1518-7818 ・ 料金:5,000円
マコっちゃん!今日は、釣り友の奥村氏と2人で大江に釣行しました。

最初に上ったのは「タカ瀬のハナレ」ですが、何の当りもなく午後を迎えてしまいました。

※ タカ瀬のハナレは、とにかく足場が悪く2度と上りたくないところでした。

13時過ぎ荒川さんが、瀬替わりせんかとやってきたので、瀬替りを即断して移動しました。

次に瀬上りしたのは「地平のハナレ」で、今度は先程とは海の状況が違い第一投目から46cmの良形がヒットしてきました。

それから納竿まで、2人とも交互に面白いように竿を曲げ、終わった頃には2人とも腕がパンパンでした。
今回の仕掛けと付け餌

「地平のハナレ」の周りは、底根が荒く細仕掛けでは良形がヒットした場合、とても取れないため道糸2.5号・ハリス2.5号・鈎6号にて、強引なやりとりでクロを抜き上げました。

棚は、1ヒロチョイ(+20cm / 約2m)でした。

付け餌は、山本釣具の「付け餌兼用オキアミ・ML」を購入して使用しました。
釣果 :クロ : 45cm ~ : 11枚(米屋氏) / クロ : 47cm ~ : 10枚(奥村氏)

自宅へ戻り、捌いてみたら全てのクロが、オス♂でした。

その上、全てのクロの白子がパンパン状態だったそうですので、「ノッコミ」が近いと推測します。
その他の情報

友人の堀口氏は、ハジキ瀬横の「無名瀬」に釣行して、スカリに我々と同サイズを約10枚ほどをキープしていました。
Kuro_FB-001
1月12日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市 ・ 大江町 ・ 堤防

崎津湾 : ?潮 満潮 00:00 干潮 00:00 日入 00:00
マコっちゃん!今日は、磯は大時化だったけん!大江の堤防に行ったら地元の人が、シマアジば釣りよったけん一緒に並んで釣りました。

ポイントは、外向きで約竿2本先で棚は、2.5ヒロ。 付け餌は、沖アミの生・撒き餌は、クロ用でよか。

シマアジのほか、チヌ1枚とコッパグロ1枚でした。

時化とる時は、堤防も行ってみる価値がありますよとアドバイスをいただきました。
釣果 : シマアジ : 40cm前後 : 10枚
Kuro_FB-002
1月04日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市 ・ 大江町 ・ 黒瀬B

崎津湾 : ?潮 満潮 00:00 干潮 00:00 日入 00:00

渡船 :英光丸 :荒川 船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
マコっちゃん!釣り始めで今日も入れ食いですと14時50分頃、途中経過の釣果写真時のメールが届きました。

我々が軍ヶ浦港を出て走行中の車内(西山氏の車)から米屋氏に、最終釣果確認を行うとあの後も入れ食いが続き、クーラー満タン!フタが閉まらん!と自慢話が始まった。

では、私がクーラーのフタが閉まるごつ何枚かもらって帰ると伝え、ポイント富合店の駐車場で待っていると我々の到着からおよそ20分後戻ってきました。

クーラーの中には大小の尾長(茶グレ)がぎっしり詰まっていました。(5枚いただきました)
釣果 : クロ : 43cm ~ : 26枚
 
2014年
Kuro_FB-001
12月07日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・大江町・黒瀬B

崎津湾 : 大潮 満潮 19:53 干潮 14:09 日入 17:15

渡船 :英光丸 :荒川 船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
マコっちゃん! 今年初の冬磯行ってきました。

天草在住の友人から午前9時半に、「渡船が出ていますよ」と電話をもらい!それから大江へ出掛けました。

午後1時頃大江港に到着して、英光丸に乗り込むと「黒瀬B」しか空いとらんばいと言われたので、よかよそこでと1時半頃、瀬上りしました。
Kurose_B_2014.12.7-001
さつそく撒き餌と仕掛けを作り、第一投目を投入するといきなりウキにわずかな当りがありましたが、その当りがめちゃくちゃ渋くウキが視界から消え、糸走りを待って合わせを入れると本日待望のクロが上ってきました。(第一投目で39.5cmをGETしました)

それから回収までの約3時間半で、数投毎に形は5ミリ~10ミリ単位で小さくなるものの、ほぼ入れ食い状態でした。
Kurose_B_2014.12.7-002
あとから考えてみると、瀬上りしたとき磯の上に撒き餌が散らばっていたので、先客がいたと判りました。

一投目からこの日最大の尾長が当ってきたのは、その方の撒き餌がそうとう利いていたのではと推測します。
釣果 尾長39.5~30cm・13枚 クロ(口太グレ)37・35cm・2枚 クロ:手の平2枚 バリ(アイゴ)1枚

※ 餌取りのコッパグロの姿は、まったく見えませんでした。
Kuro_FB-002
11月09日
釣り友の米屋氏のご友人のピアスさんより釣り情報をいただきました。
上天草市・龍ヶ岳町・唐網代(かろじろ)・堤防

池ノ浦 : 大潮・満潮 10:03 干潮 15:58・日出/入 6:42/17:23
カロジロの堤防に着くと、中央より少し沖側のスペースが空いていました。

そこで釣りを始めると、初っぱなから35センチのクロがヒットしました。(棚は、竿1本半でした)

しかし、その後はコッパグロとバリゴの猛攻に遇い遭えなく轟沈。
釣果 クロ:35cm~:数枚
Kuro_FB-001
11月07日~08日
釣り友の米屋氏より釣り情報をいただきました。
天草市・倉岳町・浜田港(埋立地)・堤防
マコっちゃんまた、宮田港に行ってきたばい。

今日の流れは、左右にフラフラしたり手前に押し寄せたりで、良く釣れた流れは右流れでした。

今回の棚は、竿1本でハリス1.5ヒロのノーガン(ガン玉無し)が、一番釣れました。
釣果 クロ:28~23cm・10枚 ボラ 1本 バリ 1枚 カワハギ 1枚 ほか12匹
Kuro_FB-002
11月03日
釣り友の米屋氏より釣り情報をいただきました。
天草市・倉岳町・浜田港(埋立地)・堤防(テトラ周り)

池ノ浦 : 若潮・満潮 5:39/18:00 干潮 11:49・日出/入 6:37/17:27
マコっちゃんまた、宮田港に嵐の中行ってしまった。 (娘と…)

午前8時半自宅を出て、11時~約30分間クロの入れ食いを2人で堪能しましたが、暫くすると強風が吹き始めて投げたウキが、直ぐに堤防際に吹き寄せられた。

そこで「クロ釣りなんて出来ない」と、2人でカワハギ釣りをしました。

餌は、もちろん「山本オリジナル海老の切身」と、クロ釣り用で買ったキスゴ虫。

2人で!15㎝前後を15匹、20㎝前後が4匹。 魚の写真とりわすれて、刺身になりました。

ポイントはテトラ周りに撒き餌をすると、何処からともなくカワハギちゃんがよって来て釣れました。

釣り方は、磯竿に堤防用カワハギ仕掛けを付けての脈釣りです。

クロの棚は、竿1本半と1ヒロででした。1ヒロの差でクロの形が大きく違うことが判明しました。

じゃーまた、行ってきます。 (11.4追加報告をいただきました)
釣果 カワハギ:20cm・4枚 カワハギ:15cm・15枚

クロ:手の平・入れ食い ヘダイ:30cm・1枚 バリ
Kuro_FB-001
10月25日
釣り友の米屋氏より始めての石鯛釣り情報をいただきました。
天草市・大江 英光丸 : 荒川船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:?円
お疲れさまです。 大江の後輩の石鯛情報です。 ニックネーム…クレーン車(吊屋)でお願いします。

本石 … 60㎝ 1枚 ・ イシガキ … 1㎏ 前後 3枚

荒川さんのホームページに近いうち乗るそうです。

餌…ガンガゼ(60個×80円) 撒き餌無し

知り合いから古い石鯛セットをいただき、教本片手に釣りに出掛けポイントも判らず、磯を散策していたらピトンのクサビを見つけそこへタックルをセットしたら上記の釣果が、上げられたとのこと。
釣果 石鯛:60cm・1枚
Kuro_FB-002
10月24日~25日
8月のマダコ釣りに引き続き、釣り友の米屋氏と2人で、堤防釣行に出掛けました。
天草市・倉岳町・浜田港(埋立地)・堤防


池ノ浦 : 大潮 満潮 21:12・9:51 干潮 3:30・15:50 日出/入 6:29/17:36
目的は、夜釣りでの烏賊(イカ)とアジ・昼釣りで、クロとチヌ(メイタ)などを狙ってみようと。

米屋はクロの31.5cmと30.5cmを頭に15枚程と、30クラスのチヌ(メイタ)を4枚とイカ(アオリと甲)を各6パイ・カワハギ3枚。

私は、中アジ(18cm)約30匹と、30クラスのチヌ(メイタ)1枚と、クロ23cm以下15枚程。

周りでは、真鯛・クロ・チヌ・キスなどの大物が、バンバンあがっていました。

始めて行った堤防で、あれだけ釣れたら文句なしだと考えます。

トイレ・自販機・コンビニも近くにありとっても便利でした。

※ 夜間堤防の外側の外灯の影の部分には、1mに迫る!スズキの群れが乱舞していました。

内側の影には、50cm級のハクラ(スズキ)が小魚を狙って潜んでいました。
釣果 クロ:31.5~30.5cm・2枚 ほか
Kuro_FB-001
10月30日
釣り友の米屋氏より釣り情報をいただきました。
天草市・倉岳町・浜田港(埋立地)・堤防

池ノ浦 : 中潮 満潮 10:17 干潮 16:17 日出/入 6:19/18:45
マコっちゃん弟に、今日の釣果を自慢しようと電話を入れたらあっちの方が、太かった。(>_<)

その他、弟からの情報だけど夜釣りでアジの泳がせで70クラスのスズキが、上っているそうです。

ウキ釣りで、棚は2ヒロで投げ込んどくと、ド~ンと持って行くとのこと。

前回は、70と60を各1本づつ上げたそうです。
釣果 クロ:28cm~・50枚
Kuro_FB-002
10月30日
釣り友の米屋氏より釣り情報をいただきました。
上天草市・龍ヶ岳町・唐網代(かろじろ)・堤防

池ノ浦 : 中潮 満潮 10:17 干潮 16:17 日出/入 6:19/18:45
マコっちゃん今日、カロジロに行ってきたばい!と電話をもらいました。

今日は、ラッキーなことに紫藤氏と隣合わせの釣り座が取れ色々教えてもらいましたが、紫藤氏のサイズを上回るクロを釣ることはできんかった。(>_<)

※ 潮の流れで、棚を竿2本~1.5本間を頻繁に変更するのがコツらしいです。

マダコは、まぁまぁのサイズが3つ釣れたけど一番太かっはバラシた!

最初は、ロープか!?何んか?引っ掛かったかなと思ったけど、足先だけが針に残っとた!(残念)

紫藤氏から太刀魚2匹をいただいたうえ、仕掛けの見本も貰ったので、次回は太刀魚にも挑戦してみます。
釣果 クロ:25cm~・50枚 マダコ・3匹
Kuro_FB-001
8月31日
釣り友の米屋氏より釣り情報をいただきました。
上天草市・龍ヶ岳町・唐網代(かろじろ)・堤防

池ノ浦 : 小潮 満潮 12:21 干潮 6:07 日出/入 5:52/18:45
マコっちゃん今日、カロジロに行ってきたばい!と。

僕は、行くのが遅かったので真ん中の少し手前しか空いていなかったので、そこで釣りましたがやっぱり手前には、太かっがおらんね~。

先端に近ずくほど、釣果が良く!最も釣った人で30cm越え10枚を含み30枚ほど。

先端部に居た人は、何か判らんけど?凄~く流して40cm近い奴を上げていましたよ!

たぶん「熊日・釣りタイム」の取材の人が来ていたので、後日紹介されると思うけど。

※ 餌取は、25cmほどのバリ子で、アジゴは居ませんでしたよ。
釣果 クロ:25cm~・10枚
Kuro_FB-002
8月22日~23日
釣り友の米屋氏に、3年掛かりで堤防でのマダコ釣の指南お願いしてようやく夢が叶いました。
上天草市・天草市・一帯の堤防(防波堤)・夜釣りのマダコ

詳しくは、詳細ページをご覧ください。
19:20自宅発~7時半ごろ帰宅。

上天草市~天草市に至る各、堤防(防波堤)5ヶ所を回り「夜のマダコ釣り」を伝授して、いただきました。

※ 残念ながら堤防の名称と釣り方(仕掛け)は、米屋氏より超極秘と告げられていますので、ご紹介できませんのでご了承ください。

マダコの堤防釣りに関しましては、ポイント富合店の紫氏もかなり詳しいので一度尋ねると参考になりますよ。(私も色々相談していますので)

私の釣果は中~小6匹でしたが、米屋氏の釣果は同型を10匹でした。

※ 水面などでのバラシがなければ、2人合わせて25匹は上げられたのではと、反省しています。

※ 米屋氏曰く!今回は、豪雨続きで海水が濁っていたため釣果が伸びなかったが、晴天が続いていれば2つ堤防を廻れば50匹も夢では無いそうです。
釣果 (村上)マダコ:750g~110g・6匹 米屋氏は、同型を10匹
Kuro_FB-001
7月07日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
上天草市・姫戸~龍ヶ岳一帯・夜釣り
今回は、私もお誘いをいただいたのですが、佐世保の外人バーで呑んでたもので、行けませんでした。

数日後、電話をいただき「姫戸港」→「東風留泊地」→「樋野島港」と回りマダコを3匹GETされたそうです。

何れの海も梅雨のお陰で、かなり濁りが入っているそうですが、タコはいるようですね。

5匹当たってきたが、バラシテしまったそうです。 梅雨明けに、期待が連なりますね。

次回は、是非誘ってくださいね!26-27以外で4649お願いいたします。
釣果 マダコ:頭の大きさが軟球ほど・3匹
Kuro_FB-002
6月01日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。

マコっちゃん! 今日は、アツかった~ぁ! 今日は、どけ行ったと思う!

山本さんに、教えてもらった地磯に行ってきました。 松島の水族館裏側の地磯ですよ。 
Maezima-001
(001) この風景には、少し見覚えがあるような気がします。

およそ、25年程前!山本氏と行ったことのある山本氏の親父さんが、昔よく通われていたポイントの風景によく似ています。
Maezima-000
(000) 私の記憶が確かなら赤い矢印で示す、突端部だと思うのですが何せ?25年程前に、一度しか行ったことがありませんので、定かではありませんが!?

P(駐車スペース)から海岸線を約100メートル程、歩いた気がします。

航空写真にある浮き桟橋は、無かった気がしますが?(よく覚えていません)
Maezima-002
(002) 午後2時頃から釣り始めて、6時半まで約4時間半頑張りましたが今回の釣果は、クロ23cm~20cmを4枚のみでした。

三角港に於ける満潮時刻は、AM 10:36 干潮 PM 17:05 日入 PM 19:21 中潮
Maezima-003
(003) 行き掛けの道で、道路を横断しているカメを発見しましたので、踏まないようにまたいで通り写真だけ撮影しました。

マコっちゃん!なら? これ! 何ガメか? 判っど!?

ハイ!\(^o^)/ このカメは、夜市などでよく売られている「ミドリガメ」ですよ。(推定5歳)

天草のこんな島にも「ミドリガメ」が、生息しているとは驚きですが私がまだ小さい頃(45年以上前)松島のある旅館の池に「ウミガメ」と「クサガメ」が、一緒に泳いでいたことを覚えていますので、「ミドリガメ」が居てもおかしくはありません。

上天草市松島町合津(前島)は、昔から無人島ではありませんし大きな堤(ため池)も2つ存在していますので、カメ達にとっては良い住処になっていても何の不思議もありません。

※ この手の外来種の生物には、注意が必要です!

日本古来のカメ達の内「すっぽん」はよく噛みつくので危険ですが、それ以外の「イシガメ」・「クサガメ」・「ハコガメ」などは、殆ど人に危害を与えることはありません。

しかし「ミドリガメ」や「噛みつきガメ」などは、とても危険です。 不用意に口先に、指を差し出すと噛まれて怪我をする羽目になりますのいで、ご注意ください。
Kuro_FB-001
4月26日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
上天草市・龍ヶ岳町・樋島・赤灯台・横の堤防

池ノ浦 : 中潮 満潮 6:36 干潮 6:18・12:51 日出/入 5:37/18:56
今年初の堤防釣りに行ってきましたが、チヌ一色でした。

撒き餌を投入しると、何百と云うコッパクロが湧きその中の最大級を3枚のみキープしました。

沖には、30cm吸のクロが見えるものの何をやっても無反応でした。

他の方もキスゴ虫を試されていましたが、こちらも反応無いそうでした。

堤防には、私を含め5人いましたがチヌを1人平均3~2枚ですので堤防全体では、10枚以上は釣れていました。

その他、下桶川港の堤防から帰る方が様子みに立ち寄られ話を伺うと、一番奥の堤防でマダイが上ったとのこと。

こちらも30cm級のクロが見えるものの釣れなかったそうです。

米屋氏の詳細ページをご覧ください。(工事中)
釣果 チヌ:40~35cm・3枚 クロ:手平・3枚
Kuro_FB-002
3月08日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・大江・クロバエ→黒瀬B

英光丸 : 荒川船長
 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
今日は、マジ!ボーズだと思いましたが、との切り出しで、電話をいただきました。

詳しくは、米屋のページをご参照ください。 (工事中・写真待ち)
釣果 クロ(尾長含):38~35cm・6枚 チヌ:cm・3枚 ほか
Kuro_FB-001
2月22日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・大江・ビシャゴの元瀬

英光丸 : 荒川船長
 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
今回は気合いを入れて一番船で行ってきました。
朝から14時頃まで、北からの強風で釣にならず只々耐えるのみの忍耐の時間が流れました。

15時頃ようやく風向きが変わり、大江港方向に流れる下げ潮の潮目で、4大物を掛けたが敢えなく針が外れ痛恨のバラシ(>_<。)針は、5号でした。

小腹がへり、パンを食べながら流していたらこれまで味わったことのない程の大物を掛けたが、ちょっとしたすきに根に潜られまたもバラシてしまいました。(>_<。)

ほかの瀬の状況は、大江港周りのヒキウス・ハジキ瀬・内黒瀬などは、殆どの釣客がクーラー満タンでした。

※ お腹の黒い渡りグロが、入って来たようです!

詳しい状況は、米屋氏のページをご参照ください。(工事中)
釣果 クロ:25cm・4枚
Kuro_FB-002
2月20日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。
天草市・牛深町・堤防・夜釣り
牛深漁港~後浜一帯の堤防で、大型のアジが上っているそうです。

一般的な釣り方は、遠投カゴ釣でポイント次第では45cmの大アジが上ったとか。

その他、ワームとキャロ(水中ウキみたいな)アイテムを使った釣り方も好調だそうです。

キャロは、私も使用したことがございますが、重さや長さの違うものを数種準備しておくと、深棚から浅棚まで使い分けができ、斜めに沈むため誘い効果もあるようです。

着底させると、回収できないこともありますので、注意が必要なアイテムでもあります。(高いし!)

※ いずれも遠投し、ボトム(底近く)を狙うと大型が釣れるようです。

その他、詳しい情報は地元の釣具店へお問い合わせください。

岡山釣具店 : TEL 0967-73-4349 フィッシングフカガワ : TEL 0969-72-2029
釣果 アジ:45~15cm・20匹
Kuro_FB-001
1月13日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。

マコっちゃん! 昨日は、キツかった~ぁ! 2回も瀬替りしたっばい!(どけ?乗ったと?)

最初が、黒瀬崎前のタカ瀬から3つばかり三角瀬よりの「無名瀬」で第一投目と第三投目で40cm級のチヌを2枚GETした後は、20cmほどのフグの猛襲にあいあえなく轟沈!

次に、「内黒瀬」に移りスグ回収になり最後は、「コシキ沖の瀬」に瀬上がりしました。

あっ! 最初の「無名瀬」の写真を撮り損ないました。m(_ _)m 同行は、同僚のT氏です。

渡船 :英光丸 :荒川 船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円
2014.1.13_komeya-001
(001) この写真は、内黒瀬の沖向きのようすです。

写真中央の赤いバッカンの先に見える水色のサラシに、撒き餌を撒いて竿を握っておにぎりを食べていたら何かが、ヒットしました。

ヒット寸前の状況が分かりますか! 

その時ウキは空中にあり、餌が付いた針が水面を漂っている状況だったとおもいます。
これが、暖かい時期であれば絶対的に金魚がヒットするとこですが!
2014.1.13_komeya-002
(001) その時釣れた、40cmのこのチヌが内黒瀬の第一投目?で上がったヤツです。

クロ釣りにきてからチヌなんて、縁起でもない! 頭にきたけん、うしてました。
20104.1.13_Komeya-003
(001) この写真は、内黒瀬から黒瀬方向を撮影しました。

写真を撮影した直後、また! 回収になりました。
20104.1.13_Komeya-004
(001) コシキ沖の瀬へ瀬替りして、また、数投目に、40cm超えのチヌがヒットしました。

結局この日は私だけで40cm級のチヌ4枚を上げましたが、全ていらないのでリリースしました。

その後、納竿までにポッリポッリと何とか30cm前後のクロを7枚GETしましたが、今回は、納得のいかない釣行となってしまいました。

ちなみに、同行のT氏の釣果もチヌ1枚と30cm前後のクロを3枚キープして帰りました。

2人で、チヌ5枚とわ最悪だーぁ! クロの型も小さいし? 堪りません!
20104.1.13-Komeya-001
(001) 今回の釣果です。 サイズは、42cm~32cmでした。

今日は、どこん瀬でんチヌが上がっとたですよ。ヽ(`Д´)ノ

村上さん今度、私を牛深へ連れて行ってください。
Kuro_FB-002
1月3日
釣り友の米屋氏より、初釣り情報を頂きました。

明けましておめでとう御座います。

今日は、まんまり釣れんかった~? 明日メールで、写真を送るバッテン!ガッカリせんでね~と連絡をいただきました。

今回のポイントは、天草市・大江・ビシャゴの元瀬

今日は潮ん太かけん、地磯側特に大江港周辺の瀬に武があったようです。

※ 沖磯は、あまり芳しくなかったそうです。

※ ボーズの方も何名かいらっしゃったようですが、話を聞いてみると皆さん棚が、深すぎるようです。
2014.1.3_Bisyago_no_motoze-001
ビシャゴのハナレに、瀬着け中の英光丸さん右はビシャゴのカブリです。
2014.1.3_Bisyago_no_motoze-002
左端の瀬は、ビシャゴのカブリです。 写真中央の遠景は、小ヶ瀬です。
2014.1.3_Bisyago_no_motoze-003
釣果:クロ :44~37cm :6枚( メス♀:4枚・ オス♂:2枚 ) この写真は、午後1時頃の状態です。
Oe_Bisyago_Syuhen
米屋氏へお年玉

西平椿公園の一角から750mmの超望遠レンズで撮影した写真をプレゼントします。(2013.3撮影)

毎回、嬉しい情報をありがとうございます。

オレンジのラインで、縁どられた島はボスザルです!(私が、勝手に呼んでいるだけですが)
Kuro_FB-002
2013年
12月29日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。

おはようございます。速報です。

釣友の T 氏達より11時半現在、下田港の左側の堤防の内向き(川向き)で、40センチ級のクロ2枚を上げたそうです。

川の流心を狙って、投げれば当たりがあるそうです。

今日は背後からの風で、天気も良く暖かいそうですので彼ら3人は、夕マズメまで釣るそうです。

また、続報がきたら連絡します。

その後 T 氏より訂正のお電話をいただきました。

下田の堤防ではなく、リハビリテーション下の地磯へ親戚と、出掛けました。

40cm級のクロを昼までに、3枚ゲットしたのち私はルアーで青物を狙いましたが不発。

クロ釣は、親戚に任せていましたがバラシがけっこうあり、釣果は伸びませんでした。

何度か、ウネリが瀬を駆け上り始めたので安全のため、大江の堤防へ移動しましたが釣れるのは、足裏以下ばかりでした。

15時頃には、寒くてたまらないのでタマズメを待たずして、退却しました。

年が明けたらまた、行ってきます。

来年も宜しくお願いいたします。
Tunoda_2013.12.29_Simoda
Kuro_FB-001
12月08日
釣り友の米屋氏より、またもや爆釣情報をいただきました。

瀬上り後、向かい風が強くなかなか仕掛けが、入りませんでした。

攻略パターンが、掴めないまま午前中を無駄にしました。

昼食後、ようやく戦法を思いつき実践してみたところほぼ入れ食い状態になりました。

※ 今回は、風対策と軽い仕掛けがカギでした。(道糸 1.7号 ・ ハリス 1.5号 ・ ノーガン玉)

棚は 1.5~2ヒロ以内で深くすると、イズスミとバリがヒットしました。

撒き餌は、沖アミ生×2角・アミノX/R×2袋・パン粉2キロ。付け餌は、沖アミ生のみ。

沖アミ生は、山本釣具センター(宇土店)訳あり品1角650円を使用(正規品は、850円・900円・950円)


天草市 ・ 大江町沖 ・ ビシャゴのハナレ

渡船 :英光丸 :荒川 船長 TEL:0969-42-5933 TEL:090-1518-7818 料金:5,000円

米屋氏の釣果 : クロ : 35~30cm : 20枚 (キープ)

その他の釣果 : イスズミ 6枚 ・ ボラ 3本 ・ バリ 3枚 ・ チヌ 1枚 (全てリリース)
komeya_12.08-001
ビシャゴのハナレから沖向きを撮影、遠景は大ヶ瀬です。
komeya_12.08-002
今回の最大サイズのクロです。
komeya_12.08-003
今回の釣果です。
英光丸さんのブログによると、50cm越えのクロやヒラマサが上っています。

米屋氏曰く、牛深のとある堤防では「7キロ級のブリ」や「70~60cm級のヒラメ」があがっているらしいが、活き餌の確保が難しいらしい。(カマス)
Kuro_FB-001
11月14日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。

マコっちゃん!牛深の堤防で、「5キロ級のブリ」が釣れよってですよと、連絡をもらいました。

まず、堤防に着いたらワーム等で群れているカマスを数匹釣り、そのカマスを餌にブリを狙うそうです。

竿は、大物用ルアー竿や(磯竿)に5000番以上の大型リールにPE2~3号(ナイロン10号)を巻いたものを使用する。

ハリスは、10号・鈎は、ヒラス用の18号・棚は、約3ヒロのフカセ釣りで狙います。

上手な人でも3~4本掛けて、取りこめるのは1本程だそうです。

※ アジゴは、見向きもしないらしい!

場所は、釣果欄を検索してみてください。

友人が釣り揚げた、カンパチの写真が何所かにあると思います。(ブリじゃないけど)

天草市・牛深町の堤防

紹介者の釣果 : ブリ : 80cm : 1本
Kuro_FB-001
11月09日
釣り友の米屋氏より、釣り情報を頂きました。

何時もの如く、朝食を自宅で済ませ何所へ行くとも場所も決めずにぶらりと出かけました。

とある堤防に、立ち寄ってみたら早朝からきたと云う数名の先客が、大爆釣!していました。

一番釣っていた人は、33~32cmのメイタが2枚・30~23cmのクロを数十枚スカリに泳がせていました。

二番目の人は、20L程のクーラーに25cm程のクロを半分位まで入れたうえに、活かしバッカンの中にも30cm程のクロが、同数枚泳いでいました。

そこで、その近くで釣らせてもらうと左記の釣果(キープのみ)に恵まれた。

手の平以下は、入れ食いでした。


上天草市・龍ヶ岳町・樋島・赤灯台横の堤防

池ノ浦 : 小潮・満潮 12:57・干潮 6:18・18:54・日出/入 6:42/17:23

クロ : 30~24cm :12枚 ・ メバル : 24・23cm : 2枚
komeya_11.09-001
堤防のほぼ中央部から先端方向を撮影、左奥の橋は樋島大橋です。
komeya_11.09-002
堤防のほぼ中央部から灯台方向を撮影、この辺で釣りました。
komeya_11.09-003 komeya_11.09-004
Hinosima_Akatoudai
今回の釣果。
※ 昨夜、同堤防でマダイ狙いにきていた方が、大物を掛け竿ごと海へ引き込まれ洛水。
身の危険を感じたため、竿から手を離すと竿は暗闇の海中へ没したらしい。

午前中、海上保安庁の実況見分が行われたそうで、一番釣果を上げられた方が洛水者を救助されたらしいと米屋氏から伺った。

あの海域は、何が掛かるか判らないので無理は禁物です。

私は、昔、樋島の橋の下で一坪ほどの巨大な飛びエイを掛けたことがありますが、あのサイズで足場が悪るければ私も海に落ちたかも。

一坪は大げさかも知れませんが、マジ!軽トラックの荷台より遥かにデカカッタですよ。
(Team磯太郎:村上)
Kuro_FB-001
10月27日
釣り友の米屋氏より、またもや釣り情報をいただきました。

何時もの如く、朝食を自宅で済ませ宮田港を目指しました。

途中、唐網代に行こうかとも考えましたが、人が多そうなので宮田港へと車を走らせました。

10時頃宮田港の堤防に到着すると、先客が2人いてフカセ釣りでクロを狙っていらっしゃいました。

既に、スカリが入っており良型のクロが、数枚とメイタの30cm程が納まっていました。
(クロは、朝夕まずめどきが期待できる・棚は深め・ウキは、3B位・エサは、沖アミの生)

そこで私は、堤防の先端部に陣取りクロ釣りを始めるとあたってくるのは、木葉(コッパ)グロと時折手の平サイズがあたる程度でした。 全てリリースしました。
(エサは、沖アミの生・ボイル・キスゴ虫を持参)

棚を下げて行くと、あたってくるのはチャリコ(子鯛)ばかりでした。

暫くすると地元の方が、カワハギ釣りにおみえになり堤防際で手の平大を2時間程で、20枚程釣られていました。(仕掛けは、市販のカワハギ用でオモリは10~8号とかなり重目でした)

アジゴは、18~15cm程が。 沖では、ナブラが起ち青物がに追われるのか、アジゴが跳ねまわっていた。

夕方過ぎからアオリイカをエギで狙いましたが、釣果なし。 暫くすると地元のオジサンが、甲イカ釣りに現れ頭が手の平位のを数枚あげた。 私も真似してみましたが、全長が手の平位しかこなかった。

とにかく堤防釣りは面白いので、是非!村上さんもチャレンジしてみてください。と進められました。
Kuro_FB-001
8月10日
堤防でマダコ入れ食い! 嫁と2人で、大小合わせて25匹。

残念ながら場所(上天草市内・夜釣り)は、内緒・写真も無しです。
Kuro_FB-001
7月21日
堤防でマダコ入れ食い! 嫁と2人で、大小合わせて18匹。

残念ながら場所(上天草市内・夜釣り)は、内緒・写真も無しです。
Kuro_FB-001
5月2日
釣り友の米屋氏より、またもや釣り情報をいただきました。

お気に入りの大江に出掛け、海の状況を伺うと風が強くウネリがあっあため、ビジャゴのハナレが釣れると判断したそうです。

瀬上り直後から仕掛けの準備を行いながら約30分間、撒き餌を行い釣りをスタート。

第1投目から38cmのクロがあたり、2投目はウキがモゾモゾ?、3投目に推定45cmあると思われる大物を掛けたが、張り根に潜られ痛恨のバラシ。

その後も何度か大物をバラシたとのこと。 暫くすると、風とウネリが大きくなり午前10時ごろ、内黒瀬へ瀬替りしたとのこと。
2013.5.2
内黒瀬へ瀬替りしてからも、大物のバラシがありその後42cmのチヌと、30cm前後のクロと、35cm前後のバリを4枚追加したとのこと。

餌取の多くが、手の平代の木葉グロだったそうです。

ハリスは、朝夕まずめ時は1.7号を使用して昼間は、1.5号を使用した。

棚は、3ヒロ(竿1本+α)。 付け餌は、沖アミ生とボイルを持参したとのこと。

沖アミの生は、瞬殺(一瞬)でなくなった。

ボイルは、あたりは取り辛いが瞬殺されないので、良く釣れたとアドバイスをいただいた。
( ヒント : クルクル ・ 回転釣法に似た、仕掛けで釣れば好い!)

※ とにかく、あたりが渋い(居食いしている)ので、仕掛けに一味工夫が必要です。

大江一帯の状況

最大は、45cmほどのクロの外、チヌも数多くあがっていたとのこと。 バリは、少なくなったもようです。
渡船は、英光丸 : 荒川船長 ・ 連絡先 : 090-1518-7818 ・ 料金 : 5,000円
>゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡
4月 仕事が忙しく? 釣行できなかったとか。
Kuro_FB-001
3月3日
釣り友の米屋氏より、またもや釣り情報をいただきました。

同僚達と3人で大江へ行き、ビシャゴの本瀬とカブリに、分れて瀬上りました。
bisyago_motoze
何故か今日は?クロが、全く釣れなかった!?
bisyago_kaburi
何所へ投げても? 棚を替えても? あたってくるのは、バリばかりでした???
bisyago_hanare
クロが釣れないので、辺りの瀬を紹介いたします。
bisyago_saruwatari
文章 英光丸さんの情報によると、3/6クロが上った瀬があるとのこと。
Kuro_FB-001
2月23日
釣り友の米屋氏より、またもや爆釣情報をいただきました。

同僚のT氏と2人で、大江へ行ってきました。

2人で、40~30cmのクロを30Lのクーラー満タンでした。

※ クロが、代わった!

先々週まで上っていたクロは、お腹が白かったが今回のクロはお腹までまっ黒です。

産卵は終わったのか、卵や白子は入っていませんでした。
kurose_B-001
写真中央の三角形の瀬が、前回上ったタカ瀬です。 ポイントは、黒瀬Bとの水道です。

中央付近の沈み瀬の手間へを流すこと。
kurose_B-002
こちらの写真は、黒瀬Bの釣り座です。

この日は、時化のわりに海水が澄み竿1本程の棚に、クロの姿が確認できました。

潮の流れが不安定で、右へいったり?左へいったり?とフラフラしていました。

仕掛けは、ウキ0号・ハリス1.75号・鈎5号・ハリスにガン玉・生オキアミ・棚は、2.5ヒロ~竿1本。

おかしいのは、何故か?左へ流れると竿1本で、40~30cmのバリがあたる。

右へ流れると、クロが入れ食い。 30cm以下のクロは、何枚リリースしたのか覚えていません。

今回の釣果の内、1/3は尾長でした。 当りは、ウキがスパーァンと気持ちが良いくらいに入りました。

少し張り気味にしていたため、恐らく仕掛けは1.5ヒロほどしか入っていなかった思います。
kurose_B-003
写真中央は、黒瀬です。 すみません!釣果の写真撮るのを忘れていました。m(-.-)m

米屋氏は、昨年末から爆釣続きで大江は絶好調のようですよ!

読者の皆さまも頑張って釣行して、釣り情報をお知らせください。
渡船 : 英光丸 : 荒川船長 TEL 0969-42-5933 携帯 090-1518-7818  料金:5,000円でした。
Kuro_FB-001
2月10日
釣り友の米屋氏より、釣り情報をいただきました。

今回は、1人で朝一番の船に乗船してポーター役を務め、最後に黒瀬の横にある高瀬(時化時のポイント)に、降ろしてもらいました。

ポイントは、正面の黒瀬との水道で足元から竿2本先(約10m先)に、潮目があり潮目の先であたりがありました。

この日の大江は、牛深で断られた釣り客が流れてきて、こんなところに降りっとや!と思うようなところまで、満員御礼でした。(港前のヒキウスにも人が居たそうです)
takase-001
高瀬(タカセ)には、初めて上りました。 通常は、港から出て右側の瀬にしか上りません。

時化などで、上るところが無い場合は港をでて左側へ行くことは、ありますが好んで行くことはありません。 そういう場合に、正面の黒瀬にはたまに上ります。

今回の仕掛けは、ライン(道糸)1.85号・ウキは、0号・ハリスは、1.7号を3m・鈎は、4号・ウキ下3.5m(2ヒロ)の半誘導仕掛けです。(ハリスには、ガン玉なし)
takase-002
釣果は、午前中に武があり満潮までにクロ7枚と、チヌ1枚を釣り上げました。

1人で早朝から磯の上にいて眠くてたまらないので、10時半ごろから12時40分まで仮眠を取り、午後1時過ぎ釣りを再開しました。
takase-003
午後からクロ2枚と、チヌ1枚を追加しました。

本日の釣果

クロは、最大47cm~35cmを合計9枚。 チヌは、最大42cmともう1枚は40cmほどの2枚でした。
aminoXnoriG 最近の米屋氏は、ダイワのアミノXシリーズに嵌まっているそうです。

まァこれは昨年末、私がアミノX遠投(ピンク色)を紹介してからのことですが。

私の場合、人から紹介されてそれでクロが釣れれば、迷うことなくその撒き餌を使い続けます。

しかし、米屋氏は、色々試して最終的に評価を出すようです。

米屋氏によると、釣り上げたクロのお腹を割ったら沢山の撒き餌を食べていた(青のりグリーンを含む)ので、この撒き餌には集魚効果があると判断します。
※ 大江・高浜のクロの産卵が終わった?!

米屋氏によると、今回のクロの内臓には白子や真子が全く入っていなかったと云う?

先週のは、まだまだ小さかったのに?何で?と驚きを隠せない様子でした。

沖側の瀬では、殆ど釣果が出ておらず帰りの船では、口々に今期のクロは終わったと、呟きが聞こえたとのこと。
Kuro_FB-001
2月3日
釣り友の米屋兄弟より、釣り情報をいただきました。

牛深から帰る途中、電話も貰った。

電話に出た途端、いきなり歓喜の声で大はしゃぎしていた。

おっ!これは、大物を上げた!か?大爆釣!か?を予感させる様子でした。

天草市大江町沖のビシャゴの本瀬&カブリへ上ったそうです。

今回は、珍しく?まじめに?朝一番で出船し、ビシャゴの本瀬へ2人で瀬上りし、午後3時カブリの人が帰ると云うので兄が、1人でカブリへ移動。

最近の大江・高浜は、かなり食い渋ぶっていると別の釣り友達から聞いていました。

米屋兄弟も事前情報として、荒川船長から食い渋ぶりが酷く状況が、掴めないと言われたらしい。
bisyago_2013.2.3-001
写真は、ビシャゴの本瀬とカブリを入れたツーショットです。 遠方に、見えているのは小ヶ瀬です。

左手前で釣りをしているのは、米屋(弟)の○○ちゃんです。(元、同僚です)

この日は、食い渋ぶりがどうとか云う問題ではなく、全く流れなかったそうです。

ヘチ釣りを得意とする米屋(兄)は、ハリス1.7号・鈎は、㋱ハヤブサ・鬼掛グレ・沈め探りグレ・5号に、秘密の付け餌をセットしてクロを狙う。

2人が大江へ通い詰めるのには訳がある、それは釣れない時程瀬の周り、海底の様子を手に取る様に知り尽くしているからこそ、誰よりも魚が釣れると云う自信がそうさせていると、推測します。

現に、周りの瀬では全く竿が曲がっていないと云う状況の中、兄は瀬替わりまでに40cm級を3枚。
弟は、回収までに同クラスを3枚釣り上げています。
bisyago_2013.2.3-002
午後3時、ビシャゴのカブリの釣り客が帰るとのことで、兄が1人で移動。

しかし、こちらも本瀬同様全く潮が動かなかった。

本命のポイントへピンポイントで仕掛けを投入し、撒き餌をウキに打ち被せ続けた。 2回~5回。

必ず!チャンスは、やって来る!と 『 願いを込めて 』 ひたすら撒き餌を打ち続けた。

そうして最後に天は、『 願い人 』にチャンスを与えた。

ベテランの皆さまは、すでに体験されご承知の事と存じますが、魚が釣れる・釣れた・釣れないとは、度の様なことが考えられるでしょうか。

1.魚が、瀬や堤防の周りに全く居なかった?  2.魚は居たが、全く魚が餌(鈎)を食わなかった?

3.魚を掛けたが、獲れなかった?(バラシ : ライン切れ ・ 鈎外れ ・ 鈎が折れた ・ 鈎が延びた)

4.魚が、釣れた!(※1 腕の差だ! ・ ※2 運が、良かった!)

※1 腕(うで) の差!とは、仕事でも遊びでもそうだが時間とお金を使い、自分が努力を重ね身に付けた実力のことです。

※2 運が、良かった!とは、天の助け!・運命!・奇跡!・偶然!・まぐれ!と、色々あるが初心者でも魚が釣れることもある。

※ 何れにせよ!『 獲もの 』を手にした者こそが、勝者である。
bisyago_2013.2.3-003
米屋(兄)の釣果 クロ : 49.5cm ・ 1.736キログラムを頭に、40cm までを合計 5枚。

 (ビシャゴの本瀬で 3枚、カブリで 2枚)

※ 5枚中、4枚はオス♂ 1枚は、メス♀で卵はまだ小さかったとのこと。

米屋(弟)の釣果 クロ : 43~40cm をビシャゴの本瀬 3枚。
aminoXB_SP 最近の米屋氏は、ダイワのアミノXシリーズに嵌まっているそうです。

まァこれは昨年末、私がアミノX遠投(ピンク色)を紹介してからのことですが。

私の場合、人から紹介されてそれでクロが釣れれば、迷うことなくその撒き餌を使い続けます。

しかし、米屋氏は、色々試して最終的に評価を出すようです。

米屋氏によると、釣り上げたクロのお腹を割ってみたら沢山の撒き餌を食べていたが、メガブルーSPは含まれていなかったので、この撒き餌には集魚効果がないと判断します。
Kuro_FB-001
1月13日
釣り友の米屋氏ご夫婦より、釣り情報をいただきました。

午前11時頃、宮田港へ到着しテトラポットの隙間を探り、2人でガラカブを狙ったそうです。

型は小さかったが、2人で50匹程釣れたそうです。

産卵前のメスは、全てリリースしたので35匹をキープして、ウロコと内臓を取り除き帰宅したとのこと。

帰ってから唐揚げと、お味噌汁を作って食べるそうです。 好いですね!
miyata_garakabu-001
※ ガラカグ(カザゴ類)は『卵胎性』で、交尾を行いメスの体内で卵から仔魚が孵し、産仔します。

私は、何度もその状況を見たことがあります。

釣り上げた、腹ボテのメスのガラカブを白いバッカンに泳がせていたら、何やら3mmほどの仔魚がウヨウヨ居ました。(水汲み時には、何も居なかったのでガラカブの仔魚としか、考えられません)

ガラカブの排卵数は、1回に30~10万個で繁殖期(秋~冬)に1~3回、産仔するそうですよ。

と?言うことは、一つがいの親から最大で90万匹の仔魚が生まれる!他の魚に捕食されたり、死んだりしなかったら?辺り一面、ガラカブだらけになってしまいますね!

米屋氏ご夫婦は、最大で90万×15匹=1350万匹の仔魚を救ったことに、なりますね!凄~い!

※ ある大学生の卒業研究レポート『カサゴの生態』(2004年)より
miyata_garakabu-002
宮田港のテトラは、四角で女性でも歩き易そうですね。♥ 寒いのに、ご苦労さまでした。
Kuro_FB-001
1月13日
米屋氏より、今シーズンの大江・高浜では55cm・54cmが、色々な瀬で仕留められているとの情報もいただきました。

読者の皆様も頑張って、釣行され自己記録の更新を目指してください。
Kuro_FB-002
1月13日
釣り友の米屋兄弟より、釣り情報をいただきました。

天草市大江町沖のビシャゴのハナレへ上ったそうです。

第一報で、60が上った!と言ってたので、尾長!だと思いました。

まさか、この極寒の雨の日に釣りに行く人がいるとは?凄い!

雨具を着用して釣りを行ったことがある方は、お判りと存じますが、袖口から雨水が浸入してずぶ濡れになりながら釣りを続けたそうです。
bisyago_hanare_2013.1.13
右手のビシャゴのカブリとの水道を狙った。 とにかく流れが悪くかなり苦戦しましたが何とか釣れて良かったと申していました。 流石です!
bissyago_hanare-002
釣果 : クロ 48cm ~ 36cm を4枚。 チヌ 40cm を1枚。 ベトコン 60cm を1枚。

※ ベトコンとは、ハゴイタと呼ばれる大型の皮剥ぎのあだ名です。
aminoXokiamiR 最近の米屋氏は、ダイワのアミノXシリーズに嵌まっているそうです。

まァこれは昨年末、私がアミノX遠投(ピンク色)を紹介してからのことですが。

私の場合、人から紹介されてそれでクロが釣れれば、迷うことなくその撒き餌を使い続けます。

しかし、米屋氏は、色々試して最終的に評価を出すようです。

米屋氏によると、釣り上げたクロのお腹を割ってみたら沢山の撒き餌を食べていた(オキアミレッドを含む)ので、この撒き餌には集魚効果があると判断します。
 
Kuro_FB-001
1月4日【 2012年初釣り 】
釣り友の米屋氏ご一行さまより、初釣り情報をいただきました。

18時半頃、今日は釣れたバイ!今前は、魚がおランだったですよ!と凄く興奮している様子で、第一報をいただいた。

釣果(枚数)は不明ですが、25Lのクーラーは満タン。

入らなかったクロは、港にいた人達にお年玉として貰ってもらったそうです。

当初の棚は、2.5ヒロで始めましたが何所へ投げても餌が、無くなりました。

徐々に棚を上げてみると1ヒロで、ようやく餌が残ってきました。(チヌがきた)

クロの当りが無くなったので、今度は棚を深くしてみました。(猿渡り周辺の水深は竿2本程です)

最終的に、クロが釣れた棚は竿2本下のどん底でした。

G3のウキをジワジワ入れて行くと、3分程でウキがしもり、ドン~と当ってきた。
bisyago_saruwatari_2013.1.4
bisyago_saruwatari-002
釣果 : クロ 45cm ~ 40cm が入れ食い。 クロ 40cm 以下は、3枚。 チヌ 1枚。
Kuro_FB-001
2012年
12月29日【 2011年釣り納め 】
釣り友の米屋氏から天草市高浜沖の北の瀬へ上り、今年初のボーズだったと連絡をいただきました。

彼が好む本命の下げ潮が、戸渡り・九衛門の方へ流れなかったそうです。

同行者は、35cmほどのクロを釣り上げられたそうですが。 来年また、頑張ってください。
Kuro_FB-001
12月16日
釣り友の米屋氏からの情報をいただきました。

村上さん昨日も入れ食いでした!と電話がありました。 (内容は、遠回しでしたが)

今回は、何時もより1時間ほど早く港に着き、何時もの如く船長に何所が空いてる?と覗うと、○○ちゃんが大好きな内黒瀬に、大サラシがでとるばい!

誰も乗ったらんけん、降りるど~と云われたそうです。

米屋氏曰く内黒瀬は、大サラシの時は大物の爆釣が約束されたようなものです!と云う。

しかし、この日は違ったらしい! 何所へ投げても?棚を替えても?当って来るのは、最大32cmの尾長と口太グレ(クロ)ばかり?手の平クラスは入れ食い状態だったそうです。

尾長は、痩せていたので 32~28cmのクロを 20枚、キープして、残りは全てリリースしたそうです。

その他の状況

大ヶ瀬(戸渡1~5番)・小ヶ瀬一帯は殆どの人が、ボーズ!釣れた人で 30cm前後を数枚。

地寄りの方が、同サイズの数は出ている。 大江港脇のヒキウスで、50cm弱が上ったらしい。
utikurose-2012.12.16
左右からのサラシの中央から沖のカブリ方向へ仕掛けを流すと良い。
釣果 : クロ 32cm ~ 28cm を20枚。
Kuro_FB-001
11月25日
釣り友の米屋氏からの情報をいただきました。

何時もの如く、午前10時頃空いていたハジキ磯に瀬上りして、クロ釣りを始めました。

基本通り、ウキ下2ヒロから始めましたが当りも無く、餌だけが取られる。

そのため棚を1.5ヒロに上げてみたが、それでも餌が取られる。

昼食後、見周りに来た船長が棚は浅く!とアドバイスをくれたので思いきって、矢引きに仕掛けを替えてみたら入れ食いに!(14時頃から)

夕まずめ、納竿までに42~40cmを4枚。

終わってみれば、42cmを筆頭に足裏(塩焼きサイズ)のクロで、25Lのクーラーが満タンでした。

手の平サイズは、全てリリールしたとのこと。  道糸は、1.85号 ・ ハリスは、2.0号でした。

その他、胴瀬のカブリでは48cmが出たそうです。
釣果 : クロ 42cm ~ 23cm を約40枚。
Kuro_FB-001
11月18日
釣り友の米屋氏からの情報をいただきました。

後輩が天草市大江町沖の小ヶ瀬の十兵で、良型の尾長グロを数釣りされたとのことです。
釣果 : 尾長グロ 48cm ~ 40cm を7枚。
Kuro_FB-001
5月20日
釣り友の米屋氏より上天草市・龍ヶ岳町唐網代(かろじろ)の堤防で、良型のクロが上っているとの情報をいただきました。

常連の方は、足裏から最大35cmを20枚程。

米屋氏は、18cm ~ 12cm( 手の平 )しか上げられなかったと悔しがっていました。

堤防での釣りは、磯とは違い独特の釣り方と云うものが存在するため、ベテランでも簡単に釣ることができない難しさがあります。
釣果 : クロ 手の平を10枚。
Kuro_FB-001
4月30日
釣り友の米屋氏から情報をお寄せ、いただきました。

エギ修行中の、妻と2人で行って来ました。

まだキャストの練習中でしたが、イカが1パイ釣れ妻は大変喜んでいました。
釣果 : アオリイカ 40cm を1杯。
Kuro_FB-001
4月8日
釣り友の米屋氏の友人の奥村氏から釣り情報をいただきました。

赤瀬漁港の堤防で、チヌ・クロ・メバルが夕マズメ時からの半夜釣りで上っているそうです。

棚は2ヒロ・餌は、朝鮮虫の1匹掛け。 堤防際から少し先の駆け上がり、を攻めるのがコツとのこと。

朝鮮虫10gで1時間!50gなら5時間、遊べるそうです。
釣果 : チヌ 50cm ~ 30cm を数枚。
Kuro_FB-001
4月8日
釣り友の米屋氏より天草市有明町の短い堤防でイカとタコが釣れましたと、情報をいただきました。

何時ものように愛妻と2人で、仲良く釣行されたそうで羨ましいです。

堤防周りの海底は、砂地で根などがないのでエギを海底に這わせるように引くのがコツだそうだ。

何とタコ2匹は奥様が、釣られたそうでその内1匹が堤防に貼り着いてしまい大変だったらしい。

私も何度か貼り着かれ、苦労したことがありますのでよく判ります。
釣果 : アオリイカ 2杯 と タコ 2匹。
Kuro_FB-001
1月29日
釣り友の米屋氏が、天草市大江町沖へ釣行した時の情報をお寄せいただきました。

何時もの如く、午前9時頃港へ到着し船長に空いてる瀬を聞きその中から、地の平瀬を選択し瀬上りしたとのこと。

強風下で釣り辛い中、大型はでなかったものの塩焼きサイズが、コンスタントに竿を曲げた。
釣果 : クロ 30cm を15枚。
Kuro_FB-001
1月9日【 2012年初釣り 】
釣り友の米屋氏が、天草市高浜町沖へ釣行した時の情報をお寄せいただきました。

何時もの如く午前9時頃港に着いて、渡船に乗り空いている瀬でと船長に告げると、ビシャゴの本瀬
が空いていたそうです。

瀬上がり後から11時頃まで、少量の撒き餌を瀬際に打ち戦闘開始。 足元で、当りが出なかったので20mほど遠投して魚貫崎方向への流れに、仕掛けを流して行くと約50m先の沈み瀬付近から大ヶ瀬方向へ流れが変わる。

この距離になると浮きは見えないので、リールのベールを起こし指先でラインの出を調節しながら流していると、ライン引き・竿引きの当りがでました。

棚は、2~3ヒロ・鈎は、4号だったそうです。  35cm以下は、全てリリースしたとのこと。

大江のクロの腹は、脂肪でパンパンでも卵はまだ小さかったとのこと。
komeya_2012.1.9
釣果 : クロ 48cm ~ 35cm を10枚。 写真は、48cmのクロです。
Kuro_FB-001
2011年
12月29日【 2011年釣り納め 】
釣り友の米屋氏とその仲間4人が、天草市高浜町沖のバクチ(瀬)へ竿納めに出掛け、釣果情報をいただきました。
bakuti_2011.12.29
釣果:クロ 46cm と 41cm の 2枚。
Kuro_FB-001
12月11日
今回は、釣り友の米屋氏とその同僚のT氏の釣果をご紹介します。

12月11日の牛深港における満潮時刻は、AM8:33とPM7:57 干潮時刻は、PM14:27 大潮 : 月夜

2人は、無謀にも強風で大時化の高浜沖へ釣りに出掛けた。

この日、秀漁丸以外の瀬渡し船・初丸と照丸さんは、お休みだったそうです。

午前9時頃、高浜港の西側にある『 下ウ瀬 』へ瀬上りし最初は、風裏に当る三角とカブリの水道を攻め始めたそうです。( AM10:00頃~PM2;00頃まで )

釣り始め直後から仕掛けが、バチバチ飛ばされバラシの連発!が続いたそうです。

2人の話によると、恐らく青物ではなかったか?とのこと。

午後2時過ぎ、潮の流れが変わったため北西向きのポイントへ釣り座を変更し、頭から波を被りながら約25m先を流れる、上げ潮の壁を攻めることにしたとのこと。

足元に撒き餌と仕掛けを投入すると、沖の潮目の壁に当り仕掛けが沖へ出なくなったらしい。

そのポイントで、口太グレ( 熊本では、クロと呼ぶ )の47cm・1.7キロを頭に、5枚をゲットした。
最小は、尾長グレの30cmだったとのこと。 同じポイントで、40cm程のアカハタもゲットした。

暫くしてこの日一番の強烈な当りが、米屋氏を襲った!

しかし、その時の仕掛けとタックルは以下の通りだった。

竿は、がまかつのアテンダーの1.25号 ・ リールは、ダイワのトーナメント2500番 ・ ハリスは、2.5号を2ヒロ・鈎は、がまかつのクロ・マルチの4号 ・ 浮きは、BでガンダマG3を2段打ちしていたそうです。

長時間のやり取りの末、海面に姿を現したのは何と巨大な真鯛で帰りに、山本釣具センターで計測したところ、絞めて約2時間後のサイズが83cm ・ 5.5キロだったとのこと。

さすがにこのサイズともなると、真鯛特有の桜色はなくなり別の魚に見えてしまうのが残念ですが、心から賛辞を送ります。おめでとうございます!

過去にも米屋氏が務める会社の同僚達は、90前後の真鯛を磯から数枚釣り上げていますが、仕掛けのサイズが比較にならない!( 夜釣りの遠投カゴ釣りで、ハリス8~10号で上げています )

同行者、T氏の釣果( 写真は有りません )は次の通りです。

チヌ:40cm:1枚 ・ バリ:35cm:5枚 ・ ガラカブ:5匹、バラシの回数は、米屋氏の倍近くあったそうです。

ちなみに使用した竿は、1.2号だったそうです。
madai
真鯛 長さ : 83cm 重量 : 5.5キロ
komeya kuro
この人は誰? 米屋氏です。

変装と顔の縦横比を変えてあります。
( photoshopにて修正済み )
米屋氏が上げた、47cm・1.7キロの口太グレ
( 熊本では、クロと呼ぶ )です。
poinntozu
上記のポイント図は、『 釣場データーベース 』さんのホームページから写真を拝借し作成しました。

各県の色々な釣りの場情報を詳しく紹介されています。

皆様もご参考にされてみては、如何でしょうか。
Kuro_FB-001
4月9日
釣り友の米屋氏ご夫婦が、天草市下田町の地磯と通詞島橋下の堤防にて、アオリイカ及びメバル釣りを楽しんだ。
komeya2
釣果 : アオリイカ 2杯 ・ メバル 24 ~ 20cm を 15匹。
Kuro_FB-001
4月2日
釣り友の米屋氏ご夫婦が、天草市倉岳町浜田港の堤防へチヌ釣りに出掛けられ、釣果情報をいただきました。

浜田港の堤防の根元部分の外向きで、午後3時頃から僅か3時間程で、ご覧のチヌを釣り上げられたそうです。
komeya1
釣果 : チヌ 3枚 写真から察すると、大きい方は50cm近いのでは?もう1枚も同サイズだと推測しますし、残りの1枚も45cmはあると推測します。
Kuro_FB-001
渡船 :英光丸

TEL 0969-42-5933 携帯電話 090-1518-7818

船長は、荒川(あらかわ)さんです。

出航地は、天草市の『 大江港 』の一番左奥です。

日帰り料金は、5,,000円でした。

釣り友いわく、俺が行くと何所どこしか空いとらんけん、そこに降りれと、ぶっきらぼうに言われると申していました。
渡船 :秀漁丸

TEL 0969-42-0894 携帯電話 090-8660-2203

船長は、えうらさんです。

出航地は、天草市の『 高浜港 』の一番先の方です。( 沖側の )

日帰り料金は、5,000円でした。

釣り友いわく、秀漁丸の船長さんはかなりのマイペースの人らしいので、釣行の際は時間に余裕を持って行かれることをお勧めするとのこと。
                                             Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。