Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果 ・ 写真   

                                      
2012年 2月 4日 ・ 牛深 ・ オコ瀬釣行記Ⅰ
 
Team磯太郎OBの井島氏と2人で、天草市牛深町沖に浮かぶ『 オコ瀬 』へ釣行しました。

井島氏は、昔の会社で同僚で釣り友でした。

牛深港に於ける満潮時刻 AM 10:44 ・ 干潮時刻 AM 4:35 ・ PM 17:05 ・ 日出AM 7:17 ・ 曇り

私達は天気予報から風裏を読み牛深の内海を目指しました。

先週ガン瀬周りは約1,000頭のイルカの大群が、瀬の周辺に居座っていて釣りにならないと
石鯛丸の土手船長から聞いていたので、沖に行くのは断念し行き付けのオコ瀬へ上りました。

okoze-001
(001)オコ瀬を真横から見ると、魚のオコゼに似ています。
okose-002
(002)オコ瀬を斜め沖合から見てもまだまだオコゼに見えてしまいます。
okoze-003
(003)オコ瀬をカブリ側から見ると、とても魚には見えませんが想像力豊かな方なら何に、見える
のでしょうか。
okoze-004
(004)オコ瀬をカブリ越しに見ています。
okoze-005
(005)オコ瀬の裏側から見れも何となく、オコゼに見えます。
okoze-006
(006)先端周辺が私の今回の釣り座です。

上げ潮は、左から右へと流れます。もう一筋は、オコ瀬のカブリとの水道を右から左へと流れて
行きます。
okoze-007
(007)この場所は、築ノ島向きの中程の瀬際の写真です。

足元から竿1本程先まで、沈み瀬が連なっています。

見ての通り、潮が澄みきっています。クロ釣りには不向きな状況です。
okoze-008
(008)オコ瀬は、ゴッゴッした岩場ですが非常に歩き易い形状をしています。
okoze-009
(009)真裏には、オコ瀬の本島がありますが周囲は浅く、磯釣りポイントはありません。
okoze-010
(010)オコ瀬のカブリも上げ・下げの両潮狙える、最高の瀬ですが時化ると全体が波にのまれるので
注意が必要です。
okoze-011
(011)偏光グラスでフィルター効果を掛けてみました。

最干時のオコ瀬とカブリの間の距離は、約20mです。
水深は中央部で、約7mあります。
okoze-012
(012)写真で白波が立っている辺りは、オーバーハングになっていてクロが逃げ込んで行きます。
okoze-013
(013)黄色の×印は、クロのヒットポイントです。

緑色の×印は、中アジのヒットポイントです。

赤色の×印は、バラシ・高切れしたポイントです。
okoze-015
(015)右側先端から井島氏が居る長島側を見ています。

遠くに見えるのが、鹿児島県の長島です。
okoze-017
(017)右側先端から島の中央部を見ています。

一帯は、少し傾斜がありますが最干潮時は最高の足場です。

荒れている日は、波が一気に駆け上がって来るので要注意です。
okoze-018
(018)波が被る部分の岩は、全体的に浸食されて小さな穴だらけです。
okoze-019
(019)瀬や磯に上り魚を釣ったら以前は、スカリに入れて活かしていました。
オコ瀬には、スカリのロープを縛るための穴が沢山空いています。
これも波の浸食によるものです。( 空が、見えます )
okoze-020
(020)ロープ穴。( 海が、見えます )
okoze-021
(021)ロープ穴。( 岩が、見えます )
okoze-022
(022)ガン瀬が、スポット光に照らされています。肉眼だと黄金色に見えます。
okoze-024
(024)陽が傾くにつれ、スポット光がこちらへ延びてきました。
okoze-025
(025)陽がさらに傾き、光の帯になってきました。
okoze-026
(026)ある時間を過ぎると夕日の色が変わります。( 17時頃 )

ガン瀬と築ノ島の間へ夕日が、落ちようとしています。
okoze-027
(027)夕焼けの中、深川釣具店のパーツナー号が迎えにきました。( 17時半過ぎ )
okoze-029
(029)法ヶ島の内側です。

この当りの海底には、サンゴ礁が広がっています。

昼過ぎ数年ぶりに、この辺りを回るグラスボートを目撃しました。
okoze-031
(031)法ヶ島の沖側にタタミ瀬があります。

写真では左右の瀬が離れて見えますが、潮が引くと一つに繋がります。

タタミ瀬では、時折2キロクラスのクロが上がります。
okoze-032
(032)この日の釣果

クロ( 尾長含む )35~20cmを28枚と、中アジ18cm前後を58匹でした。

大型のバラシが、4回全て高切れし大事な浮きを6個失いました。( 大赤字です!)
patonagou
上の写真は、今回お世話になった深川釣具店のパートナー号です。

フィッシングフカガワ : ホームページ

〒863-1901

熊本県天草市牛深町3460-98

牛深店 電話 0969-72-2029 FAX 0969-72-2023 
天草店 電話 0969-22-0006

牛深の瀬渡しは、パートナー号 鹿児島・鷹島の瀬渡しは、クイーンパートナー号

船長は、    さんです。

出航地は、牛深町の牛深港の中央部付近です。( はいや大橋の下をくぐり左折して30m先 )

料金は、5,000円でした。
以前、我がクラブ『 Team磯太郎 』の前に所属していた、『 釣りマガジン・フィッシングチ-ム 』時代
は良く、クイーンパートナー号で手打ちや鷹島へ尾長やタバメと云った大型魚を釣りに出掛けていました。

近年は、手打ちへの乗り入れができなくなったため、鷹島オンリーですがホームページや雑誌を読むと60cm越えの大型尾長が出ている魅力の釣り場です。

最低定員7名から出港してくださいます。( 1名から予約可能 )

費用は、日帰り12,000円( 13時納竿 )
夜釣り16000円( 14時出港~8時納竿 )
半日1泊釣り  18,000円( 14時出港~12時納竿 )
甑島( 西磯 )経由、鷹島行き運行中です。


                                             Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。