Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果・写真

2017年06月17日・上天草市・龍ヶ岳町・樋島(竹島・3番)釣行紀
 
Team磯太郎の村上です。

今回は、突然勤務先より「明日仕事が切れたので、お休みでお願いします」と連絡をもらい仕方なく釣りに出かけることにしました。

当初、18日(日曜)牛深又は大江の沖磯へ行こうと考えていましたが、渡船と当番瀬が希望と会わず遠出をあきらめ近場へ行ってみることにしました。

何処に行こうか迷っている内に、渡船の予約限界時間の21時を迎えてしまいました(>_<)


そこで、昔なじみの「昭(あき)丸」さんに電話を入れたが繋がらなかった(>_<)

当然だろう! 7年ぶりに! 真夜中に電話かけられて! 普通電話に出てくださる人は、そうそういないだろうと、諦めていたら数分後に電話が掛かってきました。

中側船長に最近の樋島周辺の状況を伺うと、「釣れてない!先週の雨の後だけ少し釣れてたが」と、悲しい返事が返ってきました。

クロも上がっていない! バリも居ない! アジはポッポッ釣れている! とのこと。
どうするや?と聞かれたので、せっかく電話したので遊びに行きますと、お伝え電話を切りました。

釣れてないと言われ! 消沈しながらも釣行準備を行い、午前1時半自宅を出発しました。
池ノ浦港に於ける満潮時刻 PM 14:35 ・ 干潮時刻 AM 8:41 ・ PM 20:50 ・ 小潮

日出/入 AM 5:11/PM 19:28 ・
曇り
 
Takesima_3ban_Mimei-000
(GIF-001) 今回はのんびり、2番船(5時出港)に乗船する心算が気がはやり、1番船(4時出港)に間に合ってしまいました。
Takesima_3ban_Mimei-003
写真中央の渡船が、今回お世話になった「昭(あき)丸」です。
Hinosima_Tosen_P
乗船場の景色が、以前と変わっていたので少し戸惑っていると、瀬渡しに来たと言う青年と出会い駐車場などを教わりました。
Takesima_3ban_Yoake-000
(GIF-002) 樋島周辺には、渡船で渡れる島が5つほどありますが、今回は下桶川港の目の前にある「竹島」の3番を攻めてみました。

「竹島」の周囲には「1番・2番/地磯」と「3番・4番/離れ瀬」があり「3番」が一番広い面積を釣ることができます。

採石場の積み出し口にも上がれるらしいが、上がったことがありませんのでご紹介は控えます。
Takesima_3ban_Sentoukaisi-000
(GIF-003) 「竹島・3番」は、2段階構造になっていますが満潮時など潮位が高い時は、1人でも釣り辛い瀬になります。

高場(頂上部)は、細長く平らな部分がほとんどありませんので、慣れないと大変疲れます。

昔は、2人で上がることも多かったですがその都度、相方が先端部の足場の悪い方に立ってくれて居た気がします。
Takesima_3ban-012
お隣の「4番」なら頂上の足場が良いのでずが、ここからでは180度しか狙えない上「3番」に釣り人がいる場合は、釣りになりません。(友人と別れて上がるなら良いかも?)
Takesima_3ban_Turiza-000
(GIF-004) 「竹島・3番」での「立ち位置/釣り座」を簡単にご説明いたします。

3番は、冒頭にも申した通り2段階構造を有しています。

干潮時や満ち込み時は、下の段の左右の高台からお好みで釣りを行えますが、潮が満ちてくるとまず沖側の足場の手前が水没して船着き場側へ戻れなくなります。

更に潮が満ちると、船着き場側も足場が無くなってきます。(大潮の時は、完全に水没します!)
Takesima_3ban_Dei-000
(GIF-005) この日の3番は、とても面白かったです。

私は、午前4時の一番船で瀬上がりしましたが、写真を撮影していたら何時もの如く夜明けを迎えてしまい、樋島から太陽が覗く頃ようやく釣りを始めました。

すると第1投目から?ハリス 1.75を飛ばされました。(>_<)。その後も同じ号数のハリスを4回(計5回)の次に上がったのは、良形のアジが上がり一安心しました。

しかし、その後、昼過ぎまでアジらしき?針外れが続き午前中は、轟沈でした。(>_<)。

その後、まだ、満潮まで1時間ほどあるにも関わらず潮が、下げ方向へ流れ始めた途端!凄まじい!引きに襲われ!高切れしてウキが流された。(直ぐに回収)

更にその引きは、立て続けに2回(計3回)あり?その直後、美味しそうな「マダイ」をゲットしました。

この「マダイ」も何んじゃこりゃ~と、叫ぶほど竿を曲げ抵抗しました。

その後は、満潮の潮止まりまで下げ方向へ流れ続ける中、待望のクロ(足裏)をゲットできました。

最後は、下げから回収までにアジをバラシ・バラシ数回に1匹づつ拾いながら8匹を追加して、午後5時半納竿、40分回収していただきました。
Takesima_3ban_Tyouka-000
(GIF-006) 今回の釣果
Takesima_3ban_Houmonsya-000
(GIF-007) 今回は、瀬周りに無数の訪問者が顔を見せてくれました。

足元で瀬際に着いた貝を囓る「飛びエイ」の子供が3匹と、藻場に群がる無数の巨大な「アオリイカ」が乱舞していました。

しかし、樋島(竹島含む)には約25年ほど前から通っていますが、あの数のあの大きさの「アオリイカ」が、あんなに沢山居るのを初めて目撃しました。

イカを釣ろうと「スズメダイ」をおとりにしようと、仕掛けを作り沖へ放り込んだら。(>_<)。鳶(トンビ)に、おとりを持ち去られ轟沈。ウキが回収できたので、ラッキーでした。
Takesima_3ban_map-000
(GIF-008) 前回までは、FL(フラッシュ動画)を添付していたためパソコン以外の通信機器で、ご入場された方々には、画像が見れないとのご指摘がありました。

今回は新たな「パラパラ漫画/GIF」を挿入してみましたのでご参照ください。
 
 
Hinosima_Akimaru_Nakagawa_Sentyou
上の写真は、今回お世話になった『 あさひ丸 』さんです。

住所 : 熊本県上天草市龍ヶ岳町樋島下桶川

携帯電話 : 090-3357-8936

船長は、中川 邦彦( なかがわ )さんです。

出航地は、上天草市龍ヶ岳町樋島の『下桶川港 』です。

日帰り料金は、2,500円でした。

その他 料金は、ホームページよりご確認ください。

民宿なか川のご利用もよろしくお願いいたします。

※ 文字下にラインが入った文字をマウスや指でタッチするとリンク(ホームページ)が開きます。
 
 
Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。