Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果・写真

2013年11月24日・天草市・高浜・大ヶ瀬一帯釣行紀
 
Team磯太郎の村上です。

今回は、『ウキウキ釣りクラブ』さんの梅田氏からのお誘いもあり、園田修一会長に段取りをお願いして、私達2人との合同釣行会を行うことになりました。

うちのWEB用の取材と、「南のつり」の取材を兼ての釣行と相成りました。

11/23夕方 『ウキウキ釣りクラブ』の園田会長より出撃命令を受信、北野氏へ通達済み。

※ まこっちゃん!「今晩は!明日は、4時に高浜港集合です」

※ 「もしかしたら夕方早めの回収になるかもしれませんが、宜しく!」

崎津湾に於ける満潮時刻 PM 12:17 ・ 干潮 AM 5:34 ・ PM 18:18・日出/入 AM 6:57/PM 17:16

天候:晴れ/曇り 潮:小潮

今回の参加者は、総勢13人です。

『ウキウキ釣りクラブ』より園田修一会長・小路氏・増田実氏・西島氏・梅田氏・舛田氏・藤山氏・
ほか4名と、
「Team磯太郎」より北野氏と私(村上)が参加しました。
(FL1) 北野氏と私は、園田会長の計らいで、戸渡1番へ上げてもらえましたが何故か?

2人でバラした回数は、僅か3回でした。 私はタモを掴んだ瞬間、ハリスが瀬切れで飛ばされたところで、この日の釣りが終了しました。 (;_;) 戸渡1番は、ノーフィッシュでした。

戸渡1番は、私的には思い出深い瀬でもあります。

私が釣った上げた、クロの最大魚となる50.5cmをGETしたところです。

大時化のとき、北の瀬向きの竿5本ほど先で上げ潮のとき、ヒットしました。
tobatari_1ban-010
(001) この瀬が戸渡1番です!と言われ、えっ!どこが?云う方がいらしゃるのではないでしょうか。
tobatari_1ban-011
(002) ご存知でない方のために、落書きをしてみました。

黄色の実線と、破線で示した部分が「戸渡1番」です。

橙色の矢印は、大時化時に1番と2番の間を波が駆け落ちます。

このようなときには、照丸さんがいる方向にポイントが、できます。
tobatari_1ban-012
(003) この瀬が戸渡1~3番です!と言われて、えっ!どこが?云う方がいらしゃるのではないでしょうか。
tobatari_1ban-012
(004) ご心配なく、こちらもご存知でない方のために、落書きをしてみました。

黄色の実線と、破線で示した部分が「戸渡1番」です。

戸渡4番と5番は、2番と3番に隠れてこの位置からでは、見えません。

大時化のときは、白い矢印の方向から波がくると白のクの字のライン部分を波が駆け上がり裏側へ砕け落ちます。

緑色の矢印は、上げ潮を示していますが日によって潮の大きさにより、風向きにより流れは一定ではございません。(下げ潮も決まった方向へは流れません)あくまでも目安です。
(FL2) 釣り雑誌の「南の釣り」に記事を投稿している、増田実氏が照丸さんで取材にやってきました。

船の上から何か?叫んでいましたが、ほとんど聞き取れなかったので適当にコメントを入れています。
(FL3) この画像は、愛用のコンパクト防水デジタルカメラ・OLYMPUS・TG-1に、魚眼レンズを装着して撮影しました。

カメラ単体では、水平線が甲を描くことはございませんが、魚眼レンズだと面白いように曲がります。
(FL4) 照丸さんが、戸渡5番へ釣り客を瀬替りで渡しにきました。

やってきたのは、「ウキウキ」の小路氏と他1名でした。
(FL5) この画像は、北の瀬群です。

左端から「ヒジクロ瀬」・「北の瀬」・「小板金瀬」・「平瀬」・「大板金瀬」と連なっています。
(FL6) この画像は、九衛門のカブリですが? 何人の人が、居るのでしょうか?

カブリは、小さく狭いので3人は立てないはずなのに? クロをタモですくわれていました。
(FL7) 戸渡1番の脇にある沈み瀬です。 この沈み周りと、九衛門間の水道が西側のポイントとなります。

ベテランの方に伺うと、1番と沈みの間の割れの部分で40cm級のクロが、入れ食いすることもあるそうです。
(FL8) 午後1時過ぎ、満潮から潮が下げ潮に変わってから暫らくして、北の瀬横のヒジクロ瀬付近で大きなナブラが発生しました。

10分ほど前からあれは何?と言った感じの前兆現象があり、そこの先を初丸が通過した直後に海が湧き上がるかの如くざわめみき始めました。

画像では、見えないかも知れませんが海面のバシャバシャの中に無数の青物の尾が確認できました。

ざわめいていたのは、アジゴなどの小魚の群れだと推測します。 青物は恐らくヒラマサどと考えます。

ナブラの始まりから終了までには、20分近く続いたと記憶しています。

高速連写で、400枚近く撮影していました。 その中から77枚を選択して動画化しています。
(FL9) 戸渡2番で、竿が曲がっています「ウキウキ」の枡田氏のご友人の藤山氏です。

藤山氏は今回、佐賀県から参加されているそうです。

数分のやり取りの末上がってきたのは、大きな赤ブダイでした。

帰りの船の上で、旨い魚をGETされましたね!と言うと、えっあれ食べられるんですか?と尋ねられたので、しゃぶしゃぶにすると美味しいですよと伝えると、それはもったいないことをしたと言われました。

じゃ~ぁリリースしたんですかと尋ねると、ハイと云う返事が帰ってきました。
(FL10) 北の瀬、横の平瀬で竿が曲がっています「ウキウキ」の牛島氏でしょうか。

今回の竿頭は、園田修一会長のクロ10枚でた。 「ウキウキ」の方々は、全員安打で終了しました。
(FL11) また戸渡2番で、竿が曲がっています「ウキウキ」の枡田氏のご友人の藤山氏です。

藤山氏は今回、佐賀県から参加されているそうです。
(FL12) 戸渡5番で、竿が曲がっています「ウキウキ」の小路氏でしょうか。
(FL13) 針に刺したオキアミですが、投入前⇒10分後⇒10分後と何かに、かじられて行く様子がよく判ります。
terumaru_taikyaku
(005) 照丸さんが、回収した我々を乗せ「大ヶ瀬群」をあとにします。(左舷側)

右舷遠方に見えているのは、小ヶ瀬です。
(FL14) 照丸さんが、高浜港へ入港しました。
terumaru
上の写真は、今回お世話になった『 照丸 』さんです。

詳しい情報は照丸さんのホームページをご確認ください。

住所 : 熊本県天草市天草町高浜南5563-2

携帯電話 : 090-4656-0256  船長は、( )さんです。

出航地は、天草市天草町の『 高浜港 』です。

定員は、13名です。 日帰り料金は、5,000円でした。
Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。