Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果・写真 2016年初釣り

2016年01月02日・天草市・軍ヶ浦・小ヶ瀬の本瀬釣行紀
 
Team磯太郎の村上です。

今回は
2016年、熊本県天草市西海岸での初釣りのもようをお届けいたします。

今期の西海岸一帯は、昨年10月中旬よりクロ(口太グレ・地グロ)の50cm越えが多数、釣り上げられているとの情報を受け初釣りの場所を西海岸に設定しました。

今回の渡船は、以前からお世話になっている天草市・軍ヶ浦(いくさがうら)港の「あさひ丸」さんに、お願いいたしました。

元旦の午後7時過ぎ船長に電話を入れ、明日伺いますが最近の状況は如何ですかと伺うと、かなり食い渋りがありますが、魚は居ますとのお返事をいただきました。

また、明日は午前6時の出港予定なので、5時半までには港に集合してくださいと言われ、かなり早いが港で仮眠が取れるように、山本釣具センターの宇土店で午前0時半に、相棒の北野氏と待ち合わせを行いました。(3時40分到着)

旧友の森氏(今は宇土店の店員)に、年賀のあいさつを済ませ激安のウキ(1個・190円)を今回も10個購入しました。(通算3回行って30個購入しました)今回は、このウキを使用して釣りを行いました。

牛深港 崎津湾に於ける満潮時刻 PM 13:11 ・ 干潮時刻 AM 6:40 ・ PM 19:40 ・ 小潮

日出/入 AM 7:21/PM 17:26 ・
曇り
Kogasa_Asaiti-001
(001-FL-001) 午前3時45分のあさひ丸の勇士です。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
午前6時「あさひ丸」は、予定通り8人(3組/2人+1人+1人)を乗せ出港して、向辺田の大鍋に1組目(親子で)。

伏魔洞の段瀬に、お1人で。

隣の伏魔洞の2組目(ご夫婦で)と、2組5人を降ろし沖へ向かうあさひ丸 。

暫く真っ暗な海を進み大江港沖を通過すると、これは、小ヶ瀬へ向かってるなと直感しました。

船内に残る客は、我々2人とお1人さんの3人。
あさひ丸が次第に、「小ヶ瀬の本瀬」の西の沖向き突端へと、舳先が向いた。

最初に常連のお1人さんが、降りられると思っていたら?「嫌っ!」と、声が上り我々に順番が回ってきました。(この決断が後にどう?影響してくるかのか?の別れ路ですが?)
Kogase_no_Motose-001
(002) 私的には、この「小ヶ瀬の本瀬」に瀬上りしたのは何度目でしょうか?今回の釣り座に入ったのは記憶の中では3回目です。(前回は、およそ10年前です)

沖向きの真ん中辺りに2回ほど。 中瀬との水道の角辺りに2回ほど。 しかし、クロが釣れた記憶はございません?(真ん中で、デッカイ伊勢海老を釣上げたのは、覚えていますが)
Kogase_no_Turiza-002
(003-FL-002) 今回の釣り座をご紹介いたします。 我々2人が降りたのは、本瀬の一番右側の突端です。(沖向きの角)

隣にお1人で降りられた方は、恐らく中央部辺りにいらっしゃったと思います。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
kogase_no_turiza-003
(004) 満潮までの私の釣り座です。

初釣りの第1投目は、右側のサラシの沖に投入すると?当て潮で、ウキが瀬際を流れ最悪の獲ものを引き当ててしまいました。(>_<)。

2投目は、左前方沖約竿2本先でウキが入り、クロを掛けやりとりの末足元まで寄せましたが、まさかの鈎外れでバラシてしまいました。(おそらく50cmは、あったと思います)。(>_<)。

3投目は、2投目とほぼ同じ場所でウキが入り、この日最大のクロをGETしました。

このときの仕掛けは、竿 がまかつ インテッサGⅢ ・ 道糸 2.5号 ・ ウキ2B(山本で購入した190円) ・ ハリス 2.5号 ・ 鈎 寒グレ 6号 ・ ウキ下にBのガン玉2個/チ元上 5cmに 8Gガン玉1個 ・ 棚は、2ヒロ ・ 付け餌は、先月30日釣り納めのときに余ったオキアミです。
Kogase_no_motoze-001
(005-FL-003) 我々の釣り座を正面から見た様子です。

この写真は、米屋氏よりご提供いただいたものです。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
kita_no_hanare-001
(006-FL-004) 北のハナレに新たな客がやって来た。 あそこなら釣れそうだな?
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
yamada_minoru_50UP-001
(007-FL-005) お隣さんの竿が、曲がった! 大物の予感が、しました。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。

フラッシュには、写真88枚を使用していますので開くのに、時間が掛かる場合がございます。
Kogase_no_motose-004
(008) こちらは、北野氏の釣り座です。 海上から見ると少し窪んだ部分です。
kogase_no_turiza-005
(009) 北野氏の釣り座を高台から見降ろしてみました。

北野氏は、朝一番で(私は、外道を1枚上げる前)ハリス 2.75号を2回飛ばされたそうです。

1発目は、左に走られチ元切れ? 2発目は、南のカブリの右側へ走られチ元切れ?

チ元から切れたとすれば!?それもハリス 2.75号なら尾長ではと推測されます。
kogase_no_turiza-006
(010) 満潮前から私の釣り座が、波で洗われ始めたので北野氏が居る、上段へ移動しました。

その後は、また、移動するのは時間がもったいないのでそのまま、上段で納竿まで居ました。
kogase_no_turiza-007
(011) 沖向きの上り坂に立ち、脚部のストレッチをしながら夕方まで、頑張りました。

北野氏は、2回のバラシの後にハリスを 3.5号に変更しても? 何度も切られたそうです。
kogase_no_turiza-008
(012) 今回購入した、激安ウキ2B(190円) ・ ウキ下に1Bのガン玉2個 ・ 鈎の 5cm上に 8Gのガン玉1個 ・ ハリス 2ヒロにアキアミ付けて、海面にすれすれに浮いていました。

この日のヒットパターンは、そのウキに撒き餌を被せて暫くして、ウキがゆっくり沈み始めやがて視界から消えた頃、スプールからバラバラと道糸がほどける! 糸曳きの当りがきました。
Ogata_Takahide_50UP-000
(013-FL-006) この日は、周りの釣り人が大物を釣り上げるのを目撃しました。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。

フラッシュには、写真74枚を使用していますので開くのに、時間が掛かる場合がございます。
uki_guro_13J05h-001
(014-FL-007) この日満潮に近ずいた頃から沖合に、「浮きグロの群れ」を無数に発見しました。

遠いもので、7~80m沖。近いときは、3~40m沖。(小ヶ瀬の本瀬からは)
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
uki_guro_14J32h-001
(015-FL-008) 満潮から下げ潮が動き始めると、前方に緩やかな潮目が見え始めた。

その潮目に沿って、「浮きグロの群れ」が出没場所を変えながら乱舞していました。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
uki_guro_14J37h-001
(016-FL-009) これは、南のカブリの沖合に現れた「浮きグロの群れ」です。

残念なことに、其処に居た釣り人はまったく、気付いていませんでした。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
uki_guro_15J06h-001
(017-FL-010) 「浮きグロの群れ」が一番近ずいたときで、瀬際から 20mほどでした!
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
Kitano_hituto-001
(018-FL-011) 北野氏の竿が、曲がりました!近過ぎてほぼ真後からの撮影なので、竿の曲がったようすがよく撮影できませんでした。(>_<)。(このときのハリスは、2.5号です/私に合わせてくださった)

南のカブリの人は、「浮きグロの群れ」が去ったあと、釣りを再開されました。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
Kogase_no_Tyouka-001
(019-FL-012) 私の初釣りの一番目の釣果は、茶色の斜めの縞がある「タカノハ鯛」でした。(>_<)。

※ こいつが釣れると云うことは、潮の動きが悪いことを示しますが?

この日の小ヶ瀬は違っていました。 このあと、クロとバリが交互に竿を曲げてくれましたが、鈎外れのバラシが多くキープできたのは、クロ4枚とバリ2枚だけでした。(>_<)。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
Kogase_no_motose_no_matupu-011
(020-FL-013) 今回の北野氏と私のヒットポイントの配置図です。

南のカブリとの水道の沖向きに、当たりが集中しているのが判ると思います。

満ち潮も下げ潮もだいたい同じ位置で、ウキが沈み始めて視界からウキが消えた頃、糸曳き・竿曳きの当りがでました。(バリもまったく同じパターンでした)

最後はポイントが遠くなるので、瀬際に投入点を変更しても状況は変わりませんでした。(ラッキー)
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
辺り一面に、クロが居ました! 船長のお話の通りに「当たりは、とても渋かった」が魚はいました。

糸曳き・竿曳きの当りがあっても鈎の掛かりが悪過ぎました。(銜えていただけ?)

鈎の号数を落とすと、スッポ抜けが多かったです! 大きくすると食い込まない!

丁度良ければ、呑み込んでいました!(それが、今回は6号でした)
ASAHIMARU
上の写真は、今回お世話になった『 あさひ丸 』さんです。

住所 : 熊本県天草市軍ヶ浦

携帯電話 : 080-5281-3076

船長は、川端( かわばた )さんです。

出航地は、天草市の『 軍ヶ浦港 』です。

日帰り料金は、5,000円でした。
 
 
Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。