Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果・写真 2016年 竿納め

2016年12月30日・鹿児島県・下甑島・瀬々野浦・ベットウのハナレ釣行紀
 
Team磯太郎の村上です。

今回は
2016年、鹿児島県薩摩川内市下甑町瀬々野浦での「竿納め」のもようをお届けいたします。

「竿納め」には、北野氏・中川氏・紫藤氏と私の4名で出掛けました。

渡船は、何時もの「永福丸/山下船長」へ12月頭に予約を行いました。

出港の前日の天気予報では、「北北西から北西」の予報が出ていたため、今回も西磯は無理だと判断していましたが、船長宅へ出港確認の連絡を行った際「今年も西磯は無理の様ですね」と告げると「天気図を見ると経験上、西へ入ります」と嬉しいお返事をいただきました。

30日午前3時半集合、集まり次第出港予定。

我々は、釣具のポイント富合店に午後11時集合で日奈久まで、下道を走り「日奈久ICから津奈木IC(2016.2.27開通)」までの無料区間の南九州西回り自動車道を走り、川内港(AM1:00)到着。一番乗り。

※ 途中、砂川の橋が「熊本地震」で渡れなくなっていることを知らなかった?北野氏について行ったらやはり、大周りの迂回路へ。北野氏の土地勘は凄かった。ナビにも出ないような、わき道をすらすらと通り抜け何時もの道へ戻ることができました。

今回は皆さんの集りがよく午前3時半過ぎには、無事出港しましたが?川内港の堤防を抜けた辺りで?船足が止った?かなりウねっていました。約10分ほど様子を見て、ようやく走り始めましたが途中何度か船足が止り、やはり!西磯は無理だと判りました。(>_<)。

上甑島 浦内湾に於ける満潮時刻 AM 9:41 ・ 干潮時刻 PM 15:29 ・ 大潮

日出/入 AM 7:20/PM 17:27 ・
晴天
 
 
(001-FL-001) 午前3時45分のあさひ丸の勇士です。98*-9(^
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
午前6時「あさひ丸」は、予定通り8人(3組/2人+1人+1人)を乗せ出港して、向辺田の大鍋に1組目(親子で)。

伏魔洞の段瀬に、お1人で。

隣の伏魔洞の2組目(ご夫婦で)と、2組5人を降ろし沖へ向かうあさひ丸 。

暫く真っ暗な海を進み大江港沖を通過すると、これは、小ヶ瀬へ向かってるなと直感しました。

船内に残る客は、我々2人とお1人さんの3人あさひ丸が次第に、「小ヶ瀬の本瀬」の西の沖向き突端へと、舳先が向いた。

最初に常連のお1人さんが、降りられると思っていたら?「嫌っ!」と声が上り、我々に順番が回ってきました。(この決断が後にどう?影響してくるかのか?の別れ路ですが?)
 
(002) 私的には、この「小ヶ瀬の本瀬」に瀬上りしたのは何度目でしょうか?今回の釣り座に入ったのは記憶の中では3回目です。(前回は、およそ10年前です)

沖向きの真ん中辺りに2回ほど。 中瀬との水道の角辺りに2回ほど。 しかし、クロが釣れた記憶はございません?(真ん中で、デッカイ伊勢海老を釣上げたのは、覚えていますが)
 
(003-FL-002) 今回の釣り座をご紹介いたします。 我々2人が降りたのは、本瀬の一番右側の突端です。(沖向きの角)

隣にお1人で降りられた方は、恐らく中央部辺りにいらっしゃったと思います。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
 
(003) 満潮までの私の釣り座です。 この日の第1投目を右側のサラシの沖に投入すると、当て潮でウキが瀬際を流れ最悪の獲ものがヒットしました。(>_<)。

2投目は左前の出っ張りの沖、竿2本ほど先でクロを掛けやりとりの末足元まで寄せましたが、まさかの鈎外れでバラシてしまいましたが、恐らく50cmはあったと思います。(>_<)。

その後、この日最大のクロをGETしました。 ウキ 2B ・ 道糸 2.5号 ・ ハリス 2.5号 ・ 鈎 寒グレ 6号 ・ 棚は、2ヒロ ・ 付け餌は、先月30日釣り納めのときに、余ったオキアミです。
 
(003-FL-003) 我々の釣り座を正面から見た様子です。

この写真は、米屋氏よりご提供いただいたものです。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
 
(004) 北のハナレに新たな客がやって来た。 あそこなら釣れそうだな?
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
 
(003-FL-004) お隣さんの竿が、曲がった! 大物の予感が、しました。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。

フラッシュには、写真88枚を使用していますので開くのに、時間が掛かる場合がございます。
 
(004) こちらは、北野氏の釣り座です。 海上から見ると少し窪んだ部分です。
 
(005) 北野氏の釣り座を高台から見降ろしてみました。

北野氏は、朝一番で(私は、外道を1枚上げる前)ハリス 2.75号を2回飛ばされたそうです。

1発目は、左に走られチ元切れ? 2発目は、南のカブリの右側へ走られチ元切れ?

チ元から切れたとすれば!?それもハリス 2.75号なら尾長ではと推測されます。
 
(006) 満潮前から私の釣り座が、波で洗われ始めたので北野氏が居る、上段へ移動しました。

その後は、また、移動するのは時間がもったいないのでそのまま、上段で納竿まで居ました。
 
(007) 沖向きの上り坂に立ち、脚部のストレッチをしながら夕方まで、頑張りました。

北野氏は、2回のバラシの後にハリスを 3.5号に変更しても? 何度も切られたそうです。
 
(008) 今回購入した、激安ウキ2B(190円) ・ ウキ下に1Bのガン玉2個 ・ 鈎の 5cm上に 8Gのガン玉1個 ・ ハリス 2ヒロにアキアミ付けて、海面にすれすれに浮いていました。

この日のヒットパターンは、そのウキに撒き餌を被せて暫くして、ウキがゆっくり沈み始めやがて視界から消えた頃、スプールからバラバラと道糸がほどける! 糸曳きの当りがきました。
 
(009) この日は、周りの釣り人が大物を釣り上げるのを目撃しました。
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。

フラッシュには、写真74枚を使用していますので開くのに、時間が掛かる場合がございます。
 
 
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
(009) 
 
 
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
(010) 
 
 
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
(011) 
 
 
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
(012) 
 
 
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
(013) 
 
 
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
(014) 
 
 
パソコンからご来場された方は、上の写真をクリックしてみてください。フラッシュ(動画)が開きます。
(015) 
 
 
 
(016) 
 
 
 
(017) 
 
 
 
(018)
 
 
 
(019)
 
(020) 
Minamikyusyu_Jidousya_Doo 南九州西回り自動車道の一部開通により南西方面の釣行がかなり楽になりました。

以前は、国道3号線を一路川内、串木野を目指していましたが、わき道を知り(近道)新たに開通した、日奈久-津奈木ルートの無料区間を経てさらに近くなりました。

また、野田IC(出水市内)-4.0km-阿久根北IC-4.2km-阿久根IC区間も無料で開通しています。(AZには寄れないが)

※ 津奈木IC-5.6km-水俣IC-7.4km-袋IC-4.4km-出水北IC-4.5km-出水IC-3.9km-高尾野北IC-2.8km-野田IC区間が未開通です。

また、阿久根IC-西目IC-大川IC-湯田西方IC-薩摩川内水引IC区間が未開通です。

未開通部分が全線開通するのが待ちどうしい半面、開通して釣り人の移動が激化して釣り場が荒れてしまわないかが心配です。(>_<)。

離島が、離島でなくなってしまうような気がします。(>_<)。
熊本の磯釣りとは違い、離島釣行は夕方港に帰港するため帰りは、夕方の大渋滞に重なるケースが多々あり、高速はその抜け道として最大限活用できると信じます。

※ 行きは何処へ行くにせよ夜中に走るので、よほどのことがない限り渋滞はありませんし、急ぐ必要もありませんので。
 
 
上の写真は、今回お世話になった『 永福丸 』さんです。

住所 : 鹿児島県薩摩川内市川下甑町瀬々野浦

電話(ご自宅・民宿寿) : 090-0000-0000

船長は、山下( やました )さんです。

出航地は、薩摩川内市の『 川内港 』です。

日帰り料金は、10,000円でした。
 
 
Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
FE-CVN-76-001 yokosuka_kubo_rireki
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 磯釣り | 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんのでお知らせください。

こちらからもリンクをさせていただきますので宜しくお願い致します。