Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果・写真

2016年08月13日~14日・瀬々野浦・松島・夜戦・釣行紀C
 
Team磯太郎の村上です。

私は何時ものことながら「暇な時間」に、風景写真を撮影いたします。

何時もの如く!写真を沢山撮り過ぎて「釣行記A」と、「釣行記B」の2部構成になっていましたが、新たに便利な機能を教わり「釣行記C」を新たに追加作成しました。

◇ パラパラ写真集をご覧ください。

◇ パラパラ作成無料ソフトは、こちらです!「写真画像加工編集サイト」をご利用ください。

ところどころに、釣に繋がるヒントが隠されていますので、一度は眺めて見てください。
今回の夜釣りのターゲットは、3種類のお魚です。

1.シブダイの白点 2枚 (私的に、刺身で食べると一番美味しい魚です)

◇ 正式名称は「フエダイ」と言い50cm程まで成長する。

2.シブダイの黒点 2枚 / 北野氏 1枚 (私的に、刺身・塩焼きで食べると美味しい魚です)

◇ 正式名称は「クロホシフエダイ」と言い50cm程まで成長する。

3.タバメ (私的に、煮付や天ぷらにすると美味しい魚です) ※ 今回は、釣れませんでした。

◇ 正式名称は「ハマフエダイ」と言い100cm程まで成長する。

その他の釣果

◇ イスズミ 4枚 ◇ オジサン 2匹 ◇ マツカサ 2匹 ◇ イトフエフキ 1匹

◇ オキザヨリ 1匹 (北野氏より) 何と1.3m程まで成長するそうだ。 (全長75cm位あった)

◇ 名前が判らん??? 1枚 (北野氏より) 赤い魚?
sendaikou_sesenoura-000
Team磯太郎の村上です。 今年も夜釣りのシーズンが訪れました。

今回(2016年)は、鹿児島県・瀬々野浦「松島」での夜釣りのもようをお届けいたします。

私的に焦ってドタバタするのが苦手なので、船長や他のお客様にお願いして、出港時間を1時間繰り上げていただきました♪(御協賛いただいた方々に感謝します)

通常時は、午後4時の出港になりますが私は段取りが遅いので、3時出港でお願いいたしました。
kitano_hituto-000
夜釣りと申しましても私の経験上「シブダイ」や「タバメ」は夕方の明るい時間帯でも瀬際を餌を求めてうろついています。

そこへ餌を投げて、当たって来ないハズはございません。
datu_nanoka-000
北野氏からいただいた「ダツ」に似た、この魚は何でしょうか?

「ダツ」だと思って、貰って直ぐに頭部を切り落としてしました。

この魚の胴周り(直径)は、約 5cmで鱗は無くウナギのようなヌメリもありません。

熊本で釣れる「ダツ」の身は、緑色で臭くて食えません!が、この魚は白身で食べてみましたが臭みも無く美味しかったです。

背開きにして、蒲焼きにしたら美味そうでしたが「ダツ」だと思っていたので、名称を調べる前に「カメ」の餌にしていまいました。
yugure_ookabu_C00
瀬々野浦の磯で、私が今まで行ったことが無かったのが、この大カブ瀬一帯です。

北野氏は何度か上がられたそうですが。
yugureno_ookabu-D00
初めて見る「大カブ瀬」の裏側は、私的にどう見ても「ネズミ」にしか見えませんでした。

大分県の「鶴見」や「米水津」の磯は、「カメ」に似た岩が沢山見えますが退屈な時は、何に見えるか想像するのも楽しいものです。
sikake_syoukai-000
仕掛け紹介と言っても「ウキ(安物)」と、石鯛釣り用の「スクリューサルカン」のみです。

釣り方は、フカセ釣りです! 竿やリール(道糸・ハリス)が、クロ狙いと違い号数が大きいだけてす。

「スクリューサルカン」は、「スナップサルカン」より簡単に使えます。

スナップサルカンは、便利ではありますが手が濡れて爪が湿ると、開くのが大変です。

スクリューサルカンは、先端に引っ掛けてクルクル回すだけで、ハリスが取り付けられます。
esano_tukekata-000
餌の「キビナゴ」の付け方を色々試して研究してみました。

釣りたい魚の大きさ次第では、「キビナゴ」をカットするのではなく「小ぶりのもの」を持参した方が悔いが良いとおもいます。

「シブダイ」や「タバメ」のような大口の魚には、大きな餌の方がアピール度が上がるので「大きいもの」持参したいと思います。
sese_ookabu_matusima-000
今回、図解にしたポイントが絶対的なものではございませんが、今回はたまたまココに魚が居ただけかもしれませんので、ご参考までにご覧ください。
murakami_no_tyouka-000
私の仕掛け作りにミスが無ければ。(>_<)。もっと沢山釣れたのでしょうが!?

磯釣り履歴35年の私が、ドジ踏んだことに気付いたのは、釣り開始から約4時間!

棚2ヒロ程しか入っていませんでした。
yoake_no_ookabu-A00
私が取材用に使用しているカメラは、なかなか優れものです。

デジタルカメラ:OLYMPUS・TG-1:防水15m(最新型は、20m)単体で広角28mmから望遠撮影が可能です。(当然、望遠撮影では画質が落ちますがWEB上では気にならないレベルです)
yoake_no_ookabu-B00
OLYMPUSの特性として、ブルー(青)が綺麗に撮影できますので、海での風景撮影には持ってこいです。
kaisyu_sendaikou-000
すみません! 薄暗い時間帯で移動する船上は、どうしても「ブレ」が発生してしまいます。

フラッシュを焚けば、良いのですがバッテリーの残りが少なくフラッシュは、焚けませんでした。
takanoturiguten
こちらは、ほぼ、毎回!甑に行く際に立ち寄る芦北の「高野釣具店」です。

底物師達に、人気のお店で我々も特に「夜釣り」の際は、撒き餌や付け餌を買いに立ち寄ります。

フカセ用の撒き餌については、「山本釣具センター」だったり「ポイント」だったりですが、底物用の餌の購入は「高野」と決めています。

各釣具店さんで、置いてある餌にさほどの違いがある訳ではありませんが、御当地モノと云うか他には無いモノあったりします。(値段も違うし、鮮度も違う!冷凍物でも違いが判る)

しかし、今回の撒き餌は失敗でした(>_<)前日電話で確認した時、今ある「タレ」には少しイワシが混ざったもので、1500円ですとお聞きしていました。

ところが、今回の「タレ」はイワシの中にキビナゴが小量まじったモノでした(>_<)最悪でした。

以前のは、ほぼ「キビナゴ」でイワシの混入は無いに等しかったのに?

人によっては、イワシの方が臭いがキツク集魚効果が高いと好まれますが、私的に手が汚れるのは好ましくありません(>_<)

※ 「撒き餌」も「付け餌」も生の「キビナゴ」を持参したいのですが、キロ1200円ほどするので手が出ません。

以前は、7月に牛深(茂串港)へアジゴ釣りに行ってからそれを持って行っていましたが、今は釣れないのでアジゴは諦めました。
eifukumaru-000
EIFUKUMARU_2016.8.13-14
上の写真は、今回お世話になった「永福丸」さんです。

〒896-1521

鹿児島県薩摩川内市下甑町瀬々野浦

釣行のご予約は、民宿「寿(ことぶき)」 TEL・FAX 0996-95-0079
 
永福丸( EIFUKUMARU )

船長は、山下 平 さんです。 携帯電話 090-7456-3338

出航地は、薩摩川内市の川内港の一番先です。( 火力発電所側の突端部より )

料金は、10,000円でした。
senndaikou-sese-001
◇ 黄色で示した場所から「永福丸」さんが出港します。
 
 
Team磯太郎:村上誠
 
◇ 2017.7.12内容の一部を変更いたしました。
 

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。