Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in 釣果・写真

2013年 2月 3日・天草市・牛深・沖平のカワ瀬釣行紀 Paet 2
 
すみません!今回は、写真が多すぎて2ページ構成に、なってしまいました。

Team磯太郎の北野氏と2人で牛深へ釣行しました。

牛深港に於ける満潮時刻 PM 12:41 ・ 干潮時刻 AM 6:29 ・ PM 19:28 ・ 日出AM 7:12 ・ 晴れ/曇り

午前6時出船なので、3時に釣具のポイント富合店で待ち合わせ、北野氏の車で牛深の岡山釣具店を目指した。

渡船の石鯛丸さんには、岡山釣具店さんより予約を入れていただきました。(北野氏が予約)

私の場合は、石鯛丸の土手船長へ直接予約を入れますが。

天気予報では、波高1.5→1.0m ウネリが残っている。 夕方ごろから下り坂と云った状況。

有料道路走行中は、所々霧が出ていました。

※ 今回の予約瀬は、沖の平瀬・平瀬本島(灯台がある・東の瀬とも云う)だったのですが、何故か??3人の先客がいた。

やられた! 渡船組合以外の船が客を降ろしていた!

ムカつくが、仕方がない!ので、真横のカワ瀬へ降りたが、ウネリが度々足元を洗う中、釣りを始めました。

その後、両者クロを1枚づつゲットしたところで、安全な瀬への移動を決断しました。

移動から数時間後、また、沖平横のカワ瀬へ戻ることになった。
(001) 16:05ようやく石鯛丸さんが、瀬替わりのお迎えにきてくださいました。

回収時の瀬替わりであれば、先に上った釣り客がポーター役を務めてくださいますが、今回の場合はポーターさんが居ないので私一人で、2人分の道具と撒き餌等を石鯛丸さんへ積み込み、沖平へ向いました。(汗だくでした)

※ 画象の石鯛丸さんが、蛇行しているように見えますが石鯛丸さんは、直線的に走行されています。

私の撮り方が、悪いのです。
idou-002
(002) 晴天の海上ドライブは、最高ですよ!   ※ Part 1 と同じ写真ですみません。
(003) カモイの無名瀬から沖平本島(灯台・東の瀬)横のカワ瀬へ戻って直ぐ目の前のハナレ瀬で竿が曲がったので、連続撮影を行いました。

朝一からズーと居れたはずなので、かなりの枚数が上ったと思いましたが、瀬上り時に伺ったらクロが8枚だったそうです。(45~38cm)
okihira_kawa-001
(004) このカワ瀬には、高台が存在しないため瀬(磯)の全景写真が、撮れませんでした。

OLYMPUS TG-1 に魚眼レンズを装着していますが、ご覧の通り切れてしまいます。

写真の中に点在する英文字は、位置を示すために記載しています。

夕方、凪になりかなり潮が下がった状態の写真です。
okihira_kawa-002
(005) このカワ瀬には、高台が存在しないため瀬(磯)の全景写真が、撮れませんでした。

OLYMPUS TG-1 に魚眼レンズを装着していますが、ご覧の通り切れてしまいます。

黄色の矢印は、駆け上るウネリや波の行跡を示しています。

※ 瀬(磯)全体に、カキやアケミ貝が沢山付着しているところを見ると、満潮時は冠水(水没)することが判ります。
okihira_kawa-003
(006) 黄色の矢印は、駆け上るウネリや波の行跡を示しています。
okihira_kawa-004
(007) 私の釣座の左側もかなり傾斜していて時化時は、溝Aやその周りの低い部分をウネリや波が駆け上ってきます。

オレンジ色の×印は、私のヒットポイントです。 真下に沈み瀬があります。

黄色の矢印は、駆け上るウネリや波の行跡を示しています。 
okihira_kawa-005
(008) カワ瀬の南側には、全体より更に低い瀬が連なっています。

Bの先の瀬の中央部は、溝があり見ての通り右からウネリや波が、駆け上ります。

黄色の矢印は、駆け上るウネリや波の行跡を示しています。
okihira_kawa-006
(009) 私の釣座の左側もかなり傾斜していて時化時は、溝Aやその周りの低い部分をウネリや波が駆け上ってきます。

オレンジ色の×印は、私のヒットポイントです。 真下に沈み瀬があります。

黄色の矢印は、駆け上るウネリや波の行跡を示しています。
okihira_kawa-007
(010) ウネリや波が、溝にそって駆け上ってきます。

黄色の矢印は、駆け上るウネリや波の行跡を示しています。
okihira_kawa-008
(011) 私の釣座の右側の溝Cから大きな、ウネリや波が駆け上ります。

北野氏の左側の溝も同様です。

緑色の×印は、北野氏ヒットポイントです。 真下に沈み瀬の壁があります。
okihira_kawa-009
(012) 私の釣座の右側の溝Cから大きな、サラシが出ています。

緑色の×印は、北野氏ヒットポイントです。 真下に沈み瀬の壁があります。

正面に見えているのが、沖の平瀬(西の瀬)です。 ポイントは、右側の足元から沖です。

※ この写真の黄色の矢印は、下げ潮の流れを示しています。
okihira_kawa-010
(013) カワ瀬の北の端Dは、駆け上りになっていて朝方は大波が上ってきました。

黄色の矢印は、駆け上るウネリや波の行跡を示しています。
okihira_kawa-011
(014) カワ瀬の北の端Dは、駆け上りになっていて朝方は大波が上ってきました。
okihira_kawa-012
(015) 南側から沖平本島(灯台・東の瀬)との水道の北側の入り口付近を見ています。
okihira_kawa-013
(016) 沖平本島(灯台・東の瀬)との水道の北側の入り口付近です。
okihira_kawa-014
(017) 沖平本島(灯台・東の瀬)との水道の北側の入り口付近です。

瀬際に薄く棚が見えています、その先はドン深になっています。

壁を探ってみましたが、ガラカブは釣れませんでした。
okihira_kawa-015
(018) 沖平本島(灯台・東の瀬)との水道の真ん中に沈み瀬がありますが、干潮時に渡れるかは不明です。
okihira_kawa-016
(019) 沖平本島(灯台・東の瀬)の釣座は、灯台から船着き場へ伸びるコンクリートの道と、その左手のスペースと、写真中央右側の小島(潮が下がれば上れる)です。

コンクリートの先端(船着き場)は、足元でクロがヒットしてきます。

その他の釣座は、基本的には遠投です。 竿4~8本で、良くあたってきます。
okihira_kawa-017
(020) 沖平本島と H・I 間の水道は狭く釣りはできません。

ガラカブぐらいは、釣れるかも?
okihira_kawa-018
(021) 沖平本島と H・I 間の水道は狭く釣りはできませんが、凪日であれば I の右側へ行けば、干潮までの暫しの時間は釣りが可能かも。

手前は浅いので、遠投が必要です。(竿6本以上)
okihira_kawa-019
(022) カワ瀬の南側には、全体より更に低い瀬が連なっています。

Bの先の瀬の中央部は、見ての通り右から波が駆け上ります。
okihira_kawa-020
(023) カワ瀬の南側には、全体より更に低い瀬が連なっています。

大潮で波気がなければ、立ち込みが可能だと思いますが恐らくこのカワ瀬は、凪の日は釣果が出ないのではと、推測します。

Jは、私の釣座の一番突端の角にあたります。
okihira_kawa-021
(024) ウネリや波が駆け上る場合は、タモ網を足元に置けなかったため左側のA部分の溝へ波が上るのを利用して、クロを取り込みました。
 
瀬の紹介はこの辺で止めにして、釣りを再開します。

私は、最近初心(者)に戻り「クルクル回転釣り」に、嵌まっています。

クルクル回転釣り?とは、なんでしょうか。

 私は、近年(10年以上)ダイワ製のレバーブレーキ付きのリールを使用しています。(LBC/LBD等)
まァ普通のブレーキなし、リールでも「クルクル回転釣り」は、可能です。(フリーにできれば)

 私が、「クルクル回転釣り」と呼んでいるだけで、以前は「ドラグフリー釣法」とか「ツインドラグ釣法」と呼んでいたと思います。
  投げ釣りを行う場合は、「持ち竿」ではなく専ら「置き竿」で釣りを行います。

 カレイやヒラメの様に、餌を食べ鈎掛かりして走らない魚では問題ありませんが、スズキやタバメの様な大型魚の場合、スプールを固定していると「竿とリール」ヘタすると、竿掛けもろとも!持って行かれます。

 それを防止するために、ドラグをフリー(緩める)にしたりして、急な引きに対応して道具の紛失を防いでいました。(うなぎ釣りでは、年間に数本持って行かれたことがあります)

ダイワのLBDは、ドラグ付きのリールですがドラグをフリーにはしません。

磯釣りの基本は、竿は手持ちです。 そこで私は、リールの「ロック機能」と「フリー機能」の内、「フリー機能」を活用します。

仕掛けを遠投入し、竿を2~4振りしてラインを出したらリールの「ロックレバー」をフリーにして、仕掛けを流し始めます、ラインが張りウキが引っぱられるようであれば、またスプールからラインを送り出します。

 「クルクル回転釣り」の利点は、逆光時や遠投時にウキが見え辛い!見えない!時に非常に有効的です。
 一般的には、スプールをフリーにしてラインを軽く指で押さえ、魚が鈎掛かりして走ればバッバッとラインが走り、合わせを入れるとヒットします。

その行為をリール任せで、行うだけですが実に面白いですよ。

 前当りの瞬間!リールのハンドルがカクッと動き反応します。
魚が鈎(餌)を咥え走り出すと、リールのハンドルが、クルクル回転します。魚には、ほどんどテンションを与えないため、食いこみが好いようです。

※ リールのハンドルが、高速で回転するときハンドルを止めると手を傷つけたり、リールが破損する恐れがありますので、回転が緩まってから合わせを入れます。(私は、回転が止ってから合わせますが)

下のクロは、「クルクル回転釣り」でヒットしました。 目が!回る~と叫んでいました!
(025) 何時もの如くリールのハンドルが、クルクル回り合わせろ入れると凄い手ごたえあり、大物を予感させました。

しかし、クロではない?何故か引き方が変でした?いくら大きいと言ってもクロならば、こんなに時間が掛かるはずもないし?大物ならラインが切れるはずですが、切れずに走り回っていました。

暫くして水面の姿を見せたのは、真っ青なクロでしたが?何か?変?でした。
全くこちらを向きません?(タモ入れの最中もです?)
2.3_tyouka-001
(026) 
2.3_tyouka-002
(027) 
2.3_tyouka-003
(028) 今回の私の釣果です。 40cm越えが、4枚。 残りは、38cmと35cmでした。

北野氏の釣果は、釣行紀 Paet 1の動画(連続写真)であがった、42cmのクロが1枚でした。

今回は、2人ともバラシが非常に多かった! 瀬上り直後から昼間は、ハリス1.75号・鈎は、5~4号。

夕マズメ時、カワ瀬に戻ってからはハリス2.25号へサイズUPしました。

熊本の場合、タマズメ(タ:夕方のゆうです)午後3時以降になると、あたって来る魚のサイズが変わってきます。(大型が、多くなる)

バラシの回数は、釣果の約3倍でした。 鈎外れ! 鈎が折れた! 鈎が伸びた! ハリス切れ! 等です。

鈎外れ(スッポ抜け含む)は、鈎が小さいと判断してサイズをUPしました。
鈎が折れた・伸びたも同じことで、対処できます。

問題はハリスです!今回使用したライン(道糸)は、1.75号です。 ハリス2.25号との差は、0.5号です。
ハリスを2.5・2.75・3号と変更すると、ラインとのバランスが崩れ今度は、ライン切れが発生します。

ライン(道糸)が切れるとウキも失うので、大損害です。
2.3_tyouka-004
(029) 今回の最大魚は、何センチあるのでしょうか。(ウロコを取ったあとの状態です)
2.3_tyouka-005
(030) くそ~ぉ残念! 最大魚は、44cmから2mm短い! 43.8cmでした。
2.3_tyouka-006
(031) 最大魚は、オス♂でした。
2.3_tyouka-007
(032) 今回の釣果6枚中、オス♂が5枚・メス♀が1枚でした。

まな板の上にあるのは、オスの白子(2枚分)とメスの真子(卵巣)とレバーです。

残りのクロの白子はとても小さく、食べられるサイズではありませんでした。

上記は、煮付にして美味しく家族でいただきました。
 
今回の釣行で、お世話になった釣具店

◆待ち合わせ場所として立ち寄った、釣具のポイント富合店(車を1台駐車させていただきました)

住所 〒861-4151 熊本県熊本市南区富合町清藤字突田30-1   TEL 096-358-1671


◆牛深久玉の岡山釣具店さん、石鯛丸さんの予約と餌一式。

住所 〒863-1902 熊本県天草市久玉町1411-177   TEL 0969-73-4349
isidaimaru-002
上の写真は、今回お世話になった石鯛丸さんです。

〒863-1901  熊本県天草市牛深町1610-2

電話 0969-72-4461 携帯電話 090-3072-4939

石鯛丸( FISHING ISHIDAI )  船長は、土手 さんです。

出航地は、牛深町の牛深ハイヤ大橋下の牛深港の中央部です。( 深川釣具パートナー号の近く )

料金は、5,000円でした。


◆石鯛丸さんは、私の磯釣りの原点になった渡船です。

私が生まれて初めて、本格的な磯釣りに連れて行ってもらったときに、乗船したのが石鯛丸さんなのです。

あれから、27年のお付き合いになります。

今の石鯛丸は、2代目の渡船です。

私は初代の石鯛丸のエンジン式、マッサージがとても気に入っていましたが、新艇に変わってからマッサージ機能が失われたのは残念です。

( マッサージ機能が、あった事をご存じの方が何人位いらっしゃいますか )

今後ともよろしくお願いいたします。

読者の皆様も是非、釣行されてみては如何でしょうか。


Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。