Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in Wakame 収穫 ・ 写真

2012年 4月 7日 わかめ刈り ・ 2回目 ・ 堅かった
 
Team磯太郎OBの井島氏と2人で、わかめ刈り2回目に行ってきました。

前回は、極寒の2月の未明(明方前)時が最大-(マイナス)潮でした。

先月は、都合が着かず行けませんでした。
わかめ刈りが、可能な日は年内の数ヶ月間でその内の数日間しかありません。( 干潮 )

△ 4月 7日PM 15:11 潮位 -11cm  ◎ 4月 8日PM 16:09 潮位 -21cm
△ 4月 9日PM 16:49 潮位 -18cm  △ 4月10日PM 17:29 潮位 -3cm

△ 5月 6日PM 15:07 潮位 -15cm  ◎ 5月 7日PM 15:52 潮位 -21cm
△ 5月 8日PM 16:35 潮位 -15cm

わかめは、5月を過ぎると根や葉が腐り流れてしまいます。

記号の見方 ▽まぁまぁかな △良いかも ◎最高です

※ 所により、漁協の管理海域があるので収穫には注意が必要です。

※ 海は突然深くなっている所がありますので、長靴で入れる範囲以上に沖へ入らないでください。

※ 海岸や岩礁地帯には、苔状のものが沢山生えていて大変滑りやすいので、歩く際は十分注意して移動してください。( 私は、今回2回転倒しました・笑!)

貝堀日は、上記日の2~3日前からが最適です。
wakame_2012_no2-001
(001) 今回のわかめ刈りは、昼間とあって足取りも軽やかにゴロタ石の上を移動する、井島氏。

右手に、草スキーのボード(帰りわかめを運ぶのに使用します)左手には、バッカン(中にはネットなどの小物が納められています)。
wakame_2012_no2-002
(002) 明るいと景色が良いです。
wakame_2012_no2-003
(003) 写真に3本のライン(オレンジ色・白色・緑色)を入れてみました。

沖側からオレンジ色(わかめの限界線)のラインから岸側には、生えていません。

オレンジ色から白線までのラインは、普段潮が引きません。(海中です)

白線から緑色のライン間は、小潮時に潮が引くラインです。
wakame_2012_no2-004
(004) この時期になると、わかめの中間から上の部分がほどんど、残っていません。
wakame_2012_no2-005
(005) わかめは、普段潮が引かない深みにあります。

写真の褐色のものの全てが、わかめです。 海中にあり見えないものも含めますと、一帯の海岸線には何万本生えているか判りません。
wakame_2012_no2-006
(006) この場所は、岩場の先端付近で防波堤から100mほど沖に、位置しています。
wakame_2012_no2-007
(007) この辺の海底は、砂泥質なのでご覧の通り白濁りしています。
wakame_2012_no2-008
(008) 岩はに、長靴を履いてはりついて居るのは、井島氏です。

私は、滑らないように磯靴(スパイク着き)を履いて行きます。

※ その状態でも滑るので、転倒には注意が必要です。
wakame_2012_no2-011
(011) 潮が、満ち始めました。 わかめの限界線から岸側、白線までの間一面にゴロタ石に覆いかぶさっています。

※ 濡れていると、とても滑り易いので要注意です。
wakame_2012_no2-012
(012) 白線から緑色のライン間では、辺り一面ではなくゴロタ石毎に、海草が生えています。

※ 濡れている時は、緑色ですが乾燥してくると白色になりますが、枯れてはいません。
wakame_2012_no2-013
(013) 緑色のラインまで、上ってきますとところどころのゴロタ石に、海草が生えています。
wakame_2012_no2-014
(014) ゴロタ石エリアを過ぎると、砂利 → 砂 → カキが羅 → ゴミと足元の材質が、変化してきます。
wakame_2012_no2-015
(015) 今回は、葉っぱの部分は土砂で汚れていましたので、茎の部分を沢山刈り取ってきました。
wakame_2012_no2-016
(016) 洗い桶を準備します。 洗浄 → 中仕上げ用 →仕上げ洗い用に3つ準備します。
wakame_2012_no2-017
(017) 洗ったわかめの水切りを行っています。 運ぶのに重いので。
wakame_2012_no2-018
(018) 樽一杯のわかめを洗浄するのは、大変です。
wakame_2012_no2-019
(019) 茎の塩抜きを行っています。 塩抜きを行わないと、とても塩からいです。
wakame_2012_no2-020
(020) 茹で作業を行っています。
wakame_2012_no2-021
(021) 冷却しながら再度洗浄します。
 
※ 今回のわかめの茎は、堅過ぎました! 最初3cm幅に、カットして食べてみたら噛めませんでした。

何とかして、食べたかったので数ミリ幅にスライスして、何とか食べられました。

葉っぱも凄い歯ごたえでした。 やっぱり寒の内のわかめの方が、柔らかくて美味しかったです。

来年は、4月に行くのは止めにします。
 
次は、何が採れるでしょうか。
 
Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。