Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Catch in Wakame 収穫 ・ 写真 

2013年 1月29日 わかめ刈り ・ 乾燥わかめ編Ⅰ >
 
Team磯太郎の村上です。

今年も当倶楽部OBの井島氏と2人で、わかめ刈りに行ってきました。

今年は、昨年より潮周りが良いのか?1月末に1回目のわかめ刈りに、出掛けることになりました。
◆10日ほど前釣り友の井島氏より、今年のワカメ刈りは連れて行くとかい?と電話をいただいた。

極寒の海辺に、70近い後輩(Ⅰ社の)を連れて行くのは気が引けますが、本人が望むなら仕方ないとは、思うけど?寒かバイと伝えた。

今年は、何百キロ獲れるだろうか? 行ってみないと、判りませんが。
◆1月26日、出撃準備を行いました。 50Lのクーラー3本と40Lを1本をマイカーに積み込みました。

その他、収穫用の資材一式も準備完了です。 あとは、お天気次第です。 ばってん寒かろな~ぁ!

しかし、寒干しのワカメが一番美味いので、気合が入ります!
wakame-2013no1-001
(001) ワカメ刈りに、出撃する前に週間天気予報をテレビ(NHK)で、確認を行いました。

何故!翌日からの天気が、気になるかと申しますと収穫したワカメを茹でた後、天日干しを行うからです。(雨天時は、室内で乾かす必要がありますので)
wakame-2013no1-002
(002) 自宅を出発して、およそ2時間後目標の海岸に、到着しました。

この日の三角港に於ける干潮時刻は、午前4時16分 ・ 潮位は-5cmの中潮です。(昨日まで大潮)

夜空には、月がありフラッシュ無しでも海岸のようすが伺えるほど、明るかった。
wakame-2013no1-003
(003) 到着から待つこと約2時間(場所取待ち)後、着替えて道具一式を持ち海岸へ降り、水際まで歩きます。

写真に写っている、褐色のものがワカメです。 緑色のは、ただの海草(かいそう)です。

※ ワカメは、海藻(かいそう)です。
wakame-2013no1-004
(004) 緑色(海草・かいそう)と褐色(海藻・かいそう)なので、色だけでワカメだと判ります。
wakame-2013no1-005
(005) この写真には、3種類の海藻(草)が写っています。

写真の上の方に、写っているもの?は何でしょうか?

見た感じは、ヒジキかな?と思いますが? 阿蘇出身の井島氏と、熊本市生まれの私では判断が着きません。(浮き玉が無く、葉は小さく全体的にヌルヌルしています、色は褐色です)

お店で販売されているものは、皆さんもご存じだと思いますが、まっ黒けの海藻です。
wakame-2013no1-006
(006) 沖に進むとワカメの数より、ヒジキと思われる海藻が沢山生えていました。

海水の色が、白っぽいので当然ワカメも汚れています。
wakame-2013no1-007
(007) 水際から離れ岸の方へ行くと、辺り一面緑色の海草が岩や石を覆っています。

上に乗ると、滑って転倒しますので移動には、注意が必要です。

※ 岸近くの石は、河原と同じで丸みのある石が、非常に多い! 沖の岩や石には、カキ等が付着していますので、あまり滑りません。
wakame-2013no1-008
(008) 写真に写っている収穫ネットと柄の長い釜ま自作品です。

ネットは、材料代(網・ロープ・1枚当り)300円ほど。 釜は、植木市でステンレス製を購入し、ホームセンターサンコーからアルミパイプを購入して、繋ぎ合わせたものです。

この日の気温は午前5時ごろ0℃でしたが、ヒートテックにカイロと防寒着に雨カッパを着てたら熱くて、汗だくになってしまいました。
wakame-2013no1-009
(009) 家に、戻ったら大型の鍋にお湯を沸かします。
wakame-2013no1-010
(010) 家の外には、ワカメを洗浄する準備を行います。
wakame-2013no1-011
(011) 今回の収穫は、50リットルのクーラーBOX(イグロー)に1杯です。
wakame-2013no1-012
(012) 今回の収穫は、50リットルのクーラーBOX(トランク大将)に1杯です。
wakame-2013no1-013
(013) 今回の収穫は、50リットルのクーラーBOXに2杯です。
wakame-2013no1-014
(014) 洗浄作業は大変です。 他の作業もですが。
wakame-2013no1-015
(015) 洗浄作業は大変です。 他の作業もですが。
wakame-2013no1-016
(016) 洗浄作業は大変です。 他の作業もですが。
wakame-2013no1-017
(017) 洗浄作業は大変です。 他の作業もですが。
wakame-2013no1-018
(018) ワカメが茹で上ってきました。

我が家では、私が洗浄して母が台所まで運び、親父が茹でて母が干す。(3者分業で作業を行います)

井島氏は、この作業を全て1人でこなすらしい!
wakame-2013no1-019
(019) ワカメの洗浄作業中、頭上に浮遊物体を発見した。

最近よく飛んでいるアリコの飛行船、スヌーピーJ号です。
wakame-2013no1-020
(020) 今年のワカメは、褐色が薄い。
wakame-2013no1-021
(021) 洗浄・中洗い・仕上げ洗い(すすぎ)を行い、ザルで水切り(移動時軽いように)
wakame-2013no1-022
(022) 洗い桶の水がかなり濁っています。
wakame-2013no1-023
(023) 洗い桶の水がかなり濁っています。
wakame-2013no1-024
(024) 洗い桶の水がかなり濁っています。
wakame-2013no1-025
(025) すすぎ桶は、頻繁に水を入れ替えます。
wakame-2013no1-026
(026) 今回の収穫は、ご覧んのネット4袋でした。
wakame-2013no1-027
(027) 水洗いの時点で、不要なもの(海草ほか)を取り除く。

漁師さん達は、収穫したワカメをどのように処理されているのか不明ですが、我が家では水道水で汚れと、塩分を落とします。

鍋で茹で(殺菌)、冷水で冷やし水切りして天日干しにして、乾燥保存します。

塩浸けする桶もないので。 洗浄作業に用いてる桶は、母の趣味の味噌作り用です。
wakame-2013no1-028
(028) 今回最大のものは、運動靴の外寸の2.5倍ほどなので全長は約80cmほど。
wakame-2013no1-029
(029) 今年のワカメは、なかなか成長が良かった。 芽ワカメもあった。
wakame-2013no1-030
(030) ワカメに着いてきた、可愛いお客さんだがこの時期庭に離しても、生きられません。(>_<)
wakame-2013no1-031
(031) 道具・防寒着・雨具なども洗浄潮抜きして乾燥させます。
wakame-2013no1-032
(032) 茹で後、水切りの間だけ魚干し網に広げます。
wakame-2013no1-033
(033) 収穫ネットも干し網になっています。
wakame-2013no1-034
(034) ザルが足りないので、さしより3段魚干し網に広げています。

干し網の構造が、年代で異なる。 値段は、同じですが。 ↑は2010年購入。↓は2012年購入。
wakame-2013no1-035
(035) ザルが足りないので、さしより3段魚干し網に広げています。
wakame-2013no1-036
(036) 魚用の干し網に、ワカメを並べていますが風通しが悪い!
wakame-2013no1-037
(037) 天日干しには、風も必要ですが無風状態です。
wakame-2013no1-038
(038) 天日干しには、風も必要ですが無風状態です。
wakame-2013no1-039
(039) 天日干しには、風も必要ですが無風状態です。
wakame-2013no1-040
(040) バラの上のワカメは、だいぶ乾いてきました。
wakame-2013no1-041
(041) これは、ただの海草(かいそう)です。 生の時は、緑色で茹でても緑色でしたが?日に干したら茶色になりました。
wakame-2013no1-042
(042) これは、ただの海草(かいそう)です。 この草は、なかなか乾きませんでした。

最後は、畑の肥やしに埋められてしまいました。
wakame-2013no1-043
(043) 我が家には、ねこの額ほどの庭がありますが、いったい井島氏は、どうしているのだろうか?
wakame-20.13no1-044
(044) 家中にある、あらゆるザルを利用してワカメを乾燥させます。

天気が良い内に、乾燥させないと腐ってしまいます。
wakame-2013no1-045
(045) 午前中の空は、薄雲は少しあるもののほぼ晴天でした。
wakame-2013no1-046
(046) 午後3時過ぎには、雲が多くなり明日は崩れそうです。

もう少し乾燥させなけらば行けないのに!
wakame-2013no1-047
(047) さらに3日後、ようやく8割がた乾燥したのであとは、室内で乾燥させます。

今回の収穫は、ご覧のみかん網に5杯ほどでした。
 
Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。