Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Gallery 特種用途自動車 < 最大安定傾斜角度の実測風景 ・ 其の二 >

一般の方は、特種用途自動車 ( とくだねようとじどうしゃ )がどのような自動車か、ご存じないと思いますので、簡単にご説明いたします。

すご~く簡単に言えば、8ナンバーが付いた自動車のことを言います。

詳しく細分化すると難しいので、ここではご説明を控えます。

さて今回ご紹介する記事は、特種用途自動車と呼ばれる最もポピュラーな、医療防疫車 ( いりょうぼうえきしゃ )について、医療防疫車と聞いて???と思われる方が殆どではないでしょうか。

医療防疫車を簡単に申しますと、レントゲン車などの医療用検診車のことを指します。
( 以後、検診車と云います )

皆さま検診車が、どこで造られているのかご存じでしょうか。

検診車の製作は、トヨタ・ニッサン・日野・三菱と云った大手自動車メーカーが、造っているわけではありません。

主に会社名の中に、特殊車体や車体と云う文字が含まれている会社が、製作を行っています。
( 改造屋とも云う )

タイトルの『 最大安定傾斜角度 』( さいだいあんていけいしゃかくど )とは、何んでしょう。

これは検診車含む改造自動車が完成し、お客様へ引き渡される前のに行われる、車検の工程の一つです。

最大安定傾斜角度て、普通の車検で耳にする言葉ではありませんが、特種用途自動車乗合自動車の新規登録には、欠かせない検査の一つです。

最大安定傾斜角度とは、空車状態 ( 誰も乗っていない状態 )の自動車を左右に傾けたとき、反対側の車輪が全て地面から離れときの角度を云います。左右それぞれの角度が、35度以下で転覆(横転)しないことが、条件になっています。

保安基準 : 側車付2輪自動車( トラック含む )は、25度以上 ・ 車両総重量が車両重量の1.2倍以上の自動車は、30度以上 ・ それ以外の自動車は、35度以上が必要です。

前置きが長くなってしまいましたが、実測作業の様子をご紹介しましょう。
今回ご用意できたのは、2タイプの胸部検診車の最大安定傾斜角度の実測の様子です。
tenkaku2-001
こちらの施設では、最大安定傾斜角度の測定を行う前に車輌用の体重計で、まず車両重量(W)を測定します。

tenkaku2-002
次に左右の重量を測定します。

左右の重量差を確認後、条件の悪い側のみ傾斜角度の測定を行うそうです。
tenkaku2-003
測定する側が決ると、傾斜装置が設備された建物に測定対象車輌を入れます。
tenkaku2-004
最大安定傾斜角度の測定を行うため、測定対象車輌を傾斜装置の上に停車させます。

今回は、右側のみ安定角度を測定します。
※両側測りたいとお願いしたが、条件の悪い方以外測っても時間の無駄だ!と断られた。
tenkaku2-005 車輌に、ロープを1本天井側から回し車輪等に固定します。

(ロープを2本回したかったが1本しか回せなかった)

このロープは車輌を最大に傾けた際、万が一車輌が転倒しようとするのを防止するためのものです。
(補助的なものです)

測定側の反対側の床下に、転倒防止用の チェーンをセットします。
tenkaku2-006
車輌の転倒防止作業が終了すると、傾斜装置が右へ傾き始めました。

灰色の台の下には、油圧式のジャッキが装備されています。

こちらの施設の傾斜装置は、片側が沈下して行く構造のようです。
tenkaku2-007
車両(自動車)て、凄いですよね!人が乗っていないとは云え、こんなに傾いても倒れないのですから。

この車輌の最大安定傾斜角度の基準は、30度以上で転倒しなければ合格します。
tenkaku2-008
現在の傾斜角度は、22度程です。
tenkaku2-009
現在の傾斜角度は、23度程です。
tenkaku2-010
現在の傾斜角度は、24度程です。

車体の傾斜は、傾斜装置の傾きより更にスプリングがタワミ、傾斜が大きくなっています。
tenkaku2-011
現在の傾斜角度は、25度程ですがここで一つ問題が発生しました。

左後輪が浮いたお陰で、フロントバンパーの右下が傾斜装置に接触してしまったため、作業を中断してフロントバンパーを取り外しました。
tenkaku2-012
右側の傾斜角度を測定作業を再開しました。

現在の傾斜角度は、26度程です。

この車輌は後輪エアサス車です。
デフの右側、タイヤの内側の黒い円筒形のものが、『 空気ばね 』です。
tenkaku2-013
現在の傾斜角度は、27度程です。

判り辛いですが、台の傾きより車体の傾きの方が大きくなっています。
tenkaku2-014
現在の傾斜角度は、28度5分です。
tenkaku2-015
現在の傾斜は、29度程です。 あと1度チョイです! 頑張れ~と応援します。
tenkaku2-015
現在の傾斜は、29度4分です。

左後輪は、浮き上がり転倒防止用のチェーンが張ってきています。
tenkaku2-016
次の瞬間! ド~ン!と、大きな物音を立て車体が、転覆しました。

転倒防止用のチェーンが、セットされていなかったら確実に車体が横転し、建物の壁を壊し建物が倒壊したり、右下角のコンクリートが、車体にめり込んだりして大変なことに、なるところでした。

其の時の傾斜は、29度5分でした。
傾斜装置を元に戻しつつ、車体の傾斜を復元し何とか無事に車輌を建物から、外に出すことができました。

車輌は、転覆したものの車体には大した損傷が無かったことは、ラッキーでした。

測定作業に従事された方々( 我々も含み )一人のけが人も出さなかったことも幸運でした。
車輌には直ちにフロントバンパーを取り付け、会社へ移送し車体の修復作業と転覆対策を行い、見事車検に合格しました。

※車検後に、転覆対策を邪魔だからとか云って取り外さないでくださいね、と祈ります。

私が、自動車改造関係の会社に勤めた約30年の内、最大安定傾斜角度の実測に立ち会ったことは、4回しかありますん。

実際に、自分の目の前で車輌が転覆(横転)するのを見たのは、あのときが始めてでした。

あれから約15年程経っても、転覆(横転)したと云う報告は受けていませんので、文珍が利いてると判断します。
tenkaku_no1-001
最大安定傾斜角度の測定では、如何にタイヤが頑張れるかで勝負が決まると云っても、過言ではありません。

傾斜装置の上に車を乗せ、運転手は窓から体を乗り出す様にして黄色のブロックに、タイヤを押し付け停車させます。

※検査前に、タイヤの空気圧を高くして測定することをお勧めします。
※検査前に、もう一つ大事なのは燃料タンクを満タンにすること。

床下が重くなるこてで、条件が良くなりますよ!
 
車検場に行ったからと言って、なかなか見れる検査ではありません。

検査官が、車両をみて改造申請書と照らし合わせ、ん?この車輌はヤバインじゃ?と思われるか?
一月の内の何曜日に、来た自動車を検査しようとか?抜き打ち的に検査が行われています。

厳しい車検場では、毎回検査が行われるそうです。
 
過去のことですが、あるメーカーのバスが大阪のある車検場で、最大安定傾斜角度の実測中に、横転したことがありました。
 
 
Team磯太郎 : 村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
haiyamaru turiken nihonoturi
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。