Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

How to cut fish into pieces kuro_no1 魚のおろし方 < 口太グレ( クロ )編 >

今回は、2011年10月16日大分県佐伯市の鶴御崎( 鶴見崎 )小バナへ釣行し、口太グレ( クロ )を多数ゲットしてきました。

その口太グレをおろしてみます。 

私は、調理人ではありません。 全て自己流ですが、魚おろしのご参考にされてください。

私は、獲物が口太グレの場合大きさにもよりますが、次の料理を造ります。

1.さしみ 2.吸い物( 味噌汁含む ) 3.塩焼き( バター焼き含む ) 4.揚げ物 5.南蛮浸け

私は、クロの煮付は造りませんが美味しいとは思いますよ。
kuro_tyouka
クロ : 27枚 イサキ : 2本 赤ブダイ : 1本( 同行者から貰った )

全ての魚は、磯の上で内臓を取り除いてからクーラーBOXに収めて帰ります。
上のフラッシュ(FL)では、 『 口太グレ(クロ) 』のおろし方の手順を高速で紹介してみます。

※久々に、FLを作ったので間隔が掴めず高速になってしまいました。

下の欄では、静止画像と解説をご覧ください。

※熊本では、口太グレのことをクロと呼びます従って、以下ではクロでご説明いたします。
001
(001) クロをまな板の上に乗せます。頭の向きは、左右どちらでもOKです。今回は左向きです。
002
(002) クロのむなびれの後方に、包丁で切れ目を入れていきます。
003
(003) クロの背骨を切断( カット )します。 左手でエラぶたを持ち上げるとカットしやすい。
004
(004) クロの向きを入れ替え、本体側も同じように切り込みを入れます。
005
(005) 最後まで繋がっている部分をカットします。
006
(006) 頭と胴体が、別れました。
007
(007) 今からクロを3枚に、おろします。
008
(008) クロの背骨に包丁の刃を乗せ、尾の方向へ切り進めます。

この時、尾の部分を左手で押さえ右手で包丁を前後に、動かしながら切るとスムーズに切れます。
009
(009) まずは、2枚おろしができました。
010
(010) クロの向きを入れ替えます。 背骨を下にしまな板の上に乗せます。
011
(011) 先程と同じ要領で、背骨に包丁の刃を乗せながら、尾の方へ切り進めます。
012
(012) 3枚に、おろすことができました。 中骨周りにまだ、沢山の身が残っていますが気にしない。

さしみしか食べないと言う方は、3枚におろすとき丁寧に身と骨を切り分けてください。

私は、頭部・中骨周り・肋骨周りを吸い物としていただきます。
013
(013) 片身から肋骨及び肋膜の部分を切り取ります。 

包丁の刃を肋骨に、這われるようにすると身が損なわれません。
014
(014) 反対側も同じような要領で切り分けます。
015
(015) 頭部・中骨周り・左右の身・肋骨周りに切り分けができました。
016
(016) 次に頭部を割ります。

エラぶたを左右に開き、頭部を固定し口の真ん中に包丁の刃を入れると、スムーズに切断できます。

こつは、まな板に包丁の先端をあて、テコの要領で頭蓋骨を押しきります。
017
(017) 中骨周りは、吸い物椀に納まるサイズに切断します。 6cm角ほど。
017
(018) さしみを造ります。 身から皮を取り除きます。

まず、尾の身を3cmほどカットします。 この時、皮は切り落としません。
019
(019) 皮を下にしまな板に乗せ、包丁の刃を皮と身の間に差し込みながら頭の方へと切り進めます。

この時の包丁の角度は、皮に対して60~70度。

包丁は固定したままで、皮を左右に振りながら左側へ引くようにすると身と皮が剥がしやすい。
020
(020) 皮と身が分れると、身が縮みます。 皮は、湯引きにすると美味しい( 吸い物にも使える )
021
(021) 反対側も同じ要領で皮を剥がします。 

皮を残したまま、焼き切りと云うてもありますがここでは、ご披露いたしません。
022
(022) 両身と皮が分れた状態です。 皮は小さくカットしました。
023
(023) 身は好みのサイズで切り分けます。 幅1cmほど。
024
(024) さしみをお皿に盛り付けます。 ( 写真は、1匹分です )

直ぐに食べないのなら、ラップを掛けて冷蔵庫に保管します。 ( その日の内に食すこと )

長期保存する場合は、3枚におろさずビニール袋などで密封し、パーシャルルーム( 0℃以下 )などに保管します。

※ 長期と言っても一般家庭の冷蔵庫では、一週間以内が限度です!
※ さしみの旨味の感じ方は千差万別ですが、私は長く置いた方が甘みがあり美味しく感じます。

   しかし、私は釣った魚が無くなるまで毎日さしみを食します。 1日3食でもOKです。

 次回は、吸い物 ・ 塩焼きをご披露いたします。

modoru_siro tugihe_siro

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。