Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

Gallery ギャラリー < 原子力空母・CVN-65・エンタープライズ・Part.1 >

エンタープライズ ( USS Enterprise, CVN-65 ) は、アメリカ海軍の航空母艦で

世界初の原子力空母である。



1958年2月4日ニューポート・ニューズ造船所で起工され、1960年9月24日に元アメリカ合衆国海軍長官のウィリアム・B・フランクの婦人によって進水し、初代艦長ヴィンセント・P・デュボア大佐の指揮下1961年11月25日に就役した。

当初は、エンタープライズ級航空母艦6隻の一番艦として建造されたが、建造費の増大から同級の二番艦以降の建造計画は変更された。

全長:333m 艦幅:40m 全幅:76m 吃水:10.7m 最大速度33.6ノット(62Km/h)

乗員:士官、兵士 4,600名

排水量:基準75,700トン・満載93,284トン 機関:蒸気タービン×4基(280,000hps 210MW)4軸推進

A2W型加圧水型原子炉×8基 兵装:シースパローSAM 8連装発射機 2基・ファランクスCIWS 2基

RAM 21連装発射機 2基 艦載機:84基 愛称は、Big E (ウィキペディア フリー百科事典より)
上記のモノクロ写真は、1回目の寄港時(昭和43年01月19日~23日)に佐世保で撮影されたもので、
2回目の寄港時に、佐世保市内の何所かに飾ってあったか忘れましたが、その写真を撮影したものです。(勝手に利用してすみません。)

当時の私は、熊本市立池田小学校の一年生でした。

建造当時のエンタープライズの艦橋上には、お椀を伏せた様な形をしたレーダードームがありましたが2回目の寄港時には、新型に載せ替えられていました。その違いをご確認ください。

※下記の写真は、私が撮影したネガフィルムをデジタル化!しました。

フィルムには、キズやホコリ・カビなどがあります。

2回目の寄港時、私は2日間でカラーネガ・モノクロ・ポジフィルム合わせて、36枚撮りを50本使用して撮影を行いましたが、現存するフィルムは僅か5本しか残っていません。

他のフィルムは全て管理が、悪くカビが生え焼き付けができなくなってしまいました。
cvn65no1_046 cvn65no1_047 cvn65no1_048 cvn65no1_049
CVN-65no1_No.1 CVN-65no1_No.2 CVN-65no1_No.3 CVN-65no1_No.4
cvn65no1_050 cvn65no1_051 cvn65no1_052 cvn65no1_53
CVN-65no1_No.5 CVN-65no1_No.6 CVN-65no1_No.7 CVN-65no1_No.8
cvn65no1_054 cvn65no1_055 cvn65no1_056  
CVN-65no1_No.9 CVN-65no1_No.10 CVN-65no1_No.11 CVN-65no1_No.00

エンタープライズの随伴艦

ベインブリッジ(USS Bainbridge)は、アメリカ海軍の原子力ミサイル巡洋艦です。




本艦は当初、嚮導ミサイルフリゲート(DLGN)として計画されたが、1975年にミサイル巡洋艦へ改められた。

本艦はリーヒ級ミサイル巡洋艦の主機を原子炉に変更した艦で、 海軍が運用する艦艇の中で原子力機関を使用する最小の艦であった。

起工:1959年5月5日 進水:1961年4月15日 就役:1962年10月6日 退役:4996年9月13日

1999年10月30日、原子力艦再利用プログラムにもとづき処分・解体された。

全長:172.1m 全幅:17.6m 吃水:3.2m 基準排水量:7,800t 満載排水量:9,250t

機関:原子力蒸気タービン推進( 60,000SHP )2軸推進・D2G原子炉2基 最大速力:30ノット( 55km/h )

乗員:士官、兵員475名  兵装:Mk33 3インチ連装砲2基(後日撤去)・Mk15 20mmCIWS2基(後日装備)

Mk10ミサイル連装発射機1基・Mk143ミサイル4連装装甲発射筒2基(後日装備)

Mk141ミサイル4連装発射筒2基(後日装備)・Mk16ミサイル8連装発射機1基
Mk32 3連装短魚雷発射管2基

C4I:NTDS(NTDS+リンク11/14・後日装備)・Mk11武器管制システム(WDS)

レーダー:AN/SPS-48 3次元対空レーダー・AN/SPS-49 2次元対空レーダー

AN/SPG-55 ミサイルFCレーダー※Mk76FCSのサブシステム4基・AN/SPS-10対水上レーダー

ソナー:AN/SQS-23船首装備ソナー FCS:Mk76ミサイルFCS2基・Mk111水中FCS

電子戦対抗手段:AN/SLQ-32(V)2統合電子戦装置・Mk36 SRBOCチャフ・フレア展開装置

ベインブリッジは、1964年原子力空母エンタープライズ、原子力ミサイル巡洋艦ロングビーチらと
「第一原子力機動部隊/Task Force 1」を編成し、7月31日からシー・オービット作戦に従事した。

(ウィキペディア・フリー百科事典より)
cgn25-001 cgn25-002 cgn25-003 cgn25-004
CGN-25no1_No.01 CGN-25no1_No.02 CGN-25no1_No.03 CGN-25no1_No.04
cgn25-005 cgn25-006 cgn25-007 cgn25-008
CGN-25no1_No.05 CGN-25no1_No.06 CGN-25no1_No.07 CGN-25no1_No.08
cgn25-009 cgn25-010 cgn25-011 cgn25-012
CGN-25no1_No.09 CGN-25no1_No.10 CGN-25no1_No.11 CGN-25no1_No.12
cgn25-013 cgn25-014 cgn25-015 cgn25-016
CGN-25no1_No.13 CGN-25no1_No.14 CGN-25no1_No.15 CGN-25no1_No.16

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。