Photgrapher

Team磯太郎:村上誠

http://jo6ayc.jp

Makoto Murakami

photo exhibiton  写真展のご紹介

<  村上誠写真展 ・ 特別企画第2弾 ・ 4月前期 ・ 2013年  >
 
今回は、Team磯太郎会長の私が開催する2013年、春の写真展(個展)をご紹介いたします。

昨年の秋フードパル熊本内の熊本市食品交流会館内で写真展(個展)を行った際、同敷地内・こだわり工房村内の”コーヒーとスパイスカレーの店「K&K」”のマスターの大島さまより、翌年の4月に出品して欲しいとのご依頼がありました。

私の個展は本来、佐世保へ寄港・配備されているアメリカ海軍艦艇・艦船を皆さまにご紹介することを目的に始めたのですが、昨今、海上自衛隊の艦艇やその他の写真も展示するようにとご要望が多くよせられ、昨年から「特別企画展」を開催することにいたしました。

今回の個展は、4月に前期 ・ 後期の2部構成で行うことが決りました。

※ フードパル熊本内には、熊本市食品交流会館
・白い貴婦人・「K&K」、3ヶ所のギャラリースペース   があります。

※ 3ヶ所のギャラリーのマネージメントをされているのが、私の知人の内田眞治氏です。
  (旧、ニッコール熊本支部会員・人物、風景写真家)
K&K_hagaki_001 K&K_hagaki_002
ご案内状の下地を自分で作成して、校正をエガミデザインさまへ依頼しました。
(マル投げでも良いのですが)
エガミデザインさまより、見本がメールで届き内容を確認すると、手直しが必要でしたので修正点を記入して返信しました。
K&K_hagaki_003 K&K_hagaki_004
修正が終了し内容を再確認後、印刷枚数を指定してオーダーを行います。(500枚) エガミデザインさまの宣伝ではありませんが、自分で作成するより、遥かに綺麗でお得です。
K&K_S_005
私は予算の都合上、限定100名にダイレクトメールを郵送しています。

以前は切手が大変面倒な作業でしたが、最近はシールタイプのものが発売され作業が、楽になりました。

前期写真展は、新幹線物語(熊本新幹線開業までの軌跡)を開催いたしました。

熊本新幹線? 九州 じゃ? なかっな!? と、言われた方が数名いらっしゃいました。

何故、熊本新幹線かと申しますと、熊本県外で撮影した新幹線の写真が、存在しないからです。
K&K_F_003
(001) K&Kは、フードパル熊本内のこだわり工房村の一角にあります。

とれたて市の真裏に、位置しています。 本業は、コーヒー豆(粉末含む)の販売店です。

喫茶コーナーでは、ホットコーヒー 300円 アイスコーヒー 350円

ケーキセット(チーズケーキ・コーヒー)450円(アイスコーヒーは400円) 奥さま手作りのチーズケーキはテイクアウトも可能ですが、数に限りが御座いますので事前にお問い合わせください。

スパイスカレーセット(サラダ・カレー・コーヒー)600円 (ご飯大もりは、+100円)

カレーの辛さは、並み~2倍・3倍・5倍・10倍・20倍がありますが、ご希望で15倍も作っていただけます。

お水は、こだわりの秘密の水源から数日置きに、調達(汲み)に出掛けられているそうです。
K&K_S_006
(002) 店内に入ると直ぐ、左側にカウンターがあります。

そのカウンターの上には、次回出展者の案内状やその他、展示場(ギャラリー)での案内状が、ところ狭しと並べられています。

ご来場者確認用の芳名録等もカウンターに、設置いたしました。
K&K_S_007
(003) 入口から入ると、右側面に一番広い展示スペースがあります。

このスペースには、A1額×3点・全紙額×1点・A3N額×1点(計5点)または、A3N額×6~7点が展示可能です。

その他、マット枠等を利用すれプラスαの展示も可能です。
K&K_S_008
(004) 奥の部屋の右側面です。 この面には、A3N額×3点が展示可能です。
K&K_S_009
(005) 奥の部屋の正面の壁には、A3N額×2点(3点入るかも?) A1額なら1点です。

マット枠(A4)を角に入れてみました。(ピンにて固定)
K&K_S_010
(006) 奥の部屋の正面の扉には、額は掛かりません。 マット枠をピンを利用して固定しました。
K&K_S_011
(007) 奥の部屋の左側面です。 この面には、A3N額×3点が展示可能です。(右側面と同じ)
K&K_S_012
(008) 奥の部屋の入口手前の左壁には、A1額1点又は、A3N額×2点が展示可能です。

A4額や4ッ切の額であれば、3点は展示可能です。
K&K_A1_001
(A1-001) 作品名 : 一休み (A1サイズ)          撮影日時 : 2010年7月2日午前04時35分頃

撮影場所 : 熊本市南区富合町「熊本総合車輌所」正門横の歩道

トラックの車輪を履いた、先頭車輌はまるで旅客機を思わせる形状でした。(むしゃんよかね~ぇ!)

最先端部分で、写真を撮る職員の体とヘルメットが、1.5人分左へ移動しています。
K&K_S_002
(A1-002) 作品名 : CM撮影 (A1サイズ)         撮影日時 : 2011年2月20日午後02時09分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日4丁目「長谷寺」境内入り口の排水管カバーの上に登り

※ 私的には、足元の人は入らなかったのですが、CM撮影に参加したい人々や写真家の皆さんが、沢山後から後から押し寄せて、身動き取れなくなってしましました。

同、写真クラブのメンバーの方や知り合いの写真家が、10名ほどきていらっしゃいました。

高架橋の向こう側は、北岡神社の境内です。
K&K_A3N_001
(A3N-001) 作品名 : 錆びたレール (A3Nサイズ)   撮影日時 : 2010年5月22日午前09時40分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」北側の線路上

※ 以前の職業柄、人物よりも部材や固定具に興味・魅力を感じ、同じような写真を沢山撮ってしましました。
K&K_A3N_002
(A3N-002) 作品名 : 未明の大移動 (A3Nサイズ)    撮影日時 : 2010年7月2日午前03時40分頃

撮影場所 : 熊本市南区富合町「ポイント熊本富合店」前の横断歩道

※ 4輌の内、3輌を撮影できましたが手持ちでブレずに、止ったのはこの一枚のみでした。

※ 一応3脚を持って行きましたが、歩道橋の上で下を大型車が通ると、恐ろしいほどに歩道橋が揺れ、3脚は使い物になりませんでした。
K&K_A3n_003
(A3N-003) 作品名 : 時間待ち (A3Nサイズ)       撮影日時 : 2010年7月2日午前04時55分頃

撮影場所 : 熊本市南区富合町「田尻の陸橋」昇降階段途中

普通なら徹夜で釣りに行き、目的の写真が撮れたらこのあと撤退するのですが、ポイント熊本富合店へ徒歩で戻る途中、「古閑の陸橋」の階段のフラットスペースに、脚立がチェーンロックで固定されてありました。(人影は、ありませんでしたが)
K&K_A3N_004
(A3N-004) 作品名 : 空中ブランコ (A3Nサイズ)    撮影日時 : 2010年7月2日午前11時25分頃

撮影場所 : 熊本市南区富合町「古閑の陸橋」上部

一旦、自宅に戻り釣り道具とクーラーBOXを車から降ろし、脚立を積み込み富合へUターンしました。

ポイント熊本富合店に車を停めさせていただき、「古閑の陸橋」の階段のフラットスペースに行ってみたら女性カメラマンが、脚立に登っていました。

慌てて行ってみると、新幹線がクレーン車2台に吊り下げられていました。

女性カメラマンに、報道関係者ですかと声を掛けると鉄道ファンで、全国を渡り歩いていますと回答をいただきました。

※ この写真は「古閑の陸橋」の上にトラックを駐車して、コンテナの上から写真を撮っている人がいたので、私もお願いしてコンテナに登り上から撮影しました。
K&K_A3N_005
(A3N-005) 作品名 : 前輪投入 (A3Nサイズ)      撮影日時 : 2010年7月2日午後00時00分頃

撮影場所 : 熊本市南区富合町「古閑の陸橋」昇降階段途中のフラットスペース上

この日の作業は、昼食も取らずに黙々と続けられました。
K&K_A3N_006
(A3N-006) 作品名 : 後輪投入 (A3Nサイズ)      撮影日時 : 2010年7月2日午後00時05分頃

撮影場所 : 熊本市南区富合町「古閑の陸橋」昇降階段途中のフラットスペース上

この日の作業は、昼食も取らずに黙々と続けられました。
K&K_A3N-007
(A3N-007) 作品名 : 一日目の作業終了 (A3Nサイズ) 撮影日時 : 2010年7月2日午後2時35分頃

撮影場所 : 熊本市南区富合町「古閑の陸橋」上部の歩道

朝から2台のクレーンに吊られ、車輪やその他の部品を取り付け各、車輌を連結し車庫建屋の中へと消えて行きました。

後日また、別の4両が運ばれ同じ作業が繰り返される。

この頃、聞いた話では「さくら」が11編成と「つばめ」が2編成の合計13編成が、富合に配備されるとのことでした。(1編成とは、先頭車輌2両とその他車輌を6両連結されたものを云う)

※ このことから「新幹線の路上輸送」及び、「部品の取り付け作業」を残り25回撮影できるチャンスがあったにも係らず、私が撮影できたのはこの日の1回のみでした。
K&K_A3N_008
(A3N-008) 作品名 : 車両基地一般公開 (A3Nサイズ)

撮影日時 : 2010年8月21日午後01時10分頃

撮影場所 : 熊本市南区富合町「古閑の陸橋」上部

※ 上の写真は、第1回目の車輌基地一般公開のもようを「古閑の陸橋」から撮影したものです。

このときは、残念ながら抽選落ちして入場できませんでしたが、好い雰囲気の写真が撮れ満足しています。
K&K_A3N_009
(A3N-009) 作品名 : 1/20の当選券 (A3Nサイズ)   撮影日時 : 2010年8月28日午後09時00分頃

撮影場所 : 熊本市中央区「自宅」   

上の写真は、試験車輌が初めて熊本駅へ入線もようを見学するために募集があり、往復ハガキ20通を郵送して中央の1通が、当選しました。

応募ハガキは、何時もは2~30通まとめて投筒するのですが、失業中で暇なので阿蘇・産山・菊池・山鹿・玉名・植木・熊本・松橋・人吉・八代・天草等々方々から応募ハガキを投筒していたところ、熊本市役所の担当部署より電話があり、おたくは!いったい?何通?ハガキを送られるのですか?と問合せの電話がありました。

もちろん、当たるまでと回答したところ当選にしましたので、もう!送らないでくださいと言われました。

送り返された、ハガキを全て確認してみたら全てにバラバラの番号が、振られていました。
一通一通、チェックされたことが判りました。 お手数お掛けしました。
K&K_A3N_010
(A3N-010) 作品名 : Vサイン(試験車輌熊本駅入線 ・ A3Nサイズ)

撮影日時 : 2010年8月31日午前10時40分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅新幹線ホーム」

手前のホームに居る人々は、私を含め目出だく抽選に当たったラッキーナ方々です。
先のホームには、マスコミと工事関係者の方々が沢山、いらっしゃいました。

※ この写真を撮影した直後、NHKの取材を受け夕方のニュースに映像が流れ、一言だけでしたが
   「カッコ好いすね~」と言っているのが、放映されました。
   他局のニュースにも3社ほど写っていました。

※ こちらを向いた女子には、サングラスを掛けてあります。(展示した写真は、加工していません)

式典の途中で、現場を離れ駅近くの長谷寺境内へ行き、熊本駅から出発する試験車輌(列車)を見送った。

その際、境内に居た人達が紅白の紙を撒き、出発を祝福しました。(写真は、TOPに掲載中です)
K&K_A4_001
(A4-001) 作品名 : 枕木と敷石 (A4サイズ)       撮影日時 : 2010年5月22日午前09時40分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」北側の線路上(新幹線ホームの先端より300mほど先)
K&K_A4_002
(A4-002) 作品名 : 一直線 (A4サイズ)         撮影日時 : 2010年5月22日午前09時35分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」北側の線路上

※ 私は、鉄ちゃんではありませんので用語に不慣れなのですが、この場面は「線路上」ではなく「軌道敷内」と表現することが正しいらしい。

このような催しが、何回ぐらい行われたかは不明ですが、開業後では散歩することはできませんから大変貴重な体験が、できたと感謝いたします。

※ 見た目は、一直線のように見えますが実際は、突き当り部分から左へカーブしています。
K&K_A4_003
(A4-003) 作品名 : 遠くのポイント (A4サイズ)     撮影日時 : 2010年5月22日午前09時30分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」北側の線路上
K&K_A4_004
(A4-004) 作品名 : 溶接してない (A4サイズ)      撮影日時 : 2010年5月22日午前 9時38分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」北側の線路上(新幹線ホームの先端より300mほど先)

※ 近年の鉄道等のレールは、現場で溶接を行い、ガタンゴトン・ガタンゴトンと云う音を出さないように、一本レールにされることが多いと云う。

しかし、金属は温度変化により延び縮みが発生するため、何所かでそれを吸収する必要があり、このような継ぎ目が、必要になると推測します。

詳しくは、こちらのHPをご覧ください。  ● 鉄(レール)の熱膨張率   ● ロングレール
K&K_A4_005
(A4-005) 作品名 :番地指定 (A4サイズ)        撮影日時 : 2010年5月22日午前10時00分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」北側の線路上

※ 駅構内の線路部分は、コンクリートのプレートに直接レールが固定されていますが、それ以外の場所は経費節約のためか?枕木式になっていました。

オレンジ色の枕木が何なのかは不明ですが、ボルトで固定されているところをみると、恐らくコンクリートだと推測します。

柔らかいものであれば、振動でボルトが緩んでしまいますので。

※ 番地指定とは、コンクリートのベース ・ 敷き金 ・ 押え金等に同一の数字と記号が、刻印されています。

これは、もしもこの固定金具等が何らかの原因で、外れたりした場合図面上で何所から外れたかを特定することが、できるようにしたものと推測します。
K&K_A4_006
(A4-006) 作品名 : 最後の散歩道 (A4サイズ)     撮影日時 : 2010年5月22日午前09時30分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」北側の線路上
K&K_A4_007
(A4-007) 作品名 : 底の見えない池 (A4サイズ)    撮影日時 : 2010年8月31日午前09時00分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」タクシーのりばの天井の明り窓(工事作業中)

※ 明り窓用の穴は2つありますが、あと1つは大きすぎて撮影できませんでした。

新幹線のホームからでは、撮影できないし。(仮に撮れても地面しか写らない!)
K&K_A4_008
(A4-008) 作品名 : 田中の仕事 (A4サイズ)      撮影日時 : 2010年8月31日午前09時00分頃

撮影場所 : 熊本市西区春日3丁目「熊本駅」タクシー乗場(工事作業中)

※ 田中とは、熊本市北区植木町の入り口に2011年7月20日まで、存在した「株式会社 田中製作所」さまの略称である。

私が、約4.5ヶ月お世話になった建築会社で、上の2枚の写真にある新幹線の熊本駅入口にある、タクシー乗場の屋根の部材を製作していました。

今は亡き「株式会社 田中製作所」さまの栄誉を称え、この写真を展示いたしました。

※ 残念ながら受注元では、ありませんでしたが。
K&K_TANAKA
旧、株式会社 田中製作所 さま には、僅か4ヶ月ほど(正社員に昇格して3ヶ月)でしたが、いい経験を積ませていただき、有難う御座いました。

上から植木町側から撮影。 裏側は、古閑側から撮影。 看板は、現在のオートバックス側から撮影しました。(看板撤去前に、記念撮影)
K&K_A4_009
(A4-009) 作品名 : 赤い航跡 (A4サイズ)        撮影日時 : 2011年3月31日午後07時06分頃

撮影場所 : 熊本市北区太郎迫街「トンネル」上部    (露光時間 : 約25秒)

田中製作所から帰る途中、寄り道して撮影して帰ると渋滞に掛からず、一石二鳥でした。

※ このトンネルを通過する新幹線は、熊本駅発(上り)と玉名駅発(下り)は、時刻表と見比べると約5分でやってきます。 福岡発や鹿児島発は、イレギラーに通過して行きます。

撮影当時に比べますと、最近は運行本数が増えていますので、撮影チャンスが沢山あります。

90cmほどの脚立を持参すると、好いアングルで撮影できます。(高過ぎると上の架線等が邪魔です)
 
今回の撮影に使用した機材は、ニコン ・ デジタル一眼レフカメラ ・ D300

使用レンズは、以下の各社のズームレンズです。

 ニッコール : AF VR-NIKKOR 80-400mm 1:4.5-5.6D φ77

 タムロン : TAmron SP AF ASPHERICAL Di LD (IF) 17-35mm 1:2.8-4 φ77

       : TAmron AF 18-250mm 1:3.5-6.3 (IF) MACRO φ62 A18

 シ グ マ : SIGMA DG 50-500mm 1:4.5-6.3 APO HSM φ95

        : SIGMA 12-24mm DG HSM
 
Team磯太郎:村上誠

リンク集 (順不同)

advan aprs_jo6ayc-9 asogengo
egami segawa doroya
sasebo kumamoto kagosima
zainiti_beigun sasebosi harbor_one
Gaimusyou Yokosukasi
kyusyuubouei jmsdf kuuzi
kanoya sasebo_kaizi air-memo
hokouniltuki tomiyosi tokitabi
onabariTV kitamura akimaru
kumaden 118 denkan
pointo 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ daiwa
daikok gosen gamakatu
kizakira_R turitaimu
nihonoturi turiken haiyamaru
maruQ simano takuruberi
bonanza zaitu_uki nihon_turi_sinkokai
zafisingu_s o-na-bari turibizyon
   
     
     
Team Team-120-60 Team-120-60
Team 『 当サイトは、リンクフリーです 』

リンク後でも構いませんので、お知らせください。

こちらからもリンクをさせて、いただきますので宜しくお願い致します。